Search

検索したいワードを入力してください

男性におすすめの財布と人気ブランド・人気の色

Author nopic iconライム
メンズファッション / 2019年01月05日
男性におすすめの財布と人気ブランド・人気の色

男性に合う財布とは?

誕生日のプレゼントや記念日に財布を贈るという習慣は世界中に共通の文化です。進学のお祝いや就職祝いに贈る場合も多く、様々な価格と色と種類や大きさの財布があります。少し年齢を重ねると、よい財布を持ちたくなる気持ちは女性も男性も変わりません。

腕時計と同じくいつも身につけるアイテムなので、自分の気に入ったものを身につけておきたいものです。財布は二つ折りや長財布、小銭入れや定期入れも同じブランドで揃える人も多く、女性程でないにしろ良い物を持ちたいという気持ちは時代が変わっても同じでしょう。

財布は、お金を入れて運ぶという大事な役割をしています。穴の空いた財布や古い財布は金運によくありません。長財布は紙幣を折り曲げず保存できるので、お金を大切にする人とお金自身が判断して金運が上がります。

また、冠婚葬祭に合わせた財布の選び方や、ビジネスシーンでの選び方など場面ごとに使う財布にも選ぶ事が大切ですが、財布というアイテムはどの場面でも合うようになっています。

マネークリップのように、西洋から取り入れられて間もなく日本では受け入れられないという文化は財布にはありません。むしろきちんとしたメーカーやブランドの財布を持つ事で、人格や生き様が現れてきます。財布というのは、車の様に自分の自己主張のアイテムといえます。

男性向きの人気あり使いやすくおすすめの財布ランキング

ダンヒル長財布

MICRO-EIGTHのウォレットです。エンボス加工されたブラックカウハイドレザーにADロゴが生えるデザインです。カードポケット10個とお札入れと小銭入れがあり、使いやすいダンヒルの長財布となっています。

年代別で見たおすすめの男性向きの財布など

クロムハーツ ウォレット レザー ウェーブ

縦11.5センチ横19.5センチ、メイン素材レザーを使用しています。色は黒のみです。レディース、メンズとも利用する事が可能です。使い始めはレザーが堅いですが、使っていくうちにレザー特有の質感を楽しめます。

年代別にも、男性向きの財布の選び方と年代別に人気の財布があります。今学生なのか、社会人なのかでも変わってきますが、年代別に分けると収入やブランドものへの関心の高さがあるのかでも変わってきます。

女性より男性は財布には頓着がありません。いくつものブランドの財布を集めることはしないですが、信頼できて使いやすい物をもちたいという気持ちは、女性よりも男性の方があります。男性の場合実用性が求められます。

10代の男性向きの財布

コーエン レザーウォレット

色はブラック、ミディアムブラウン、ダークブラウンです。中国製の二つ折り財布で、牛革製です。イタリアンレザーを使っているので使っていく事で、愛着がレザー特有の味わいが出てきます。

親に小学生の頃買ってもらったり、友達と中学生や高校生の頃買いにいったり、そんなに高価な財布を持つ必要はないですが、そろそろ高校生になり色々と行動範囲も広がってくるとそうもいかなくなります。運転免許を取ったりして色んな場面に出くわすからです。

ブランド品の財布で10代に人気のある財布は、「コーエン」「ポーター」「ポールスミス」などがあげられます。これらの財布はレザーでできており、デザインもいわゆる子供が持つ財布とはまるで違う点です。ちょっと背伸びをしたデザインなので価格も5千円から1万円ほどです。

高校生くらいになったら、「コーエン」や「ポールスミス」の財布を持っていても違和感がないでしょう。

20代の男性向きの財布

ポールスミス アーティストストライプポップ

ポールスミスの二つ折り財布です。イギリスの二つ折り財布の一般的なデザインがなされており、イギリスの優雅な雰囲気がある財布です。カード入れ4つ、札入れ2つ、小銭入れ3層のポケットが1つついています。使いやすいレザーの財布です。

20代も職業によって様々です。まだ学生の場合は、そんな高価な財布を選ばなくても良いでしょう。結婚も視野に入れた恋人とのデートには、きちんとした財布で男を上げていきたいものでしょう。人気のブランドは「コーチ」「ココマイスター」「ポールスミス」などです。ポールスミスは10代の男性にも人気があり、背伸びしてない感じが良いでしょう。

20代後半になったら、「クロムハーツのウェーブ」や「ルイ・ヴィトン」などの財布を持つ事も選択肢に入れても構わないでしょう。価格もそれなりにするので、また自分の仕事を頑張ろうと張り合いがでるでしょう。また一段上の男を演出できるでしょう。

30代の男性向きの財布

ブルガリ 2つ折り財布

色はブラックのみです。グレインレザーを使っており、ホック式小銭入れ1つ、カード入れ4つ紙幣入れ2つ、ポケット2つがついています。箱とギャランティーカードがついておりしっかりした商品です。

女性にも男性にも言える事ですが、今の職業や自分のおかれている立場などによって、選ぶ財布が変わってきます。30代になると車も自分のこだわりが色々と見えてきて、少し良い車をもちたくなり、結婚してるのか独身なのかにもよります。

具体的な30代の男性の人気のブランドは「ルイ・ヴィトン」「ダンヒル」「コーチ」「ブルガリ」「エルメス」などです。それぞれのブランドは値が張るものばかりで、30代の男性にもブランド財布に興味がなければ、百貨店やスーパーマーケットなどにでている安いものを持つ人も増えてきています。

財布以外に他の趣味や興味がある場合は、財布にはお金をかけず自分の好きな事にお金をかけておきたい人は、10代20代に使っていた財布を使いまわす場合も多いです。

40代の男性向きの財布

ルイヴィトン ダミエグラフィット 2つ折り財布

ルイヴィトンのダミエグラフィットという2つ折り財布です。色は黒、グレーのみです。コイン入れがファスナーつきなので使いやすいです。機能美やデザインとも優れた財布です。幅広い世代をターゲットにしているので様々な世代の人が使えます。

40代の男性の好むブランドの財布というのは、20代30代にどのような財布を使ってきているのかで変わってきます。人の価値観というのはそんなに変わる事がありません。20代30代でブランド物の財布を持たなかった場合はそのまま、ブランド物の財布を持たないでしょう。

ブランド物で人気がある財布はブルガリ、ダンヒル、ルイ・ヴィトンなどです。もしプレゼントなどで財布をプレゼントすることを決めているならば、ブルガリ、ダンヒル、ルイ・ヴィトンなどの財布が適しているでしょう。

50代の男性向きの財布

ユハク フォスキーア 2つ折り財布

ユハクのフォスキーアの財布です。色はワイン、グレー、ブラウンです。牛革で出来ており、日本製です。フォスキーア技法という独自の方法で色を染めています。カード入れ3つ、札入れ2つ、小銭入れ1つ、ポケット3つです。

40代の男性が持つ財布と変わりませんが、万双やケンゾーなどの財布も好んで持つ人が多いです。50代というと会社でもそれなりの地位にいるので、財布を色々選ぶ余裕があるにしろ、財布にはそんなに気を使わない場合があります。ゴルフに夢中になり、財布どころではない人も多いはずです。

50代の男性に財布をプレゼントする場合は渋いイメージの「いぶし銀」のような財布がよいでしょう。

人気のあるメンズ向けのおすすめの財布のブランドなど

エルメス ラウンドファスナー

エルメスのラウンドファスナーという長財布です。色は黒のみで、素材はヴォーエプソンです。ファスナーで開閉するタイプの財布です。オープンポケット2つ、札入れ2つ、ファスナー式小銭入れ1つ、カードポケット12個ついています。

男性向きの人気のある財布はダンヒルやルイ・ヴィトンやクロムハーツなどです。年代別にも変わってきますが、男性の場合は2つ折りか長財布を選ぶのかでも、変わってきます。財布のブランドを買う人はある程度、余裕のある人か、他の趣味にお金を使わない場合が多いです。

付き合っている奥様や恋人が見るに見かねてブランド物の財布を持たせる場合も多く、女性より男性はそれほどブランド物に執着がないです。

男性向きの財布の特徴や選ぶ条件など

コーチ シグネチャー レザー

コーチの二つ折り財布のシグネチャー、レザー製の財布です。色はチャコールとブラックのみです。PVCコーティングレザーを使っているので汚れや耐久性にも優れています。コーチ製のの財布でもちょうど良いサイズの2つ折り財布なのでポケットに入れる事ができるサイズになっています。

ズバリ、実用性です。デザインや形は2の次で実用性だと思います。男性の場合ズボンのポケットに入るのか実際使ってみて使いやすいのか、女性よりも選ぶ条件などは分かりやすいです。
仕事中はオシャレどころではないので仕事用とプライベート用で使い分けてもいいと思います。

男性向きの財布の色選び

女性の様にピンクや赤は男性は選ばないと思います。派手な色は男性向きの財布には必要がないです。冠婚葬祭や仕事の際にも支障がないように、黒やシックな色を選ぶことと、長財布と2つ折り財布を使い分けるのも必要です。冠婚葬祭ではかしこまった色の財布を使いましょう。

男性向きの長財布

色は地味な黒かシックな物を選び、ズボンの後ろのポケットに入るサイズなのかで財布を決めている人が多いです。とにかく実用性を求めるので女性とは選ぶ基準が違い、色もハデな物は好みません。実用性です。

男性向きの二つ折りの財布

男性用の財布で一番需要のある財布です。ほとんどの男性は2つ折りの財布を選んでいます。ビジネスシーンでも冠婚葬祭でも活躍できます。色は茶色、黒、濃い黄色でもよいでしょう。
色は原色を選ばないことです。あくまでシックな色を選びましょう。

普段外出の際に男性はどこに財布を入れるか

ほとんどポケットです。女性と違って小さな鞄やポーチを持たないので、財布に入る2つ折りの財布が一番重宝します。後ろポケットに入れるのが定番です。長財布だと盗難に合いやすいので、気をつけなければいけません。

ポケットの場合

学生や20代の男性は前ポケットなどに入れる場合が多いですが、それなりに年齢を重ねてくると、クレジットカードやその他のカードを持つこと多いので、財布自体がかさばるので、どうしても後ろポケットに入れる風習があります。

鞄の場合

鞄の場合は高価な長財布を入れる場合です。高価な長財布はちょっとした財産です。失くしたらあとが大変です。盗難などの対策として鞄に入れる場合も多いのです。ポケットに入れるのか鞄に入れるのかはその人の価値観の違いです。

自分に合った使いやすい財布を探そう!

財布は自分の自己主張のアイテムでもあります。若い頃からブランド品の財布を持ちたくなったり、まったく興味をしめさなかったり、男性の財布に対しての価値観は様々です。プレゼントでもらった財布を普通に使っている場合もあり、財布にかけるお金があれば、他の事にという傾向は年齢を重ねると強くなってきているといえます。

ブランド品の財布はデザインはともかく、実用性にも優れています。ノーブランドの財布よりも実は実用性があり、ちょっとしたステータス感もあるので、収入や生活に余裕があれば、ワンランク上の財布を新調する事でも仕事への張り合いが変わってきます。自分のイメージに合った財布を選び、自分の使いやすい財布を使う事でプライベートや仕事を充実させましょう。