Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ/レディース別】髪のメッシュの入れ方・メッシュを隠す方法

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2017年09月27日

更新日:2017年09月27日

記載されている内容は2017年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【メンズ/レディース別】髪のメッシュの入れ方・メッシュを隠す方法

メンズ・レディースにおすすめの髪のメッシュ入れ方

メンズ・レディースにおすすめの髪のメッシュ入れ方髪のおしゃれのカラーリングの1つがメッシュです。メッシュは髪の毛を立体に見せたりおしゃれさが増します。おしゃれの上級者とも言える、髪の毛のメッシュの入れ方をご紹介します。

オフィスワークの方でもいやらしくないメッシュの入れ方やカラーによってとてもナチュラルにメッシュを楽しめるので、初めての方でも挑戦しやすいカラーリングです。男女問わずメッシュは髪のおしゃれとして取り入れられており、自宅でメッシュを入れることもできるのでリーズナブルにできるおしゃれなのでおすすめです。

男性はメッシュを入れる際はチャライ印象になりがちなので注意が必要です。会社員であれば、ローライトで落ち着いた3D感を演出するぐらいのカラーがおすすめでです。

全体が真っ黒であれば、ほんのりダークブラウンを細いメッシュで髪全体の4割程度に入れるだけでとてもおしゃれな雰囲気になります。ストレートな髪よりもパーマスタイルの方がより立体感が出ます。

市販の髪染め・セルフなど

メンズの場合、短髪の方が多いので、自宅でセルフカラーリングをされる方が女性より多いです。メンズの場合、少量でメッシュを入れることができるので、自宅でする場合は友人と市販のカラーリング剤をシェアしたり、使用したい分だけカラーリング剤を出せるタイプのものがおすすめです。

自宅でセルフでメッシュを入れる際は、サランラップを使用します。液がたれないように、髪に塗布したらすぐにラップで巻きつけます。メッシュを入れたい部分以外に液がたれてしまったときはすぐにふき取り洗い流しましょう。

メッシュはとにかく失敗してもわかりにくいので、自宅でセルフで入れてみても大丈夫です。また、メッシュを入れることにより、髪が伸びてきたのきの、プリンヘアーもわかりづらくしてくれる効果もあります。

セルフでカラーリングをした際にあまりにも失敗したと思っても、髪全体に馴染めてしまば、全体のカラーリングに変更できます。髪色が明るすぎて髪色戻ししたいときなど、ローライトを入れるだけでも暗い印象になるので全体を暗くするよりおすすめです。

髪の長さ別の髪のおすすめのメッシュの入れ方・スタイル

メッシュを入れる際は、髪が長い方と短い方では同じメッシュの入れ方をしても印象が変わります。髪の長さ別でのおすすめのメッシュの入れ方をご紹介します。

お仕事にも差し支えのないぐらいの、派手すぎないおしゃれなスタイルなので、周囲の目線を気にすることなく髪のおしゃれを楽しめます。髪の長い方は、カラーリングが大変ですが、メッシュなら簡単にできるので短時間で楽しめます。

ショート

髪の短い方は、たくさんメッシュラインを入れると、カラーリングのムラのようになり失敗することがあります。メッシュを髪の全体的に入れるならメッシュの部分が髪の1割程度でおさまるようにしましょう。

また、ショートの方は、メッシュ部分の毛束はなるべく少なく細いメッシュの方がきれいです。髪全体のカラーより少し明るいカラーを入れると、ファッショナブルな印象になります。顔周りの髪を暗くすると小顔効果もあります。髪のベースが暗いのであれば、ハイライトを入れるだけでも自然と小顔を作れます。

ロング

ロングヘアーの方のメッシュの入れ方は、毛先だけの入れる場合と、根元から入れる場合があります。髪は伸びるので根元から入れておき、伸びるにつれて、毛先だけのメッシュの様に楽しむこともできるので一石二鳥です。

前髪もロングであれば、前髪の分け目付近にメッシュを入れるとメッシュを入れていることが強調されます。メッシュを見せたい人におすすめのスタイルです。さりげなくメッシュを入れたい方は、髪全体に何本も、髪全体と似ているカラーでメッシュを入れるととても立体感がでてエアリーな印象になります。

ロングヘアーで暗い色だと重くなりがちなので、メッシュを入れると凄く、軽い雰囲気で明るくなります。イメージチェンジをお考えの方にぴったりなカラーリングです。

夏には明るいカラーでハイライトを入れて、冬場には、少しダークカラーやアッシュカラーなどでローライトを入れるととてもおしゃれです。髪の頭頂部はローライトで毛先にかけてグラデーションを出したり、遊び方はさまざまです。

色レベルの髪のメッシュの入れ方

メッシュを入れるときのカラー選びはとても重要です。一般的に人気なカラーは、髪全体よりも少し明るめのカラーを入れることです。おしゃれ上級者の方は、更にその上の茶色系のカラー以外で髪のおしゃれを楽しみます。青や赤などのメッシュをキレイに入れたいのであれば、まずは一度、金髪に脱色してから入れるときれいな色合いになります。

あまり見ることのないカラーであり、市販のカラーリング剤でセルフメッシュが難しいカラーです。女性よりかは男性に人気なカラーであり、短髪の髪に数本入れているとおしゃれです。青だけでなく、別のカラーとミックスしてもおしゃれです。

赤は海外でも大人気のカラーです。多くの海外アーティストや女優もさりげなく赤のメッシュを入れたりと、メッシュ初心者の方でも挑戦してみたくなる情熱的な色です。赤は髪全体のベースが何色でも合いやすく、少し茶色に近い赤い色であれば、会社員の方でもわかりにくいので隠すこともできます。

元々明るいカラーの方であればそのまま赤色を乗せてもきれいな色になりやすく失敗も少ないです。

ピンク

女性に大人気のピンク色のメッシュです。学生さんや若い方に大人気です。日本人の人気歌手なども取り入れるピンクメッシュは、サロンで入れるのがおすすめです。ピンクメッシュは根元からよりかは、髪の毛先を中心に入れるとかわいいです。

ダークブラウンカラーのベースに毛先の全体にピンクカラーのメッシュを入れるととてもおしゃれでかわいいです。ダークブラウンとあわせることでペイン色が馴染みやすいです。

ラベンダーアッシュなど