Search

検索したいワードを入力してください

髪の毛の細い人にヘアスタイル・シャンプー・ワックス

Small 80fee369 7ba9 4993 9be8 dad0e5c0d68acandyrin
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2017年09月27日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

髪の毛の細い人にヘアスタイル・シャンプー・ワックス

細い髪になってしまう原因は?

女性の髪が細くなる原因

ふと鏡を見たとき、自分の髪のボリュームが以前よりもなくなっていることに気付くことがあります。シャンプーをしているときやブラッシングをしているとき、指やブラシに髪の毛がまとわりつけば抜け毛が増えたことに気付きますが、髪が細くなっていることにはなかなか気付きにくいものです。

女性の抜け毛は、病気や強いストレスなど原因がはっきりしている場合、原因を取り除けば再び生えてくる可能性があります。ですが、徐々に細い髪に進行してしまった場合は、体質そのものが変化してしまったと考えられます。

一番の原因は栄養不足

ダイエットをする女性は大勢いますが、中には無理な食事制限を行う方もいらっしゃいます。短い期間であったとしても、栄養不足や鉄分不足が原因で細い髪になってしまうと考えられています。

また、ダイエットには大なり小なりストレスがかかるため、それも細い髪の原因になります。ストレスは自律神経を乱してしまうこともあり、そのせいで毛細血管が収縮し血液の流れが悪くなってしまうことがあります。

Blockquote firstBlockquote second

反対に過度なダイエットも育毛に悪影響を及ぼす恐れがあります。特に食事制限を強いるものは、栄養が髪に行き渡らないことで健康的な髪が育ちにくくなってしまいます。

男性の髪が細くなる原因

男性が細い髪になってしまう原因は女性と似ているものもありますが、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンが増えてしまうことが一番の原因と考えられます。ジヒドロテストステロンを抑えるために、食事や生活習慣を見直し適度な運動を行うことが大切ですが、専門のクリニックでの相談も場合によっては必要です。

Blockquote firstBlockquote second

AGAは、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結合して「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化し、そのDHTがヘアサイクルに悪影響を及ぼすことで、抜け毛や薄毛が起こるといわれています

髪の毛が細い人に似合うヘアスタイル

細い髪だからこそショートが決まる

髪全体を短くカットするベリーショートは、ボリュームが出しやすくなるため細い髪の女性にです。ですが、ベリーショートは耳までしっかりと出すカットのため、そこまで短くすることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかも知れません。そういう方は、耳を出さないショートカットもです。

細い髪はパーマでボリュームを出す

細い髪の一番の悩みは、ボリュームが出にくいところです。ショートカットにしても、ボリュームが出にくく感じた場合は有数部分がふんわりとなるようパーマをかけましょう。

細い髪のボブスタイルや髪の重さでボリュームダウンしがちなミディアムヘアも、パーマをかけるとヘアスタイルが決まりやすくなります。自然にウェーブが出るよう、頭の真ん中あたりからゆるめにパーマをかけてふんわりさせましょう。

ロングヘアが譲れない方なら、毛先をふんわりさせるようにパーマをかけるとボリュームが出て髪の細さや少なさをカバーすることができます。

細い髪はアレンジが決まりやすい

細い髪をひとつにまとめると、少し寂しく見えてしまうことがあります。特にポニーテールにすると寂しさが際立ってしまうので、そのままお団子ヘアにアレンジしましょう。好きな位置で髪をまとめたら、あとはくるくると巻いてゴムで留めるだけです。無造作な感じが逆におしゃれでかわいく見えます。

ボブやミディアムヘアなら、外ハネアレンジもステキです。有数部分にヘアアイロンなどで少しふんわりさせてから首から肩のラインに合わせるように外ハネさせれば完成です。

分け目が気になるときはターバンで隠す

細い髪は分け目から地肌が見えてしまい、そのせいで寂しい印象に見えてしまうことがあります。分け目がどうしてもうまく隠せないときや決まらないときは、ターバンやヘアバンドなどを使って隠してしまいましょう。

髪の長さに関係なく使えますので、一つ持っていると便利なアイテムです。

細い髪でも前髪をへたらせないコツ

ブローがポイント

ドライヤーを使うとき、前からドライヤーを当ててしまいがちですが、下を向いて分け目を無くすように根元をこすったら、生え際と反対に軽く引っ張りながらドライヤーをかけましょう。ロールブラシがあれば、前髪を持ち上げるようにしながら乾かし、ふんわりと立ち上げるようにします。

ドライヤーは温風だけでなく、仕上げに冷風を使うことで髪型が決まり、さらにキューティクルが整ってツヤがでます。

前髪をポンパドールアレンジする

ポンパドールは、ふんわりと上げた前髪がかわいいアレンジです。セットが決まらないときに使えるアレンジ法なので覚えておくと便利です。

左右の黒目の外側のラインを目安にして前髪を分け取ったら、前に倒して後ろに逆毛を入れふんわりと後ろに倒します。毛束をねじり、ねじり始めを頭に付けたら少し前に押してふくらみを付けます。仕上げにねじった部分をピンで留めます。

時間が無いときやピン留めが苦手な人は、同じように前髪を分け取ったら根本から3~5cmのあたりをビニール製の細いゴムでしばります。その毛束をくるりんぱしたら毛先を2つに分けて左右に引っ張りゴムを頭に添わせます。

細い髪が絡まる時の対処法