Search

検索したいワードを入力してください

男性に財布とブランド・の色

Author nopic iconライム
カテゴリ:メンズファッション

初回公開日:2017年10月05日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

男性に財布とブランド・の色

男性向きの長財布

色は地味な黒かシックな物を選び、ズボンの後ろのポケットに入るサイズなのかで財布を決めている人が多いです。とにかく実用性を求めるので女性とは選ぶ基準が違い、色もハデな物は好みません。実用性です。

男性向きの二つ折りの財布

男性用の財布で一番需要のある財布です。ほとんどの男性は2つ折りの財布を選んでいます。ビジネスシーンでも冠婚葬祭でも活躍できます。色は茶色、黒、濃い黄色でもよいでしょう。
色は原色を選ばないことです。あくまでシックな色を選びましょう。

普段外出の際に男性はどこに財布を入れるか

ほとんどポケットです。女性と違って小さな鞄やポーチを持たないので、財布に入る2つ折りの財布が一番重宝します。後ろポケットに入れるのが定番です。長財布だと盗難に合いやすいので、気をつけなければいけません。

ポケットの場合

学生や20代の男性は前ポケットなどに入れる場合が多いですが、それなりに年齢を重ねてくると、クレジットカードやその他のカードを持つこと多いので、財布自体がかさばるので、どうしても後ろポケットに入れる風習があります。

鞄の場合

鞄の場合は高価な長財布を入れる場合です。高価な長財布はちょっとした財産です。失くしたらあとが大変です。盗難などの対策として鞄に入れる場合も多いのです。ポケットに入れるのか鞄に入れるのかはその人の価値観の違いです。

自分に合った使いやすい財布を探そう!

財布は自分の自己主張のアイテムでもあります。若い頃からブランド品の財布を持ちたくなったり、まったく興味をしめさなかったり、男性の財布に対しての価値観は様々です。プレゼントでもらった財布を普通に使っている場合もあり、財布にかけるお金があれば、他の事にという傾向は年齢を重ねると強くなってきているといえます。

ブランド品の財布はデザインはともかく、実用性にも優れています。ノーブランドの財布よりも実は実用性があり、ちょっとしたステータス感もあるので、収入や生活に余裕があれば、ワンランク上の財布を新調する事でも仕事への張り合いが変わってきます。自分のイメージに合った財布を選び、自分の使いやすい財布を使う事でプライベートや仕事を充実させましょう。