Search

検索したいワードを入力してください

中学生のメイクのやり方・やばいメイク例・親に反対されないメイク

Small 004ad64d 31db 4b6b b47e 147c779cf306RAN
カテゴリ:メイク・コスメ

初回公開日:2017年09月28日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

中学生のメイクのやり方・やばいメイク例・親に反対されないメイク

中学生のメイクのやり方は?

中学生の皆さんは、義務教育課程の最後の学校生活で校則が厳しく、おしゃれに気を遣うことができないという方は多いのではないでしょうか。ですが、そんな厳しい中学校生活でもギリギリ使えるのではないかというメイク方法があります。今回は、そんなメイク方法をご紹介します。

アイラインなど

中学生の場合、フルメイクをしてしまうとさすがに先生方にバレてしまいます。なので、アイラインはペンシルタイプのものを使うようにしましょう。また、色はブラックやベージュなど目立たない色を使うようにしましょう。

どれくらいの芯の硬さが自分に合っているのかを調べる時は、ドラッグストアや化粧品売り場のテスターを試してみるとよいでしょう。ただし、テスターは不特定多数の方が使っているものです。手などで硬さを確かめる分には大丈夫ですが、目に塗るのだけは避けるようにしましょう。

中学生はがっつりアイラインをひかないように気を付けましょう。まつ毛の間を塗っていくと綺麗に引けます。目尻から中央まで線を引き、目頭から中央にも線を引き、その2本を結び付けるだけです。

中学生のこれはダメ!メイク例

中学生がメイクをする上でやはり気を付けなければならないことが「やりすぎないこと」です。よく小中学生向けのファッション誌などで、あり得ないほど大人びている顔をしている子などがいます。それは、本人の顔つきという問題もありますが、メイクの力が強いと考えられます。

小学生は、基本的にメイクはしないでおくのが一番だと言われます。興味を持つことは悪いことではありませんが、そのままでも可愛い顔をしているのが子供です。やらなくてもいいことはやらない方が吉です。やり始めるのはせいぜい大学生からが良いでしょう。ですが、興味がありどうしてもやってみたいという方は以下の2点に気を付けて下さい。

・肌に負担のかかるメイクは絶対にしない。

・アイラインだけなど、自分でルールを決めてそれ以上はメイクを重ねない。

唇などは色がついたリップクリームなども現在では売られています。中学生の方はナチュラルメイクを徹底するようにしましょう。

中学生のメイクの強い味方!便利な道具

メイクのやり方や程度が分かった。さて、どんな道具を使ったらいいのか。どれくらいの値段の物がいいのか。今回は、「CANMAKE」というサイトの商品で、中学生がメイクをする上で使ってもあまりお小遣いの負担にならず先生にばれないメイク用品をご紹介します。

下地

商品名:マーメイドスキンジェルUV

「パシャッと爽快!化粧水感覚で使えるUVジェル」がキャッチフレーズです。UVカットで、紫外線からも肌を守ってくれる優れものです。水感ジェルで、顔だけでなく全身に塗る事もできます。スキンケア・保湿下地・UVカット下地としても使用できます。

ファンデーション

商品名:UV シルキーファンデーション

「紫外線から肌を守り、使ってもヨレにくい」がキャッチフレーズです。皮脂吸収パウダーが汗・皮脂を吸収し、化粧が崩れるのを防いでくれます。また、水分量を保つのにも活躍するパウダーです。毛穴・キメ・どを光カバーで抑え、重ねても肌に圧迫感を与えないファンデーションです。

アイメイク

商品名:ジェルラインアーティスト

「豊富なカラーをそろえたジェルアイライナー」がキャッチフレーズです。書きやすさを追求した柔らかい芯で、細かい部分のメイクもこれ一本で完璧です。ナチュラルメイクからパーティーメイクまで多様に使えるので中学生にもアイテムです。

リップ

商品名:リップティントジャム

「しっかりと唇を染め上げるすっぴん仕上げのリップカラー」がキャッチフレーズです。ジャムのような感覚で唇に塗ることができるすっぴん仕上がりのリップカラーです。ウォーターベースなので、リップ特有のべた付きを抑えることができます。

中学生メイクに!100均メイク道具