Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】30代メンズのファッション・雑誌・ブランド

Author nopic iconkokojon
コーディネート / 2018年12月26日
【季節別】30代メンズのファッション・雑誌・ブランド

季節別30代メンズファッッション

30代は20代の頼りなさが抜け、男性として貫禄が付き始める年代です。同時にこれまでと体型が変わってきたり、好みに変化が出てきてこれまでのファッションがしっくりこない、もっと似合うファッション、コーディネートがあるのでは?とファッションに迷い始める人もいます。

ここからは季節別のおすすめコーディネートをご紹介します。日々のコーディネートやショッピングの際の参考にしてみてください。

30代メンズにおすすめ春ファッションコーデ

30代のメンズファッションだからこそおすすめしたいアウターとしてトレンチコートをトップバッターアイテムとしてご紹介します。春といってもまだ寒さが残ります。カジュアルすぎない生地やシルエットを選べばオン、オフどちらでも使えるトレンチコートは一着あると大変重宝するアイテムです。

春に限らず、肌寒くなってきた頃の秋コーデに羽織ったり、冬はコンパクトダウンをインナーに取り入れれば温かく着られます。30代のメンズカジュアルファッションには落ち着いた要素を取り入れたい点からもおすすめの一つです。流行りに左右されないアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

定番トレンチコートで落ち着きのある30代メンズカジュアル

落ち着いた印象のトレンチもデニムやスニーカーでカジュアルダウンすれば、オフでも着回せる30代メンズファッションのスタメンアウターに仲間入りです。素材や丈によってはスーツにも合わせられるのでオン・オフ両方着回せる万能アイテムです。30代だからこそ持ち合わせている落ち着いた雰囲気がトレンチコートの品の良さを引き立たせます。

30代こそ着回しの定番ボーダーカットソー

タイトルの「30代だからこそ」というポイントは着回し力重視の点にあります。忙しくて買い物に行く時間が取れないという方も多いでしょう。また、最近流行りのミニマリストに同調するのも30代男性が多い傾向にあります。そこで30代メンズファッションにも、着回しの定番ボーダーカットソーはおすすめしたいアイテムの一つとして挙げられます。

一枚は押さえておきたいシンプルなボーダーカットソー。定番のテーラードシャケットに合わせても良し、パーカーに合わせてマリンスタイルでも、シャツのインナーとしても着回しがききます。また、胸元のカットもボートネックやVネック、Uネックなどバリエーションがあり、人によって似合う形も変わってくるので、一番似合うものを選ぶのも楽しいですよ。

ボーダー×黒テーラードJK

30代のメンズファッションに持っていて正解のアイテムでもある黒ジャケット、黒パンツのクールな印象のアイテムに、爽やかなボーダーカットソーを加えるだけで軽やかな印象になります。ジャケットをパーカーに代えても良し、初夏はボトムスをハーフパンツにして涼しげ、爽やかなコーデにするのもおすすめです。

ボーダーの着こなしとして線の太さや色のコントラストについてワンポイントアドバイスをします。30代のメンズの皆さんにとってスッキリとスリムな印象に見せるということを重視されている方もいらっしゃるでしょう。

ボーダーを選ぶ際、細い線よりは太めの線のボーダーを選ぶとスッキリと引き締まった印象になります。また、色もネイビーや黒などダークカラーに白やアイボリーなどのボーダーラインのものの方が、淡い色がベースのものに比べてぐっと引き締まった印象になります。周知の方もいらっしゃるでしょうが、意外に見落としがちなポイントなので押さえておきましょう。

30代メンズの魅力を押し上げるバンドカラーシャツ

ボタンダウンシャツでは出せないこなれたシャツコーデがバンドカラーなら可能になります。小物や靴がスポーツテイストなのでアイテムとのバランスを取るために、かっちりした印象になりやすいボタンダウンではなく、バンドカラーでリラックス感とシャツのかっちりとして印象プラスを残しつつ、力の抜けた大人カジュアルに仕上げてくれます。

スポーツテイストなアイテムは落ち着きを加えたい30代のファッションには難しいと感じられる方もいらっしゃるでしょう。ですが、30代メンズファッションだからこそスニーカーやリュックなどのスポーツアイテムを上手に取り入れて、程よくはずしたポイントのあるファッションを意識するとセンスのある大人の男性に見え、魅力もアップします。

パーカーにストレートパンツ・シャツの定番コーデ

パーカーにストレートパンツ、シャツといった定番コーデは30代のメンズファッションには取り入れやすいコーデです。やはり定番ファッションだからこそ取り入れたいのはバンドカラーシャツです。襟の形一つでガラッと印象が変わるという点でこなれ感を出せる優秀アイテムです。

少し力の抜けた大人のカジュアルにはバンドカラーはおすすめです。パーカーをカーディガンやトレーナー、ニットに代えるアレンジが効く点は特に嬉しいポイントです。

30代メンズファッションもくるぶし丈パンツで抜け感を!

全体のバランスをスッキリ見せてくれ、一歩間違えると「日曜日のお父さん」スタイルになりがちなチノパンやスウェットパンツもおしゃれに見せてくれるのがくるぶし丈パンツです。
抜け感というと女性ファッションでは最近の必須キーワードのようになっていますが、メンズファッションにも重さを押さえ、程よい余裕を出す意味で抜け感は大事です。

チラッと見える足首で抜け感を出し、ファッションに軽さを出します。ポイントにソックスを見せても遊び心が出て良いでしょう。手持ちのパンツをロールアップにしてもできるスタイルなので取り入れやすいです。

足首に向かって細くなるテーパードタイプ

足首に向かって細くなるテーパードタイプはローカットスニーカーともベストバランスです。足元はローファーで大人っぽさを加えてもおしゃれに決まります。白シャツできちんと感を出しつつ、ボトムスはイージーパンツでリラックス、カジュアル感を入れると30代の大人っぽさや落ち着きの中に新鮮さが加わり、渋すぎない爽やかファッションを完成させてくれます。

手持ちのパンツもロールアップですっきりシルエットに

元のデザインはシンプルなストレートパンツですが、ロールアップして首を見せることでカジュアルスタイルにより合わせやすくなり、さらにトレンド感も高めてくれます。お手持ちのパンツも履いた時のひと手間でガラッと印象が変わるので、鏡とにらめっこしてクルクルと折り曲げてみてください。

30代メンズにおすすめ夏ファッションコーデ

夏は軽装になることが多いですが、どのアイテムをどう着るのか、どう選ぶのかでセンスが問われる、実は難しい季節ファッションです。また、暑いからと言ってリラックスしすぎたコーディネートは日曜日のお父さんファッションになってしまうので要注意です。

こちらでは着回し代表アイテムとも言える白Tシャツ、ポロシャツ、涼しくて夏のシーズンボトムアイテムであるハーフパンツをご紹介します。

白Tシャツは30代メンズファッションの大定番

たかが白Tシャツ、されどしろ白Tシャツとも言えるほど、30代のメンズファッションには欠かせないアイテムです。襟のカットや袖、着丈、シルエットによって全く違う印象を作り出せる万能アイテムでもあります。しかも、重ね着にも重宝するので1年を通して着回せます。

最近は白Tシャツの専門店もあるんですよ。シンプルなクルーネックタイプをデニムに合わせて爽やかに合わせても良し、スタイルに自信のある方はフィットするデザインにボトムはスキニーで縦のラインを強調してもモードっぽさが出て素敵です。袖丈の長めのゆったりデザインならストリート系にも、ワイドパンツと合わせてゆるっとしたリラックススタイルにもマッチします。

王道なカジュアルスタイルの白Tシャツ

王道なカジュアルスタイルですが、Tシャツが黒やグレーのダークカラーではこの爽やかさを出すことは難しくなります。肩にかけたギンガムチェックのシャツでさらに爽やかさを、パンツのカーキでまとまりを出した初夏から取り入れやすいコーデにはやはり白Tシャツは欠かせません。

写真のコーデでもうひとつ注目したいのは小物です。全体的にはシンプルなコーデになっていますが、ニット帽でポイントを上に持ってくることで視線を上げてスッとした印象を作ります。また、メガネも黒縁にすると顔まわりを引き締めるので、カジュアルな柔らかい印象にスマートさが加わります。

シンプルで何気ないコーデに変化をつけるスパイス要素として、30代のメンズファッションにこそ賢く小物を取り入れましょう。

袖丈チェンジでイメージチェンジ

5分袖より少し短めのそで丈で半袖よりもアレンジの効いた白Tシャツコーデは、まだ暑さの残る初秋にも活躍してくれる着回しアイテムです。シンプルなコーデだからこそ合わせる何気無いアイテム一点で変化をつけるとこなれた印象になります。

ボトムスはデニムではなく、くるぶし丈のスラックスを持ってくることでリラックスカジュアルの中にも品のあるコーデになっており、30代メンズにぜひおすすめしたコーデに仕上がっています。

白Tシャツというと男女、年齢問わず取り入れるアイテムではありますが、このように組み合わせるアイテムひとつに工夫を加えるだけでガラッと印象も変わり、自身の年代に沿ったおしゃれアイテムとしてフル活用できます。

30代メンズファッションに関しては、ボトムスをきれいめな印象のものに変える、小物を組み合わせてポイントを持ってくるなどすると、ぐっとおしゃれ度がアップします。

30代メンズファッションに欠かせないおしゃれシンプルなポロシャツコーデ

夏といえばポロシャツの出番です。最近は夏のクールビズで通勤時にもポロシャツを取り入れる方も多いでしょう。プリントTシャツも夏の定番ではありますが、30代の大人カジュアルファッションにこそポロシャツをおすすめします。

定番の白から、落ち着きのある締めカラーの黒やネイビーは持っていて後悔のないアイテム。ベーシックカラーをお持ちの方にはモノトーン以外の色もコーディネートの差し色になります。また、ブランドによってサイズ感やデザインも異なるので購入時は試着をすることをおすすめします。

カジュアルファッションにはもちろん、シルエットやボトムスによってはキレイめにも、またストリートファッションにも取り入れて着こなせる万能アイテムとして押さえておきたいです。

定番の白

定番の白は着回しも効き、飽きのこないアイテムなので重宝します。デニムやチノパンに合わせてカジュアルに、スキニーと合わせてクールな印象に着こなすなどボトムスひとつで変化が見られることこそ着回し力がある証拠です。

写真のコーデのようにとてもシンプルに着こなしているようですが、リュックにミリタリー柄を取り入れることで、ファッションアイテムでメリハリをつけています。もし、リュックに黒やベージュを持ってきていたら、シンプルではありますが平坦な印象になっていたでしょう。

30代のメンズファッションには落ち着きも大事ですが、シンプルすぎても面白みや変化に欠けます。ミリタリー柄など馴染みやすい色味で取り入れやすい柄物を入れてあげると地味な印象を避けられます。

アイボリー・ベージュ

アイボリーやベージュは白とはまた違った魅力があります。また、30代のメンズファッションにこそアイボリーやベージュといった落ち着きのある色はおすすめです。おしゃれさが加わり、肌馴染みの良さもポイントです。カジュアルファッションにはもちろん、ストリートファッションにも落ち着きをもたせてくれるので、30代のメンズファッションにこそ取り入れたい色です。

一点気をつけたいポイントは、30代ファッションには落ち着きをと合わせるアイテムをシックなものにしすぎないことです。パンツはストレートのスラックスやチノパン、足元はローファーとしてしまっては日曜日おお父さんファッションです。

工夫したいポイントはボトムスの丈や、小物や靴です。夏なら思い切って膝上のハーフパンツに、スラックスやチノパンはくるぶし丈にして抜け感を出すなどしましょう。デニムを合わせるのももちろん定番コーデとして良いのですが、あえてそれ以外の生地を取り入れることでひねりのあるこなれファッションにすることを30代メンズの皆さんにはおすすめしたいです。

ダークカラー

ダークカラーもまた押さえておきたい色です。カジュアルコーデにはもちろん、きりっとした印象にもなるのできれいめコーデにも取り入れやすいです。ダークトーンで統一してもおしゃれな印象になりますし、ボトムスにベージュやカーキなどの色味を持ってきた際は締め色としての役割も果たしてくれます。

ダークカラーはどうしても落ち着いた印象が先行してしまいますが、あえてカジュアルだったり、ストリート、スポーツテイストを加えてもおしゃれです。小物アイテムにキャップを持ってきたり、ロールアップしたパンツの裾からチラッとソックスを見せたり、スポーツサンダルにソックスを合わせたりと、どこかに「はずしポイント」を入れるのもおすすめです。

ワインレッド・カーキー

カラーポロシャツはいつものポロシャツファッションに変化をつけられるアイテムです。色は淡いものよりもワインレッドやカーキなど渋めの色味の方が取り入れやすく、着回しが効くのでおすすめです。

30代メンズファッションは色のトーンが落ちがちです。落ち着きや着回しを意識するとどうしてもベーシックな色に走りがちですが、定番アイテムには色味のあるものをプラスすることをおすすめします。定番アイテムなら形でハズすことはないので、色味のあるものでも取り入れやすいことが理由です。ただし、極端なビビットカラーや淡色は避けることが無難です。

30代メンズファッションこそハーフパンツで足出しを!

涼しく夏に重宝するハーフパンツですが、足出しに抵抗のある方もいらっしゃいます。しかし、実はとても着回しのきくアイテムの一つでもあります。カジュアルな印象の強いアイテムだからこそ30代メンズファッションでは落ち着きのあるアイテムを上手く取り入れて大人っぽくかつおしゃれに着こなしたいアイテムです。

素材や色でイメージはガラッと変わりますが、綿素材のベージュならカジュアルからキレイめまで、デニムならカジュアルやストリート系にピッタリです。また、黒やネイビーも締め色として重宝する色です。トップスにTシャツを合わせるのかシャツを合わせるのか、ジャケットを羽織るのかでもイメージはかなり変わって着ます。

丈も膝上、膝丈かでバランスがかなり変わって着ます。身長や体型に合わせてピッタリの丈を選びましょう。丈感を間違ってしまうと足が短く見えたり、幼く見えたり、トップスとのバランスが取れていないなど、せっかくのお気に入りも残念アイテムになってしまいます。女性同様、男性も足がスッキリと見える美脚丈を把握しておくのもファッションとしてのポイントです。

組み合わせアイテムでバランス◎な大人スタイル

30代のメンズファッションにこそジャケットを合わせた大人のショートパンツスタイルがおすすめです。丈は膝上ですが、ジャケットを合わせるだけでこんなに落ち着いたおしゃれな印象になります。レースアップシューズやローファーではなく、黒のスニーカーではずしているところもこなれ感が出ていて素敵です。

写真のコーデからわかるように、ハーフパンツは丈が着こなしの重要ポイントになります。もしこのコーデの丈が膝にかかっていたら、重心が下に行って重たい雰囲気になってしまいます。また、スニーカーとのバランスも取りにくくなります。

30代になって足を出すのは抵抗がと隠してしまうよりも、あえてベストバランスを探して、思い切って出してしまった方が帰ってスッキリとおしゃれに見えることが多いです。落ち着きのあるファッションだけを重視せず、自分のスタイルを最も良く見せてくれるバランスを追求してみるのもまた、30代のメンズファッションには大切な要素と言えます。

30代の大人カジュアルは素材で一工夫

一見シンプルなコーデに見えますが、ショートパンツの生地がコーデュロイであるところがポイントです。似たような形や丈でも素材が変われば印象もガラッと変わります。アイテムの丈やシルエットによってはメンズレギンスと重ね着して、秋冬にも取り入れられるものも多くあります。

30代ファッションでは生地にも気を配りたいです。例えば、ベーシックで使いやすいからといつもチノ素材を選んでいると一辺倒な印象のファッションになってしまい、マンネリ化してしまいます。そこで、これは使いまわせる、ワードローブに組み込もうと思ったら、生地違いのものをもう一着取り入れると着回しに幅が出ます。

崩しすぎない大人リラックスコーデ

シンプルなコーデですが、これがストレートパンツをそのまま履いただけならば「日曜日のお父さん」ファッションになってしまいます。ハーフパンツでボトムをコンパクトに収めて、太めのボーダーTシャツで引き締めるとスッキリとした印象になり、大人のリラックスカジュアルに仕上がります。

白やベージュなど白っぽい色も夏らしくておすすめの色です。一点取り入れれば全体のトーンを上げてくれ、コーデに軽さが加わります。コーデのどこかに引き締めポイントになる色やアイテムを持ってくれば白などの明るい色の面積が大きくなっても膨張を防げます。

しかし、一点メンズでも気をつけたいのが下着の色です。白いパンツから下着の色が浮き出ていては残念な仕上がりになります。手に入るならば肌の色に近いベージュのものが望ましいですが、実は薄いグレーも白や薄めのベージュに響きにくい色になっています。むしろ白は浮きだって見えるので注意しましょう。

30代メンズにおすすめ秋ファッションコーデ

秋はアウターや小物などプラスで取り入れるアイテムが多くなるのでファッションが楽しくなってくる季節です。とは言っても9月〜10月まではまだ暑さが残ります。夏物が活躍してくれることが多いので、秋物というよりも秋冬物という感覚で取り入れると良いでしょう。

ここからは秋冬に活躍するアウターやニット、ボトムスアイテムをご紹介します。秋物は春にも活躍してくれるものもあるので、色味や素材を賢く選んで着回しも重視しましょう。

30代メンズこそ着こなしたい!新定番アウター・MA-1

これまで流行りものだと思われてきたMA-1ですが、今や定番アウターに仲間入りしました。カーキやブラックが定番カラーですが、バーガンディー(ワインレッドよりもブラウン寄りの赤茶)やグレー、白などの個性派も魅力的です。落ち着いた30代の大人のメンズファッションには、まずは定番カラーを取り入れるのが正解です。

30代になると落ち着いたアイテムを意識しすぎてカジュアルアウターを避ける人もいますが、そんな人にこそ落ち着いた大人カジュアルファッションとしてぜひ取り入れていただきたいアイテムです。

そのままカットソーやシャツの上に羽織ってもいいですし、アイテム自体の厚さにもよりますが、秋深まって寒くなってきたらパーカーやインナーダウンを合わせて温かく着ることもできます。

初めの一着はカーキでスタート

定番カラーのカーキはダントツ着回しが効く色です。落ち着いたモノトーンコーデにも色で変化をつけられ、ダークトーンにも淡色にも合わせやすい点でもおすすめです。カットソーにそのまま羽織っても良いのですが、白シャツをボトムアウトし、そこに崩しアイテムとして羽織っても男っぽい印象で素敵です。

ボトムスのシルエットでもかなり印象が変わるので、どんなイメージに仕上げたいかで変えるのも楽しみの一つです。

辛口ブラックで引き締めカジュアル

同じく定番カラーの黒ですが、カーキに比べて辛口の印象でワイルドさやモードっぽさが加わります。メンズのMA-1コーデには重さが加わっても、そのワイルドさが魅力になるので男性らしさが欲しい方にはおすすめの色です。

しかし、全体的にダークカラーにしてしまっては重くなりすぎてしまうので、インナーは白で明るさを出し、足元はくるぶし丈のスキニーにすることで抜け感を出して調節しています。
ここでのポイントは靴にもあります。スリムな靴を持ってきてしまうとMA-1のボリュームに負けてしまうのでボリュームのあるものを持ってきている点は真似したいです。

MA-1でおしゃれなハズし優等生コーデ

カジュアルやワイルドな印象のMA-1も合わせるアイテムでこんなにガラッと印象を変えられます。元のコーデはニットとシャツの優等生スタイルにミリタリー柄リュックでカジュアルさプラスしています。ここにMA-1を羽織るとボリューム感やカジュアルな印象が一層加わり、ベーシックだったコーデもひねりのある大人のメンズファッションに仕上がっています。

30代メンズファッションにはもちろん落ち着きやまとまりは欲しいのですが、大人だからこそ見せられるギャップとして遊び心ややんちゃさも魅力的に映ります。まとまりばかりでなく、バランスを見て小物やアウターなどで崩しポイントを入れると、30代メンズだからこそおしゃれに魅力的にまとまります。

2枚目MA-1は色物をプラス

すでに定番カラーのMA-1はお持ちな方には色物もおすすめします。30代になって色物アウターは気が引けるという方もいらっしゃいますが、色味を選べば問題なく、むしろおしゃれに着こなせます。

おすすめはバーガンディーです。ブラウンよりのワインレッドは落ち着きと華やかさのある色味なので秋冬のダークトーンコーデを明るく見せてくれ、顔色も良く見えます。また、完全なブラウンよりも肌馴染みがいいこともおすすめポイントです。

中に合わせるトップスは、黒やグレーなどダークカラーならクールな印象に、白やアイボリーならおしゃれっぽさと柔らかさが加わります。おすすめは同系色のブラウンやワインレッドです。アウターの色とグラデーションをつけることでおしゃれっぽさがぐっと増します。ボトムスはダークカラーで締めるとクールで男性らしい印象になります。

30代メンズファッションでこそ定番ニットを着こなしたい!

秋になると恋しくなるのが温かいニットです。定番のクルーネック、Vネック、タートルネックはそれぞれ持っていると色んなコーデに合わせられるので持っていると重宝します。定番アイテムにも色やシルエットにトレンドはありますが、今回テーマの30代メンズファッションはトレンドも取り入れたいところですが、シンプルさと大人っぽさも重要なキーワードです。

今回のニットコーデでは着回しが効いて飽きがこないという点から、先述した3種類の定番ニットをご紹介します。

基本のクルーネック:ベーシックカラー

トップバッターはクルーネックです。ベーシックなアイテムなのでお持ちの方も多いでしょう。インナーにシャツを合わせてもよし、カットソーを重ね着して裾からチラ見せしてもカジュアルに着崩すポイントとしておしゃれです。ニットの厚さや編み方によって印象も変わるので、薄手のものから真冬でも着られる厚手のものまであると重宝します。

ベーシックな黒やネイビー、グレーは男性らしい印象になり、白やベージュは柔らかく温かな印象を与えてくれます。また、先述しましたが色に加えて編み方がハイゲージなのかローゲージなのかによっても印象も変わります。アウターのボリュームや合わせたいインナーの厚さによって選びかたが変わってくる点も押さえておきましょう。

基本のクルーネック:カラーニット

定番アイテムだからこそ、30代メンズファッションには遊び心と大人可愛さの要素として色物を持ってくるのもおすすめです。夏のポロシャツやTシャツにビビットカラーは難しいとお話ししましたが、ニットに関しては生地に厚みと温かみがあるので重くならず、トーンが落ちがちな秋冬コーデを明るく見せてくれるポイントになります。

ここで気をつけたいのは、やはり締め色を持ってくることです。暖色に淡い色でメリハリがつけられないと、ニットの厚みでさらに膨張して見えます。上記写真のように顔まわりにはインナーのシャツで明るさを与え、ボトムスはチャコールグレーを締め色に持ってくることで大人っぽさのあるカラーニットコーデに仕上げています。

すっきりフェイスラインはVネックで決まり

クルーネックと並んでVネックも定番で押さえたいアイテムです。胸元、フェイスラインがスッキリと見える上に、クルーネックより落ち着いた印象を作りやすいので30代のメンズファッションでは特に注目したいアイテムです。

インナーにクルーネックのTシャツやカットソーを合わせて胸元から見せても良し、シャツを合わせてきちんとした印象に仕上げるのも定番ですが取り入れやすいコーデです。また、アウターにテーラードジャケットを持って着ても襟のラインにニットのVカットが沿うようになるので落ち着きのある30代メンズの落ち着いた雰囲気をより魅力的に見せてくれます。

ここでもおすすめしたいのがカジュアルファッションとして取り入れたい際はどこかにはずしポイント、抜け感を加えることです。足元はスニーカーを取り入れたり、パンツはくるぶし丈にロールアップをするなど、どこかに気の抜けた部分を作ってあげると余裕が垣間見えるメンズファッションとして、より魅力的に見えます。

意外に男らしらをアピールできるタートルネック

タートルネックは生地のボリュームやシルエットによって印象がかなり変わってきます。また、編み方によってもボリューム感に違いが出てきます。薄手や細身のタイプはスマートでモードっぽい印象に。厚みのあるデザインやネック部分にボリュームのあるものは温かみと男らしさが感じられます。

タートルネックは重ね着が難しく、裾からシャツを見せるというのが定番です。しかし、アウターに何を合わせるかで印象はクルーネック、Vネック以上に変わります。ジャケットを合わせれば大人っぽさ、落ち着きが出ます。また、MA-1やミリタリーコートならカジュアル感の中に品を持たせることができます。

タートルネックというと女性が来ている印象の方が強いですが、男性のタートルネック姿は肩幅や背中の広さが強調され、魅力的に映るアイテムでもあります。なかなか手が出ないという方も今年の秋冬は思い切って取り入れてみてはいかがでしょうか。

30代のメンズファッションにコーデュロイで温かみをプラス

30代のメンズファッションは、シーズンレスで着回しのきくアイテムを揃えたいものですが、重ね着や小物類を取りれやすくなることでファッションが楽しくなる秋冬はシーズンアイテムを取り入れて、30代だからこそ着こなせる落ち着きと温かみのあるファッションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

温かな印象で秋冬ファッションを代表するテキスタイルのコーデュロイはボトムスからアウターまでいろんなアイテムに使われています。ここでは定番アイテムのコーデュロイパンツをピックアップしてご紹介します。

着こなし方やアイテムシルエットを間違えると老けて見えたり、逆に幼い印象になってしまうので注意したいアイテムでもあります。しかし、温かく、カジュアルにもキレイめにも幅広く着回しのできるアイテムなので、一着あると秋冬は重宝します。

定番カーキは必須カラー

取り入れやすい色としてまずはカーキをおすすめします。モノトーンとも相性が良く、シンプルになりすぎるモノトーンコーデにポイントを添えてくれます。また、オレンジやピンクなどの暖色とも相性が良いので、そのままでは取り入れにくいビビットカラーもカーキが加わることで和らげてくれます。秋から積極的に取り入れられる点もポイントです。

30代のメンズがビビットカラー?ピンク?と思われるでしょうが、例えばボーダーの色に入っていたり、ワンポイント小物やソックスに持ってくるとポイントになり、黒などのモノトーンよりも締め色としておしゃれに決まります。特に秋冬という色のトーンが全体的に落ち着きがちな季節にこそ色物はおすすめします。

温かみコーデュロイを黒でクールに

黒のパンツは30代のメンズファッションの必須アイテムですが、生地がコーデュロイになるとまた違った印象になります。クールな印象に加えて温かさのある雰囲気が男性らしいレザージャケットの雰囲気を和らげ、取り入れやすくしてくれています。インナーのボーダーカットソーもコーデュロイと合わせることでウィンターマリンコーデとして取り入れやすくなります。

ストリートファッションもコーデュロイで落ち着き仕様

トップスや小物を変えると黒コーデュロイも違った雰囲気になります。トップスにチャコールグレーを持ってきて同系でグラデーションを作ってまとまりのあるスッキリとしたスタイルになっています。

ここでのポイントは小物アイテムでポイントを作って全体にまとまりを出している点です。写真のコーデではワインレッドのキャップを持ってきて全体のコーデのトーンが落ちすぎないようにしています。また、黒コーデュロイのボリュームに負けないようにスニーカーも重さのあるものを持ってきています。

ストリートテイストの入ったファッションではありますが、30代でストリートファッションがダメだなんてことはありません。アイテムやバランスを見て着こなせば十分おしゃれで魅力的なメンズファッションとして成立します。ファッションのテイストの違いはあっても30代メンズファッションのポイントは落ち着きやこなれ感、そして少しの遊び心です。

着回しのきくシーズンアイテムも上手に取り入れて、幅広いファッションを楽しみましょう。

柔らかカラーで30代メンズの落ち着きを

ダークカラーは着回しに長けていますが、全体のトーンが落ちがちな秋冬のコーディネートにはこんな明るめの色味もおすすめです。トップスにダークトーンを持ってくれば明るい色も浮くことなく、コーディネートを華やかにしてくれます。ボトムが膨張して見えるのが気になるという方は足元にブラウン系を持ってくると黒を持ってくるよりも程よい明るさと落ち着きを持って引き締めてくれます。

楽チンジョガーをコーデュロイでおしゃれ仕様

スタンダードなコーデュロイパンツはお持ちだという方は、はき心地がラクでおしゃれ感も出るジョガーパンツをプラスするのもおすすめです。ニットを合わせるのはもちろん、スタンダードパンツならキマりすぎてしまう白シャツのカジュアルダウンにも取り入れたい一点です。

ジョガーパンツは合わせる靴に悩んでしまいますが、写真のコーデのようにレザージャケットのように辛口アイテムを合わせている場合はスニーカーなどでカジュアルダウンんをしてあげるとキマリすぎずにバランスを取りやすくなります。

もし、トップスにシャツを合わせたい場合はローファーやスリッポンなどを持ってくると落ち着いた雰囲気を足せるのでおすすめです。小物で工夫して足りない要素を足してあげればバランスのとれた、力の抜けすぎない30代の大人のメンズファッションに仕上げることができます。

30代メンズにおすすめ冬ファッションコーデ

アウターでコーディネートが隠れてしまいますが、気を抜かずにあったかおしゃれを楽しみたいです。色味はダークカラーに落ちがちになりますが、ここで色物のニットや小物を持ってくると落ち着き重視の30大のメンズファッションをもう一歩おしゃれに引き上げてくれます。

冬は秋に揃えて着たニットなどを応用して着回すことを前提に考え、その他アイテムとして着回し抜群のチェスターコートや小物、ブーツをご紹介していきます。

オン・オフに着回せるチェスターは30代メンズのマストバイ

定番のチェスターコートはシンプルなものを選べばオン・オフ着回せるので大変重宝します。ニットコーデに羽織ってシンプルに着こなしても、パーカーなどカジュアルなアイテムと重ね着しても大人っぽさを残したカジュアルスタイルが完成します。

定番アイテムなのですでに持っている方も多いアイテムですが、自分にあった丈やシルエット、肩幅のものを選ばないとコートに切られた状態になり、残念な見た目になります。その点に注意して購入時にはしっかりと試着をし、どんな感じで着こなしたいのかも想定しながら選ぶと良いでしょう。

柄物だってチェスターならおしゃれスッキリ着こなせる

30代で通勤時にスーツを着用する場合はスーツにも合わせやすい色や柄を選ぶとオンでも使えるのでコスパ面でもチェスターコートはおすすめです。柄物ならばチェックや千鳥柄などで落ち着いた色のものを選べばスーツにも合わせやすくなります。

もちろんオフでも柄物はカジュアルダウンして取り入れられます。インナーにパーカーを持ってくるのは定番ですが、Gジャンを合わせてもおしゃれに合わせられます。日頃Gジャンを着る機会はないけどコートには合わせてみたいという方はプチプラブランドのGUやユニクロ、H&Mを利用するのも手です。

30代はプチプラじゃ安っぽくなるかもなんて心配しなくても大丈夫です。工夫し、お金をかけるところが1点でもあれば十分にカバーできます。30代のメンズファッションはお金をかけるところと力を抜くところのバランスも大切です。高級なものを身につけなければおしゃれじゃないなんてことはありません。

手が出るのはやっぱりダークカラー

黒やネイビーはやはり定番カラーです。どんなコーディネートにも合わせやすい点と、明るい色のトップスに羽織れば締め色の役割も果たし、Iラインを作ってくれるのでスッキリとした印象になります。ただ、重さは出てしまうので自分にあったシルエットや丈を選ぶことがポイントになります。

茶系チェスターでおしゃれ柔らかコーデ

定番カラーのネイビーや黒は手に取りやすいですが、キャメルやベージュもおすすめです。前者に比べてカジュアル感は出ますが、柔らかさと温かみ、落ち着きもある色なので秋冬にぴったりです。

茶系のチェスターコートは写真のコーデのようにスウェットにデニムというカジュアルコーデに羽織るだけで落ち着きのある大人ファッションに変身します。30代のメンズファッションには柔らかさも取り入れたいポイントです。シルエットはきちんとしたものでも色や素材で柔らかさを出すことでこなれ感のあるコーデに近づけます。

インナーチェンジでおしゃれ度もアップ!

チェスターコートの着こなしの特徴として、インナーにアレンジが効くという点があります。定番のパーカーはもちろん、コンパクトダウンを合わせるのもおすすめです。フード付きのもの、ベストタイプ、コートの胸元のカットに沿ったVネックのものなどダウンもデザイン豊富なので、一番着回しの効きそうなものを選んで取り入れれば、コーデの幅が広がります。

写真のコーデの特徴はグレーとアイボリー、白の透明感のある色で対子されている点です。淡い色でグラデーションを作るのは上級者テクニックではありますが、一番濃い色の面積を大きくしてあげればボヤけることを防いでくれます。30代メンズファッションにも冒険心は取り入れたいでところです。思い切って淡い色にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

マフラーで胸元にポイントとボリューム感を

ラムレザーのスタジャンをメインにきれいめアイテムを用いたきちんとカジュアルは30代メンズファッションとして取り入れやすいスタイルになっています。ポイントとしてカジュアルダウンさせるアイテムとしてニット帽と冬のシーズンアイテムの定番、チェックのマフラーが程よいボリュームをもたせてくれています。

30代のメンズファッションには明るい色を取り入れると良いと思いながらもなかなか難しいです。ですがマフラーなどの身につける面積が小さく、またチェックのような一つの色ではなくいくつかの色が混ざった柄だと一つの色だけが全面に出ないぶん、派手さが押さえられます。

メンズファッションでも顔まわりに明るい色があると顔色も良く見え、視線が上に行くことでスタイルを良く見せてくれます。温かく防寒にもなり、色を取り入れる点でファッションとしても活躍してくれるチェック柄は30代メンズの皆さん、要チェックです。

ひとワザ効かせたアイテムでポイントを

同じチェックでも千鳥格子柄とチェック柄など二つの柄がリバーシブルで組み合わさったデザインだと、たとえトップスがモノトーンやシンプルなアイテムでもニュアンスが出て、おしゃれ度がぐっと増します。

写真のアイテムはチェックと千鳥格子のリバーシブルなのでモノトーンでもシンプルになりすぎず、十分ポイントをつけるアイテムとして活躍してくれます。ボリュームもあるのでふんわりと巻きつけてスヌードのように見せてもいいですし、写真のようにサイドで結び目を見せてもおしゃれです。

30代のメンズファッションには帽子以外になかなか小物を取り入れにくいですが、冬はマフラーで防寒しながらおしゃれに温かく過ごしましょう。

やっぱり味方はベーシックカラー

黒ストールでも胸元にボリュームを持ってくれば華やかさもおしゃれっぽさも叶います。秋冬に全身黒は重いかなと思われる方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。一点注意したいのはオール黒は単調になってしまうので、写真コーデのようにアウターをチャコールグレー、スニーカーは白が入っているものにするなど少し変化を置くと重くなりすぎません。

30代のメンズファッションにはワントーンコーデもおすすめですが、一色のみになってしまうと単調で重さだけのあるファッションになってしまいます。グラデーションをつけたり、小物でメリハリをつけることで計算された大人のメンズファッションを作ることができます。

巻き方一つで叶えるイメチェン

30代のメンズファッションではストール、マフラーに関しては色や柄だけでなく、巻き方にも注目してほしいです。全体的にスリムなコーデに仕上げて、少しボリューム感が欲しい場合は首に緩めにグルグルと巻きつけてスヌードのようにしたり、スマートな大人っぽい印象にしたい時は写真のコーデのようにサラッと首にかけるだけでも、Iラインが強調されます。

凝った巻き方やアレンジもファッションのポイントとしては良いのですが、あえてシンプルに巻きつける、垂らす、二つに折って輪っか部分に通すなど、凝ったアレンジは避けて取り入れるほうがおしゃれに映ります。

30代メンズも厳選ブーツで冬を楽しもう

冬のシーズンアイテムといえばブーツですが、一口にブーツといっても種類豊富で、どのように履きこなせばいいのか、何を持っていたら便利なのか悩んでしまいます。

ここからはブーツをこれから取り入れようという方にも参考になるようなアイテムをご紹介していきます。実際に履いてみて、サイズ感や履き心地を試すのもよし、ネット購入をして、お家でゆっくりシューズファッションショーを楽しむも良しです◎ぜひ参考にしてみてください。

デザートブーツ

鮮やかなネイビーが全体のトーンを上げ、まとまりを出している大人カジュアルとして参考にしやすいコーデです。アイテムひとつとっても着回しがきき、すぐに取り入れられるものばかりです。

秋冬コーデとしてのポイントはアウターはもちろんですが、足元のデザートブーツです。全体のシルエットがスッキリとしていて、カッチリしすぎず、でも大人っぽさも忘れていないデザインなので、30代のメンズファッションにぜひ仲間入りさせたいアイテムです。

シップス(メンズ)(SHIPS) CLARKS: スエード デザートブーツ

人気ブランドSHIPSの販売員からも定評のあるClarksのスエードデザートブーツは、ブランドのアイコン的アイテムで根強い人気とファンを持っています。長く履きたいシンプルで履き回しのきく、飽きのこないデザインは一足は押さえておきたい一品です。

チャッカブーツ

秋冬に活躍するライダースジャケットにチャッカブーツをプラスすればより一層シーズンムード高まるコーディネートになります。ライダースの辛口コーデはゴツめブーツよりチャッカブーツのようなシックなアイテムを取り入れるのが30代メンズの大人シックカジュアルです。

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS 【WEB限定】 by レザー チャッカブーツ 14316996275

30代のメンズファッションに取り入れたいアイテムが豊富なファッションブランド、ビューティー&ユースのWeb限定アイテムです。つま先のスッとしたラインが足を綺麗に見せてくれるこちらのチャッカブーツはカジュアルからきれいめコーデ、モード系まで幅広く履き回せる万能アイテムです。

ゴツすぎず、でも華奢すぎないシルエットとシンプルなデザインは長く履き続けられるアイテムとして一足押さえておけば大変重宝しますす。

Blockquote firstBlockquote second

普段は28cmの3Eサイズの靴を履いていますが、このブーツも問題なくサイズがピッタリでした。

スノーブーツ

いつものカジュアルコーデから気分を変えたいという日にはおすすめのウィンタームード溢れるスノーブーツをメインとしたスポーツテイストもほんのり感じられるコーデがおすすめです。スノーブーツというとタウン使いは難しいように見えますが、チノパンにニットやスウェットなど普段のカジュアルコーデに合わせるだけで取り入れることができます。

SOREL CARIBOU ソレル カリブー メンズ NM1000 281(BUFF)

ボリューミーなスノーブーツはタウン使いでもポイントになる注目ブーツです。上記でおすすめアイテムとして挙げているSORELのスノーブーツは定番のひとつです。スキニーなど細身のパンツとの相性が良く、コーディネートにボリューム感が欲しい時に取り入れたいアイテムです。

Blockquote firstBlockquote second

これ履いてたら目立つ かっこいい! 早く冬に履きたい あったかそう
歩きやすい

ライトマウンテンブーツ

マウンテンブーツをタウン使いとして取り入れるのは定番になっていますが、あまりにゴツすぎるデザインはコーデを重くしてしまい、登山のような印象を持たれてしまいます。そこで程よいボリュームとタウン使いでも浮かないデザインとしてライトマウンテンブーツをおすすめします。

写真のようなきれいめなカジュアルコーデにライトマウンテンを合わせるとコーデに程よいボリューム感と男性らしさがプラスされ、30代のメンズファッションに柔らかなワイルドさをプラスしてくれます。

(ディーゼル) DIESELメンズ ライトマウンテンブーツ HARDKOR STEEL MID - ankle boot

上記のコーデ写真で着用されているアイテムとは同一ではありませんが、同じ人気ブランドDIESELのライトマウンテンブーツです。シルエットもマウンテンブーツに比べてスリムで、こちらの方がソフトな印象になるのでタウン使いにも取り入れやすいです。デザインもシンプルなので飽きがこず、長く使えるアイテムになっています。

ムートンブーツ

スウェットプルオーバーにデニムというシンプルなカジュアルファッションにスニーカーではなく、ウィンターシーズンの定番になったムートンを合わせたシーズンムードを意識したスタイルです。スニーカーでは定番すぎる、他のブーツでは定番のカジュアルスタイルに取り入れるにはボリューム感やバランス的に物足りないという時に取り入れやすいアイテムです。

メンズファッションに合わせやすいムートンブーツの合わせやすい丈はやはりショート丈です。それより長いとボトムスに合わせにくく、バランスを取ることが難しくなるので、初めに取り入れるのはショート丈がおすすめです。色はベージュや黒、ブラウンなどが定番ですが、幅広くコーデに取り入れやすい点からブラウンが一押しです。

[アグ] UGG メンズ ブーツ M Classic Mini Deco Capra

温かくて軽いムートンブーツは30代のメンズファッションにも取り入れやすいシーズンアイテムです。温かくで軽い、履きやすいなど機能面からも高い人気を誇っています。オーストラリアのUGG(アグ)やemu(エミュ)などの有名人気ブランドからお求めやすいお値段のものまで出ています。

ボトムスはスキニーやストレート、テーパードボトムが合わせやすいです。30代のメンズカジュアルにも取り入れやすく、履き回しのきく優秀アイテムです。色によってカジュアルな印象が強くなったり、キリッ引き締まった印象にもなるので、自身の好きなスタイルに合わせてお気に入りを探してみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

普段25.5cm、足幅狭めですが着脱も楽に出来ます。後ろ側のステッチがオシャレでした。

30代メンズにおすすめファッションブランド

ファッションブランドと一口に言ってもカジュアル、モード、ストリート、アウトドアなどメンズブランドだけでも細かく分ければ数多くあります。

ここからは30代のメンズファッションのジャンルとして取り入れやすいカジュアルときれいめファッションのブランドをご紹介します。価格、品質ともに適当なブランドを提案させていただいているので、ショッピングの参考にしてみてください。

カジュアル

20代の頃のカジュアルとは違って、清潔感や落ち着きもプラスしたい30代ファッションは安すぎず高すぎずなラインで探したいところです。中にはご紹介ブランドを20代から愛用している方もいらっしゃるでしょう。

同じブランドでもチョイスするアイテムでガラッと変わるので、再チェックしてみてください。

BEAMS

メンズに限らずカジュアルコーデの代表ブランドとして人気のBEAMSは価格帯、品質ともに20代の時よりファッションにお財布に多少の余裕が出てきた、質を重視して長く着られるという点から30代のメンズコーデに取り入れたいブランドです。

淡色大人カジュアル

柔らかい色のアイテムを中心とした爽やかで親しみやすいコーディネートになっています。30代のメンズカジュアルスタイルとしておすすめしたいポイントは淡色使いと、ポイントに鮮やかなブルーを持ってきている点です。

ボトムコーデはパンツ、靴ともに淡いベージュとアイボリーを持ってきています。そこだけ見るとぼやけてしまいすですが、トップスのネイビーでメリハリをつけています。ネイビーからの流れで青系の鮮やかな色をバッグに持ってくることでスタンダードな色味のコーデに華やかさを持たせている点も参考にしたいです。

好感度大な大人きれいめカジュアル

柔らかさや大人の余裕を感じさせるカジュアルコーデは30代のメンズカジュアルスタイルとしておすすめしたいコーデです。一見シンプルですが、ロールアップしたパンツからソックスをチラ見せしたり、帽子で視線を上に持っていくことで縦にスッとしたシルエットを作っている点が計算されたスタイルです。

ここでも小物をうまく使ってコーデのポイントにしている点が参考にしたいポイントです。特に帽子はニット帽やキャップが取り入れやすいので、持っていると重宝します。

SHIPS

SHIPSも言わずと知れた人気カジュアルブランドです。20代の頃から愛用しているという方も多いでしょう。崩しすぎず、程よく落ち着きのあるカジュアルを意識したい30代メンズコーデには取り入れやすいアイテムが豊富です。トレンドアイテムから定番まで押さえられる品揃えもおすすめのポイントです。

ブラウンカラーで柔らかカジュアル

スウェード素材のライダースにブラウンベースのボーダーニットを合わせた、カジュアルな中にもきちんと感を感じさせるスタイルはデートにもぴったりの大人カジュアルコーデです。靴や帽子には黒を持ってきているので茶系やブルーデニムで柔らかい色味になっていてもぼやけることがありません。

ライダースもスウェード素材になるとカジュアル感と柔らかさがでるので定番の黒レザージャケットが苦手、取り入れるのに抵抗があるという方にはおすすめです。

大人ミリタリーコーデ

ネック高めのミリタリージャケットはカジュアルやストリート系のイメージが先行しがちですが、落ち着きもポイントになる30代のメンズファッションでももちろん取り入れていただけます。ボトムのシルエットを細めにしたり、合わせる靴やバッグなどのアイテムを落ち着いた色味にやシルエットにすれば、ジャケット自体が逆にカジュアルな印象をプラスするものとしてポイントになってくれます。

写真のコーデもデニムの色をインディゴにし、シルエットをストレートでスリムなものにしているので、スッキリとして落ち着いた印象になっています。

green label relaxing

UNITED ARROWS系列のブランドで価格帯は比較的求めやすく、アイテム取り扱いもカジュアルからスーツなどのフォーマルまで幅広いです。シンプルですがラインの綺麗なシャツなど、取り入れやすく着回しのきくアイテムを多く取り揃えています。

モッズコートはシルエット重視!

30代メンズのライトアウターとして取り入れたい一つがモッズコートです。ビッグデザインやカジュアルすぎるデザインではなく、コンパクトで色もダークカラーやベージュなど定番カラーが使い回しが効くのでおすすめです。

写真のコーデ着用のモッズコートはコンパクトなシルエットと余計なデザインのないシンプルなスタイルなので全身のスタイルを良く見せ、落ち着いた雰囲気も出してくれています。
黒やチャコールグレーなどのダークカラーをアウターに持ってくる場合はボトムスに明るめのものを持ってくるか、バッグや靴でトーンアップしてあげると重い印象を避けてくれます。

意外に目立つ?おしゃれジャケットで差をつける

一見シャツに見えますが、コーチジャケットというライトアウターをメインにしたシンプルなスタイルです。シンプルでスッキリとしたデザインと合わせやすさが着回しも重視したい30大メンズコーデにオススメのアウターでもあります。ポイントはきれいめアイテムとも十分にマッチしてくれ、春、秋の2シーズン使えるという点です。

トップスの白をチラ見せして、軽さを出し、ボチムストスニーカーの黒で全体のコーデを大人っぽく引き締めています。とても参考にしやすく、おしゃれに決まるコーデなので取り入れてみてください。

URBAN RESEARCH

ナチュラルな雰囲気のアイテムも大人カジュアルとして取り入れやすく、キレイめにもアレンジできるアイテムを取り揃えるURBAN RESEARCHもまたおすすめしたいブランドの一つです。他の有名ブランドとコラボするなど、魅力的で他にはないアイテムを展開する点も注目したいです。

上級テクを取り入れるデニムONデニム

デニム・オン・デニムの上級テクニックコーデですが、意外にもすんなりできるファッションテクニックです。ポイントはデニムの色や素材感を統一し、インナーはシンプルにすること、これだけです。シンプルなアイテムを合わせることでコーデにより統一感が出て、おしゃれな印象になります。

写真のようにロールアップで足首を見せて抜け感を出したり、ハットでポイントをつけてあげるとより上級者っぽく映ります。30代のカジュアルコーデにも遊び心や冒険心は持っていたいです。Gジャンもデニムもそれぞれ単独で使いまわせるアイテムなので、両方持っていて損はないアイテムですので、おすすめのコーディネートテクニックです。

一緒に歩きたい爽やかコーデ

ハリのあるコットン生地はストンとしたシルエットでナチュラルでスッキリとしたIラインを作ってくれます。ボトムスのパンツは黒ではなくネイビ^を持ってくることでベージュと白の組み合わせにより爽やかな清潔感を足してくれています。

30代メンズコーデには渋さよりもまだ爽やかさを重視したいので、カラーコーディネートとして参考にしたいコーデです。それぞれのアイテムはシンプルなので爽やかさイコール幼さには繋がらず、大人シンプルコーデとして好感度も高い組み合わせです。

きれいめ

ADAM ET ROPE'

カッチリとしたきれいめなカジュアルというよりもカジュアル寄りなきれいめアイテムが揃うアダムエロペ。形のきれいなアイテムが多く、質も重視していきたい30代のファッションに取り入れていただきたいブランドです。また、一見きれいめだなといアイテムも着方次第でよりカジュアルダウンすることも可能なので、着回し力にも長けています。

おしゃれリラックスならアダムエロペ

30代メンズにおすすめのシックなリラックスコーデです。ゆるっとしたワイドパンツをメインに、ダークカラーでコーディネートしたリラックススタイルはナチュラルな印象ですが、とてもハイセンスな組み合わせです。レーヨンの入ったさらりと羽織れるトッパーカーディガンは着回しもきき、こなれ感を引き出すさりげないおしゃれアイテムです。

ワイドパンツは組み合わせ方が細身のものに比べて難しくはありますが、写真のコーデのようにトップをコンパクトかつシンプルにしてあげればボトムだけが浮くことなく、統一感が出ます。トップスは全身のバランスを見てボリュームや丈を決めていくと失敗がないです。

文句なしのおしゃれシンプルコーデ

鮮やかなイエローをトップスに持ってきたカジュアルコーデです。ここまではっきりした色は難しく感じる方はイエローではなく深めのオレンジや赤がおすすめです。そのほかのアイテムを黒と白で統一すればポイントになる色と喧嘩することなく、むしろおしゃれに決まります。カラーアイテムを用いる際のアイテムはモノトーンで合わせるのがポイントです。

これまでの項目でも30代のメンズファッションには色味を入れてあげることをおすすめしましたが、あえて思い切ってビビットな色を取り入れると潔くておしゃれにキマります。

FREAKS STORE

30代メンズの大人カジュアルとして、デザイン、プライス面でもおすすめしたいブランドです。アイテムは合わせ方次第でよりカジュアルダウンしたコーデも可能ですが、こちらのブランドはアイテムは一つ一つが崩しすぎないデザインになっているので、落ち着きも重視したい30代のメンズファッションに取り入れやすくおすすめです。

辛口ウィンターコーデ

シーズンムードを盛り上げてくれる柄のショールカラーカーデにスウェットパンツを合わせたカジュアルコーデです。全体的に落ち着いた色味で統一しているのでカジュアルになりすぎず、アイテムはカジュアルでも落ち着いた印象に仕上がっています。大人カジュアルに仕上げたい時の柄物トップスは色味はダークカラーを選ぶと落ち着きが出ます。

大人のグラデーションコーデ

赤、茶系でグラデーションを作ったトップスコーデがシックなボトムコーデを華やかにし、程よくカジュアルダウンしています。鮮やかな色のニット単独では取り入れにくいという場合はこのように同系のトーンを落とした色のアウターを合わせると、ポイントとなるニットの色を邪魔せず、馴染みを良くしてくれます。

Fredy&Gloster

品のあるきれいめカジュアルが叶うFredy&Glosterは長く使え、着回しのきくアイテムが豊富なのが特徴です。幅広い世代に取り入れやすい点も通い続けられるブランドと言えます。もちろんアイテムをよりカジュアルダウンして着こなすことも可能です。

ハズレなしの爽やかJKコーデ

細身のジャケットをメインにデニムを合わせたきれいめカジュアルです。ベージュやアイボリーではなく白のカーディガンをインナーに持ってくることで落ち着きの中に爽やかさ、清潔感も感じられます。マフラーとローファーの色を揃えてあげると統一感が出るので、取り入れて見てください。

ダントツおしゃれなフォーマルカジュアル

かっちりした印象のテーラードジャケットをメインにしたフォーマルカジュアルスタイルです。ボトムスにカーキのカーゴパンツを持ってきた斬新なコーデですが、レースアップシューズを合わせることでトップのジャケットスタイルの雰囲気を崩しすぎずにバランスを取ってくれています。フォーマルカジュアルを推奨している会社であれば通勤時に取り入れられるスタイルです。

TOMORROWLAND

ハイセンスで質の良いアイテムが揃うブランドとして30代メンズにおすすめしたいブランドです。カジュアルラインだけでなく、フォーマルまで揃う点も魅力です。フォーマルラインはアイテムひとつひとつはシンプルながら、着た時のきれいなシルエットがポイントです。

カジュアルアイテムもおしゃれさと品の良さを持ち合わせたアイテムが豊富な点から幅広い年代のおしゃれなメンズに支持されているブランドです。

難しめカラーパンツはこう着こなす!

鮮やかなカラーパンツをメインとしたコーデは一見難しそうですが、写真のように紫や明るめのネイビー、バーガンディーなど落ち着いた色味なら合わせやすいです。トップスやアウターにはダークトーンをもってくると全体を明るくしすぎず、落ち着いた印象にしてくれます。

ホワイトデニムでトーンアップ、センスアップ

デニムジャケットをホワイトデニムにすることで、ダークトーンコーデに明るさをプラスしています。アウターのみに白を持ってくるのではなく、トップスの裾からインナーとして白をのぞかせるとアウターが悪目立ちしません。足元をローファーやスニーカーではなく、スリッポンを取り入れると程よくリラックス感のある大人っぽさが出ます。

30代のメンズカジュアルにホワイトデニムを取り入れるには、合わせる色とデニムの占める面積です。白の面積が多すぎると膨張して見えたり、爽やかさが先行しすぎて大人っぽさが半減してしまう可能性があります。明るさをプラスするアイテムとして加えるほどにとどめ、あとは落ち着いたトーンのシンプルなコーデを組み合わせることをおすすめします。

美シルエットなシンプルスーツ

細身のきれいなシルエットが品の良さとおしゃれ感を後押ししているスーツスタイルです。黒ではなくチャコールグレーであることもポイントになります。重すぎず、おしゃれっぽさと落ち着きのある色としてチャコールグレーはスーツ以外のアイテムでも30代のメンズファッションには取り入れたい色としておすすめします。

30代メンズにおすすファッション雑誌

街中を歩いておしゃれな人をウォッチングするのも、ショップスタッフさんを参考にしても、コーデの良いヒントを得られますが、一番身近でトレンドファッションの参考となる着こなし情報を得られるのはファッション雑誌です。ここからは30代メンズファッションの参考としておすすめのファッション雑誌をピックアップしていきます。

men's FUDGE

シンプルでスッキリとしたファッションを得意とする雑誌です。ただシンプルなだけでなく、しっかりとトレンドも押さえつつ、取り入れやすいコーディネートが掲載されていることも参考にしやすポイントです。余裕とおしゃれ感を重視したい方には特におすすめです。

MEN'S NON-NO

言わずと知れた有名メンズ雑誌、メンズノンノは20代向きなのではという方もいらっしゃいますが、掲載アイテムはどれも着方次第で落ち着きのある30代メンズファッションにも十分に取り入れやすいものになっています。カジュアルだけれど、どこかひねりの効いたコーデもお手本にしたいです。

Men's JOKER

20代〜30代向けのメンズ雑誌で、上記2つに比べてきれいめなコーデ、アイテムを多く掲載しています。男性らしいファッションを得意とし、トレンドもしっかり押さえたい方、きれいめでワイルドさも取り入れたファッションを目指す方におすすめです。

CLUEL homme

きれいめでハイセンスなコーディネートを得意とする雑誌で、女性版も大変人気の雑誌です。掲載アイテムはシンプルながらもコーデ次第でひねりをきかせたコーデも多く、取り入れる際の参考になります。シンプルなのにおしゃれ、質の良いアイテムを好む30代のメンズファッションの参考として手にとっていただきたい雑誌です。

30代メンズにおすすめファッション通販サイト

買い物に行きたくても仕事や付き合いが忙しくてなかなか時間が取れないという方の強い味方、通販サイト。通勤途中やお昼休憩の際にスマホでもチェックできるおすすめサイトをご紹介します。

ZOZOTOWN

ネットで服を買いたいと言えばZOZOTOWNというほど有名なファッション通販サイトです。取り扱いは洋服に限らず、季節アイテムの浴衣やライフスタイル雑貨、下着にまで至ります。また、古着の取り扱いもあるので過去に欲しかったけど買い損ねてしまったアイテムやこんなアイテムが欲しかったというような掘り出し物も見つかります。

最近では期間限定で送料をユーザーが決めるという画期的なサービスを展開するなど、これからも利用が楽しみになるサイトです。

DHOLIC MEN'S

韓国発の通販サイトで、女性版は特に10代から30代まで幅広い幅広い方に支持を受けており、雑誌でも度々紹介されています。男性版はシンプルながらスタイルを引き立ててくれるアイテムを多く扱い、お値段もプチプラな点が嬉しいポイントです。もちろんサイトは全て日本語なので安心してお買い物ができます。

マルイ ウェブチャンネル

関東を中心に展開するショッピングビル、マルイの通販サイトです。こちらのサイトの嬉しい特徴はシューズ購入の際、試着後の返品交換が可能な点です。返品交換にはもちろん条件がありますが、そちらをクリアしており、指定された期間内であれば可能です。洋服はもちろん、ビジネスバッグや小物なども充実しているので、男性にも嬉しいサイトと言えます。

アイ ルミネ

関東ではショッピングビルとして大変有名なルミネが展開する通販サイトです。ルミネと言えば女性向けのショップが多いように感じられる方も多いですが、メンズファッションも得意とし、20代から30代の方向けのブランドを多く取り扱います。商品の先行予約も承っているので、これから発売する欲しいアイテムを安心して購入できます。

Amazon

Amazonと言えば本や雑貨、家電、日用品など身の回りの商品購入に利用される方も多い通販サイトですが、意外にもアパレル商品の購入に大変お得なサイトであることをご存知でしょうか。バッグやシューズが通常価格よりもお手頃価格で購入できるキャンペーンや、どのサイトでも品切れになっていたリミテッドアイテムがひょっこり見つかることもあります。

日本未発売のアイテムを見つけることもできるので、探してもなかなか見つからないアイテムや、もっとお得に幅広い価格帯、条件から選びたいという方は覗いてみてはいかがでしょうか。

30代メンズのファッションに似合う靴

おしゃれは足元からというように、靴一足でかなり印象は変わります。ここからは履き回しもきいて、カジュアルからきれいめまで取り入れやすいアイテムをご紹介します。

スニーカー

スニーカーといっても種類もブランドも豊富ですが、こちらでは定番のadidasのスタンスミス、コンバースのオールスターローカットをご紹介します。

アディダス スタンスミス adidas STAN SMITH ホワイト×グレー 日本国内正規品 S75075

履き回しスニーカーの定番といえばスタンスミスです。シンプルで程よいボリューム感のあるシルエットはカジュアルからセットアップスタイルまで幅広いコーデにマッチします。色も定番の白×グリーンからブラック、パステルカラーなどバリエーションも豊富です。靴紐タイプと3本のマジックテープタイプがあります。

Blockquote firstBlockquote second

サイズを普段履きよりワンサイズ小さいものを注文したら少し窮屈だったため、店に連絡を取り従来のサイズに交換していただきました。
最初のオーダーから一週間以内で満足いく買い物が出来ました。

CONVERSE(コンバース) CANVAS ALLSTAR OX (キャンバスオールスター ローカット) オプティカルホワイト 9.0(27.5cm)

こちらも定番のコンバースオールスターは細身のシルエットが特徴で足をスッと長く、スリムに見せてくれる効果があります。足が幅広の方は窮屈と感じる方もいらっしゃいますが、足幅は紐で調節が効くので、まずは実際に履いてみることが大事です。ハイカットもありますが、履き回し重視ならば、まずはローカットをおすすめします。

ローファー

サッと履けて大人っぽく、こなれた印象を出してくれるローファーは持っていると重宝するアイテムです。デザインはシンプルなものからタッセル付き、ビットローファーと言われる甲の部分に金属の飾りがついているもの、また生地もレザーやスウェードなどそれぞれ雰囲気が変わるので、自分の好きなスタイルに取り入れやすいものを選びましょう。

シップス(メンズ)(SHIPS) SC: SHIPS(シップス) レザー ローファー

定番の形で履き回し抜群です。ハーフパンツにもおしゃれに合わせられます。特にカジュアルコーデを落ち着かせてくれるので一足あると重宝します。

シップス(メンズ)(SHIPS) SD: 【イタリア製】 カーフ ビット ローファー

定番のものよりもより落ち着いた印象になるビットローファーはきれいめファッションに華を添える一足です。生地をスウェードにすればカジュアル感がプラスされます。

サンダル

夏の定番アイテムのサンダルは最近ではソックスと合わせて春から秋まで履けるようなアレンジもあります。スポーツタイプからソングタイプなどデザインによってイメージが変わるので、使い分けるのも楽しみの一つです。

[テバ] サンダル HURRICANE XLT メンズ

スポーツサンダルの中でもTeVa(テバ)は男女ともに人気があり、履き心地、コーディネートへの取り入れやすさもおすすめのポイントです。黒だけでなく白やグレーなどのカラーバリエーションがありますが、まずは基本の黒を押さえると良いでしょう。30代のメンズコーデにももちろん取り入れやすいスポーツサンダルは持っていない方はチェックしておきたいアイテムです。

Blockquote firstBlockquote second

去年と今年の5月~9月の間外出時にはこれだけをずっと履いていました。思った程ソールもすり減っておらず耐久性は高いと思います。
ユニバーサルストラップシステムによる自由な調整と立体的な形状のEVAインソールのおかげで抜群にフィット感と履き心地が良いです。
下手をすると何万円もするスニーカーより履き心地は上ではないかと感じます。サイズ感に関しては若干大きめなので、足の実寸と同サイズを選ぶのが良いと思います。
アウトドアでこれを履いたまま一日中過ごした事もありますが、足への痛みは全く無く疲れもあまり感じませんでした。

旅行が趣味という人でTEVAサンダルをずっと愛用しているという人も多いようです。激しい運動もこなせて水に濡れても大丈夫という安心感から気温の高い地域ではこれだけでOKです。
昔からある定番サンダルではありますが、近年のスポーツサンダルブームのおかげでこれを履いているだけでおしゃれな人という印象を持たれるので良いですね。
さらにTEVAの場合ソックス着用というスタイルも受け入れられているので、夏だけでは無く春から秋にかけて長く活用出来ます。

不満点は無いと言いたい所ですが、あえて言うならインソールの溝に足垢が溜まりやすく定期的に清掃が必要なのと、着脱時に足首のストラップを付け外ししなければいけないというのがやや面倒に感じる人はいるかも知れません。
とは言え手頃な価格に抜群の履き心地でデザインも良いので、スポーツサンダルとしては決定版と言って良い名品かと思います。

(キーン) KEEN MEN UNEEK LEATHER BLACK/RAVEN 【メンズ】

KeenのUNEEK(ユニーク)は足を包み込む、まるでスニーカーを履いているような感覚になるスポーツサンダルです。素足でそのまま履いたり、ソックスを組み合わせたりと履き回しもききます。シンプルでスッキリとしたデザインで、スポーツテイストだけが全面に出ているスポーツサンダルとは違った味があるアイテムです。

Blockquote firstBlockquote second

アウトドアからタウンユースまで幅広く履けて足も疲れなくて良いです。

[ビルケンシュトック] サンダル アリゾナ 052531

ビルケンシュトックの中でもフロリダと呼ばれるアイテムで、根強い人気のあるデザインです。写真のコーデのようにソックスを合わせても、素足で履くいつものコーデに変化をつけられます。履き心地も良く、長く履けるデザインなので、30代のメンズファッションに取り入れたいアイテムです。

Blockquote firstBlockquote second

本当は実際試着して購入したかったけど、どこも品薄で仕方なくネット購入に踏み込みました。期待通りの履き心地と質の良さに大満足です!サイズもバッチリでした

ビルケンシュトック メンズ サンダル アリゾナ ARIZONA ファーライナー ブラック 幅広 GC752661

上記はアリゾナと言われるビルケンシュトックといえばこれと思い浮かぶデザインです。素材もレザー、スウェード、また変わり種としてファーをあしらったものなど幅広く展開しています。夏は素足で、春や秋はソックスと合わせて着こなすのがおすすめです。

[ビルケンシュトック] サンダル ラムゼス 044791

アリゾナに並ぶ人気のあるデザインで、カジュアル度の高いアイテムです。シンプルなカジュアルファッションに合わせやすく、履き回しのきく、飽きのこないアイテムです。履き心地にも定評のあるアイテムなので、これまでサンダルをあまり履く機会のなかった30代メンズの方にもおすすめの夏のシーズンアイテムです

Blockquote firstBlockquote second

10年前にこのサンダルを履き始めて、3代目になります。
おろしたては、親指と人差し指の皮がむけたり、靴底が真っ平らなため歩きにくかったりしますが、ちょこちょこ履いていると慣れてきます。
慣れてくるころには、程よく足の汗で足跡がしみついてきますが、それもそれで味ですね。
気になる人は気にするかもしれませんが、その時は鼻緒ではなく靴下をはけるタイプをおすすめします。
真冬以外の近所の散歩は、このサンダルがオトモ。
5年くらいたつと、靴底が削られてきて、サンダルが汚くなってくるので交換しています。
定番商品なので、またダメになってもまた同じのが手に入るという安心感もあり、今後も使い続けていきたいですね。

30代メンズでもストリートファッションは大丈夫?

これまで30代のメンズファッションは落ち着き、大人っぽさ、品が欲しいとお話ししていましたが、ストリートファッションがお好きな方も多いでしょう。30代メンズはストリートファッションをしてはいけないなんてことはありません。20代にはない余裕を備えた30代のストリートファッションも魅力的です。

ここからは30代メンズのストリートファッションにおすすめブランドや着こなし例などをご紹介します。

ストリートファッションおすすめブランド

Supreme

スッキリとしたスキニーを合わせることで全体のラインをスッキリと見せています。パンツにワイドなものを持って着てももちろん合いますが、まとまりのある大人っぽいストリートを目指すならIラインを作る細身のボトムスがおすすめです。ワントーンコーデならストリートファッションでもシックにキマるので30代のメンズコーデとしておすすめです。

きれいめアイテムで大人ストリート

トラディショナルな雰囲気のあるポロシャツを取り入れた、どこか男性の可愛らしさのあるコーデになっています。こういったきちんと感もあるアイテムなら着回しもききますし、30代のメンズファッションにも取り入れやすいです。また、雰囲気に合わせてボトムスを余裕のあるシルエットにして雰囲気を変えるのも楽しいです。

シュプリーム SUPREME パーカー メンズ レディース 長袖 スウェット プルオーバー 秋冬 おしゃれ トレーナー トレーニング ロゴパーカー フードロゴ [並行輸入品]

アメリカ・ニューヨーク発のブランドで、ストリートファッションが好きな方ならご存知Supremeは、ストリートファッションに詳しくなくとも聞いたことのあるブランドです。ボックスロゴをあしらったアイテムは大変な人気を誇り、スケーターや男性に限らずファッション好きな女性にも人気を集めています。

Blockquote firstBlockquote second

とても気に入りました。
165cmの私にはちょうど良かったです。

Stussy

STUSSYといえば有名なこのブランドロゴです。ロゴデザインはインパクトがありながらも幼さを感じさせないので、大人のストリートコーデにも問題なく取り入れられます。このデザインロゴなら幼さを感じさせないので30代のメンズコーデにもすんなり合わせられます。もちろん長く着られるシンプルなデザインとシルエットなので、どんどん着回したい一着です。

STUSSYといえば忘れちゃいけない定番アイテム

STUSSYといえばキャップも忘れてはならない人気アイテムです。上記アイテムのようにビビットな色は30代のメンズファッションには取り入れにくいと感じるでしょうが、全体のコーデをモノトーンにしたり、ベージュや茶系のトーンで揃えてあげればファッションのポイントになったり、締め色になるので思い切って取り入れてみるのも良いでしょう。

【ステューシー】 STUSSY STOCK SU17 SNAP BACK BLA/NOIR ALL 131706 スナップバック 黒 ブラック 【並行輸入品】

アメリカ生まれのSTUSSYはSupremeと肩を並べる人気ブランドです。メンズだけでなく、レディースアイテムまでカバーし、洋服ばかりではなく帽子などの小物類も人気です。また、最近ではリビングアイテムにも定評があり、ライフスタイルにもその人気を広げています。

NEIGHBBORHOOD

ゆったりとしたデザインとシックな色味がカジュアルながらも30代メンズの大人の余裕を感じさせるアウターです。デニムとの相性はもちろん、きれいめなボトムスを持ってきても30代のきれいめファッションとして十分アレンジができるアイテムです。

辛口アイテムで締める大人サロペ

30代でサロッペット、オーバーオールは大丈夫だろうかと心配しないでください。上記コーデのようにアウターにレザージャケットを持ってきたり、インナーをシャツにしたりと落ち着きを感じさせるアイテムを持って来れば落ち着きの中にやんちゃさも垣間見える30代メンズも大歓迎のストリートファッションが完成します。

NEIGHBORHOOD ネイバーフッド 16SS DOCTOR/C-SHIRT.LS 長袖シャツ オリーブ L

デザイナー・滝沢伸介氏が1994年に東京・原宿でスタートさせたブランドです。NEIGHBOERHOODのアイテムはシンプルで落ち着きのあるものが多いですが、どこか男性の色気を感じさせるような雰囲気があります。ストリートコーデに限らず、きれいめコーデにプラスしてもマッチし、30代メンズファッションとして大人のリラックスコーデを作ることができます。

30代メンズだからこそもっとファッションを楽しめる!

ここまで季節別のおすすめコーデやアイテム、取り入れたいアイテムなどをご紹介してきましたが参考になったでしょうか。ご紹介してきたアイテムは着回し、使い回しを重視したものばかりです。忙しく買い物に行けない、ファッションのためだけに出費はできないという方にはぜひ、この着回し・使い回しという点を重視していただきたいです。

30代のメンズファッションは難しい位置にあるのは確かです。20代のファッション感覚から抜け出せずに年齢、中身とのギャップを感じていたり、かといってもっと落ち着いたファッションをと取り入れるとまだ30代の自分には早いようなと感じたり微妙なラインにです。

女性よりも男性の方がファッションに悩む点が多いことも事実です。しかし、これまでお話ししてきた中で多く出てきたキーワードとして「落ち着き」、「きれいめ」、「こなれ感」と言ったワードを頭の片隅に置いてアイテムを選んだり、ファッション全体を見ると案外すんなり年齢にあったコーデができます。

30代になり、男性としての余裕が感じられてきた今だからこそ、ファッションも自分磨きの要素の一つとして楽しんでみてはいかがでしょうか。30代のメンズファッションだからこそ出せる余裕と大人の雰囲気は自分自身をもっと魅力的に見せてくれるはずです。