Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ/レディース別】50代のおすすめのファッションコーデ・雑誌

Author nopic iconcarom
コーディネート / 2018年12月26日
【メンズ/レディース別】50代のおすすめのファッションコーデ・雑誌

50代という粋の時代

50代のファッションとは

人生50年と言っていた時代からすると、今の50代というのは総決算にも至らない、微妙な年代です。60代定年という形さえどんどん薄くなり、高齢になっても働き続けられるだけ働くという社会になりました。

かつては、20代から40代までの約30年間を馬車馬のように働き続け、また、家事育児に自分の自由を奪われながら振り回されて、しかし50代くらいからは悠々自適、という流れが大勢だったところです。

しかしそれでも、確かに50代というのはそれまでの年代と少し違った角度になります。人生を俯瞰したうえで、いったんの見直しをする心の余裕ができて来るでしょう。仕事にしても家庭にしても、これが正しいと信じて走っていく最中というのはあります。そして、一定の成果を上げて結果が見えてくるのが50代といえるでしょう。

ファッションについても同じことが言えます。何を着たらいいのか、もう自分を主人公にして考えることができます。

ファッションは年代によって位置どりが変わる

これまでの人生を立ち止まって振り返ってみましょう。届かない憧れだったものが実際は少し手前でクリアできていたり、当然できるはずと軽んじていたことが実は大変な工程で、50代になってもいまだ至っていなかったりします。また、そもそもの予定とは全く違うルートに喜びを見出しているということもあるでしょう。

選んできたファッションにしても、流行から一旦離れてみると、どういうコンセプトに参加してきたのか不思議に見えることがあります。いつの間にか、その中で自分なりの選択していることに気づくでしょう。

上質との付き合いが上手になります。無駄に高価な買い物をするということでもなく、自分らしい適切な材質や価格帯を選べるようになっていることは50代の強みです。若くないということは、もうデメリットではありません。

季節別の50代のおすすめファッションコーデメンズ篇

50代になってお気に入りブランドを持っているでしょうか。そして、ブランドとどのようにつきあっているでしょうか。ブランドの提案をそのまま飲むのも一つのスタイルとしてありなのですが、もう少しそもそもの自分のコンセプトとしてどうなのかを考えてみるとよいでしょう。

その店が提案している良いものだから、というのではなく、もし自分がだれかにすすめるならどうだろう、という、主体的なデザイナー目線を、50代からは持ってみましょう。

50代も後半になってくると、自分の世界を持っていないと、楽しいとはどういうことなのか、考え悩むようになってきます。自分の着る服を楽しめないなんて、なんというナンセンスでしょう。経済的に余裕があってもそうなのですから、早いうちに自分ワールドとしてのファッションに目を向けていきましょう。

スタンダードとむきあえるけれども、決してよりかからない、そんな大人の男性の姿が女性から好ましく見られています。

若いころからいろいろなファッションにチャレンジして自分を磨いてきた男性が、どこから服そのものの価値に振り回されなくなっていくのでしょう。例えば、ジャケットではどうでしょう。若いうちはどこか自分を規定されてしまって、いわゆる「着られている」という状態になりがちです。40代で支配しつつ着ている、という状態です。

50代ではどうでしょう。体形など、どうしても若いころの鋭さは失われますが、50代男性の、上質でありながら抜いたジャケット姿には特有の色や艶があります。

わがままになりすぎた緩さでは、ただだらしないものに見えます。50代男性の余裕を持ちながら自分を律する姿がすてきです。

遊び心という言葉の意味を本当に知るのが50代です。コントロールできない事柄には、これまでさんざん足を突っ込んできました。それは遊びとは言えない、どこか滴る汗のにおいに満ちた、汚れ含みのものだったことでしょう。

しかし年齢を重ねてくると、からっとした遊びができるようになってきます。ひょうひょうとした清潔さやちょい悪なかわいさなど、スタイルを持ちながら過ごせるのが50代の夏ファッションの課題と言えそうです。

忙しさの中でついつい体を甘やかしていまうと、だらしない恰好でもいいじゃないか、となりそうですが、そこは自分に厳しくストップをかけましょう。きれいめの細いラインをあえてとるのが50代男性ファッションのおすすめポイントです。

実りある男性のみの味わえるリアルファッションが楽しめる季節が秋です。

体に合ったものを選ぶのは当然ですが、身体自体の主張に合わせたファッションはいかがでしょう。特に50代の男性は、体がどういう感触を求めているかにそんなに敏感ではありません。下着の肌触りにこだわるように、自分がどういうものを本当に着たいのか、この季節にしっかりとらえておくとよいでしょう。暑さ寒さに揺らされない選択の機会になります。

諸条件に自分をあわせることばかりが現代社会ではつのりがちです。50代になったら自分が主人公であることに慣れましょう。同時に、だれもがそれぞれに主人公であることもまた認めましょう。その主人公に一番似合うパンツを考えてみてください。

50代というのは、身体からみても大事な時期です。このときにこれだというものに出会えたら、それに恥じるような体のありようにはならないでしょう。

ミニマルということがこのところ言われています。自分が最低限扱えるだけのもので暮らしていることが実は豊かであるということです。これは全く正しいことだと言えます。ただ、そこに至るまでに膨大な実験が保証されていることが大事です。

若い時期さまざまなファッション遍歴を経ていなければ、いきなり数を絞り込んでも、自分らしい姿とは外れた方向に進んでしまいます。50代ともなると、迷い経たうえで、自分はこれであるというアウトラインがおおよそ定まってきます。それがあなたの漸近線です。

そのうえで冬自分がなりたい自分が来ている服を想像してみましょう。いつもの服をいつものように着ていては外見的なレベルはダウンの一途です。最上の服を冬の自分に着せてみましょう。

明日の自分をひっぱってくれ、しかもここちよいものなんてこの世に1枚もないと思われますか。そんなはずはありません。

季節別の50代のおすすめファッションコーデレディス篇

50代女性のファッションでは何に注目していけばよいでしょうか。自分の在り方が固まってくるのが50代です。トレンド重視から自分重視へ、きれいさとは何かという観点が変わってくる年代です。

また、身体に対する向き合い方というのもポイントです。身体が喜んでいる服を着ていると自然に表情も柔らかくなります。厳しく寒い冬からの解放の季節には、肌は外気を呼吸することを求めます。そこでポイントとして、自分らしい軽さを素材に取り入れることをおすすめします。

春ほど素材の自由が利き、素材の良さが生きて見える季節はありません。選ぶ時間の余裕、たくさんのアンテナを張ることも、60代などに比べて幅広い50代です。また、よい素材のものを選ぶことは、同時に洗練されたデザインを選ぶことにも通じます。

肌がいよいよ解放される夏は、同時に50代の体としてはつらくなる時期でもあります。生活空間の工夫と一緒に考えることが求められるでしょう。空調と一緒の場所での夏ファッションと、外気に触れながらの夏ファッションではそもそも目的が違います。

オフィスでは体を守るための要素も加味しながらファッションを選択することになります。特に働いている方には通勤という温度環境の激変を毎日通過するので、使い勝手の良い組み合わせが大事です。ここで着回しの知恵が磨かれもします。体をいたわることでファッションの気分が失わないようにしましょう。

体に優しくしながら、あくまでも軽くエレガントをめざしましょう。身体の感覚とファッションの両立は、経験を積んだ50代女性ならどの世代よりもきれいにできていきます。

微熱に満ちた青春時代や、仕事に押しまくられる真夏の季節をやや過ぎた50代ころには、季節からすれば涼しい風の吹き始めの季節と言えます。人生の実りがそろそろあちこちで生まれるときです。

これまでなかなか寄り付けなかった上質のラインを50代の秋には目指してみましょう。若い時代には、人生の中にそういった要素はあえて入れないで暮らしてきた人が多いでしょう。

けれども、季節に実りがあるように、人にも振り返ればちゃんと実りはあります。それを認め、誇りにすることは自分自身の人生上の役割と考えてもいいでしょう。

年を重ねることへのあこがれを若い人に抱かせる、そういう50代になりませんか。素材や細工、熟成された文化を身にまとうことが、50代なら自分の中身の充実とともに実現できます。まず自分のイメージをしっかり成長させまししよう。思った以上にあなたは貴重で高価な存在です。

冬は行事も盛りだくさんの華やかな季節です。憧れの視線を集めながら、よりおおらかにゴージャスに楽しめばよいでしょう。

ただし、50代女性に一つ注意ポイントがあります。身体ということから考えると、50代の冬の過ごし方は大きな転換点、四季のうち、一番注意を要するのは冬です。

50代ともなると、用の目的とファッション性との融合の上級者になりましょう。具体的に言うと、首、手首、足首など、「首」と名の付くところのマークの仕方です。そこが温かいと体を無理をしなくて済見ます。そして、人に温かさをアピールできるポイントでもあります。

スヌードやマフラー、グローブやアームカバー、レッグウォーマー、最近はサポーターにおしゃれなものが現れてきました。ブーツが安定した人気を続けるのも単に外形的デザインによるものばかりではありません。ひとは深層心理的に、人にも自分にも温かさや安心感を求めています。

50代のおすすめファッションブランドメンズ篇

ブランドは誰もが着ているから選ぶのではない

生き方は己が決めると粋がっても、若いうちにはなかなか世間とのすり合わせができません。かといってブランドを渉猟してもまずはお金が続かない、そしてブランドに振り回されて自分をなくしてしまう、ということになりがちです。

おきにいりのブランドに適度な提案をしてもらい、そこからラフに選び取ってアレンジをすればいいのだと気づくころには、服との付き合い方のみなならず、生き方もまたこなれてきています。それが50代です。いたずらに高価である必要もないし、また、安価なもので世間に右倣えする必要もありません。

50代ならではのブランドとの付き合いの特色は「余裕」のひとことです。人生を語るときに自分と社会が分離してしまうことがなくなるこの年代にこそ、また新たなる視座が生まれます。気になっていたが手を出さなかったブランドにもふみこんでみましょう。

50代男性のおすすめファッションブランド

UNIQLO

50代男性にとって買い求めやすく手軽なブランドとして、UNIQLOがあります。なんだUNIQLOか、なんて馬鹿にしないで、とりあえず冒険の初手はリーズナブルな空域で行うのがおすすめです。実はこの空域けっこう広いです。

いつもの気楽な服を買い足す、というところから一歩さき、UNIQLOが提案しているコーディネイトをみてみましょう。リーズナブルでありながら、主流のおしゃれまで十分視野に入れています。

「もうすこし...だったらなあ」と思いながら毎日のコーディネイトをしていませんか。UNIQLOのスタイルをチェックして、20代30代のファッションも俯瞰しながら、自分なりのファッションを考えてみましょう。

UNITED ARROWS

UNITED ARROWSは日本の有名どころメンズファッションブランドBEAMSから、よりスタイリッシュな在り方を求めてわかれてできあかるくがったブランドです。3年前にその中からさらに、30代から50代をターゲットに重厚さを目指した新たなレーベルBOW & ARROWSが立ち上げられて百貨店展開をしています。

BOW & ARROWSのコンセプトは、「モダンリラックス」です。ゆとりあるシルエットとストレスフリーな着心地、といううたい文句ですが、同時にきわめてあかるくおしゃれです。コンセプトそのものが50代男性の目指すファッションと重なります。

豊かで自信ある50代男性にぴったりな展開が、これからもファッションの世界に広げられることを期待させます。

SHIPS

ビジネスシーンにも強みのある、日本のセレクトショップの老舗です。服がわからない人はとりあえずここに行けばない、などと言われたりします。

50代男性にとってはこれまでもこれからも付き合っていくファッションの心強い味方と言えます。なぜならSHIPSの特徴はそのシンプルさだからです。きれいで、シンプルです。

また、デザインが全般にゆったり目だというのも、50代男性にとってはありがたいところです。シンプルだから着回しが楽というのもポイントです。

とってもリーズナブル、では当然ありませんが、おしゃれ感の高い着回しができることや外に出かけて受けがいいところも考えると、あちこちでプチプラファッションを集めるよりはるかに価値があります。

50代のおすすめファッションブランドレディス篇

50代女性のおすすめファッションブランド

自由区

50代女性におすすめするブランドは何といっても自由区でしょう。デパートのショップの前で立ち止まる女性をしばしば見かける、高級感ありながらも身近なブランドです。その点では今の流れを街に発信するポイントでもあります。

自由区のコンセプトは「HAPINESS WOMAN」、ファッションの提案はおしゃれな生活そのものの提案とも言えます。40代がターゲットと言いますが、自由区のファッションはデザインの落ち着いたものが多いうえに、年齢を重ねた女性の体形に優しい縫製になっています。50代以降の年代の女性にも十分こたえてくれるものがそろっています。

安心して着られる1着をもとめるには、おすすめのブランドです。

HIROKO KOSHINO

さらにこなれた遊び感をもとめていくなら、HIROKO KOSHINOはいかがでしょうか。コシノヒロコは、もう50年デザイナーとして活躍しています。今なお進化を続ける日本を代表するファッションデザイナーです。

デザイナーコシノヒロコそのひとのように、目を引く鮮やかさがあり、圧倒的な存在感を放つ服たちです。しかし強さと同時に軽やかで親しみも放っています。

50代女性が積んできた人生の時間は決して短くありません。スタンダードに収まり切らない味がにじみ出るもの、だれもがまとっているのとは違うファッションなら、HIROKO KOSHINOのデザインに託してみるとよいでしょう。

AMAKA

AMAKAは、30代後半から40代の大人の女性をターゲットに、豊かなスタンダードの提案をしています。質もよく、すっきりと落ち着いたデザインは評判も良いです。手の届くあこがれ、よりそってくれる豊かさという、現実的な50代女性の日常へも、ぴったりのアプローチです。

AMAKAは郊外型ファッションだけでなく、都市型のファッションも提案しています。2018年春には大人の上級ラインファッションのレーベル「AMACA COLLECTION」を立ち上げ、都市型のニューリッチ層に「どんなシーンでも恥じない質の良い着こなしを提案」するといいます。

上級も日常も、どちらのファッションも固めたい50代女性には、注目していきたいブランドです。

50代のおすすめファッション雑誌メンズ篇

LEON

50代男性でおしゃれを目指す、というだけで、十分あっぱれだということに気づきましょう。日本人男性はもっと「もてるおやじであること」をめざしていいはずです。

ファッションのかっこよさは自分で探して掘り当てるもの、その点、「LEON」は、強烈に意識にモテ要素を入れてくれます。はっきり狡いといえるそのかっこよさを、羨んでしまうなら自分をほめましょう。堂々と追いかけると、ファッションセンスは開発されていきます。

「LEON」をファッションのバイブルとしている人も多いです。ファッションだけでなく、遊びも旅行も、人生を楽しんでしまおうという男性のために是非お勧めの遊びゴコロ満載のマガジンです。

MEN'S EX

「MEN'S EX」では、できる男のスタンダードなファッション世界を見せてくれます。ビジネスシーンを中心に、世界を回している男たちがいつも身を包んでいるおしゃれとは何か、豊かに広く紹介しています。

自信ある50代男性なら余裕のあるスーツスタイルや一味違うアイテムは必須ですが、周囲に切磋琢磨するシチュエーションが必ずあるとは限りません。靴やベルトなどのファッションアイテム、ガジェットからビジネス、ライフスタイルに至るまで、MEN'S EXのチェックから進めるのが良いでしょう。

「大人のおしゃれは品と格」と言い切る同誌、表紙の人のインタビューとともに、毎回こだわりのある提案をしてくれます。

50代のおすすめのファッション雑誌レディス篇

ファッション誌は、年齢とともに文化との融合を深めた内容になっていきます。日々身にまとうファッションはそのまま生き方の表現です。

eclat

そんな50代女性におすすめのファッション雑誌は「eclat」です。ファッション誌は、若く見えることをすすめるばかりになりがちですが、「eclat」ならあるがままのおとななアラフィフライフスタイルを提案してくれます。

掲載されているコーディネイトは落ち着いたものが多く、高級感があります。それでいて日常にきちんと沿った、安心して参考にできる内容になっています。スタイリストの提案は人気が高いです。

また情報も、美容はもちろん、食の話お金の話となかなか幅広い、楽しめるものになっています。

ミセス

日本の婦人雑誌として時間を重ねているのは、「ミセス」「家庭画報」「婦人画報」の三誌です。上質な世界観を提供してくれるこれらの雑誌は、さまざまな感性や意識を基礎値として備える助けとなってくれます。その中でも「ミセス」は、きれいな写真と文章で上質のライフスタイルを提案して広い年齢の読者層から支持されています。

扱っているファッションは高級感のあるもの、上品で落ち着いたものを提案しています。理想的な家庭生活とその主人公がまとうファッションを自分の日々の参考やあこがれのラインとして毎号楽しみにしている読者が多いです。

毎日の暮らしを楽しむ五十代女性にとっても、内容充実の「ミセス」はおすすめです。

50代のおすすめファッション通販サイトメンズ篇

リーズナブルなファッション通販メンズ篇

biz front

ビジネスを中心に過ごしていくために、何をどう着ればおしゃれなのか、明確な提案でリードしてくれる通販サイトです。年代別のファッションコーディネイトのポイントについても丁寧に説明されていますから、ファッションに対して、あまり自信を持てない方、何を選んだらいいのかわからない、という方はぜひ参考にしてください。

内容として40代を扱っていますが、ファッションとはもっと自由に考えてよいものです。男性も女性も、年齢よりも生き方で似合うファッションはきまっていきます。男性ビジネスファッションは特に、上質であることを目指せば、ある地点からポイントは年齢ではなくなります。

安心なおしゃれでリーズナブル、おすすめのサイトです。

Info abso

普段使いの輸入物が、ここでは意外に手に入りやすいです。シンプルであること、楽に着まわせることがInfo abusoの特徴です。ベーシックな日常をかっこよく過ごす提案がなされています。コーディネイトのアイデアが豊富なのも、重要なポイントです。

50代になってもおしゃれ心は変わらないもの、それなのに何となく自信がなくなってくるということがあります。若くないからと、流行ファッションには目を向けられなくなってきます。

根拠のない自信のなさは、Info abusoで、しっかりアンテナを張って解消しましょう。50代のファッションがシンプルで楽しいものになってくると、他の世代もついてきます。おすすめの通販サイトです。

アプリでファッションゲットメンズ篇

UNIQLO

ファッション通販アプリといえば、よく知られているのはUNIQLOでしょう。ポイントゲットのゲームがあったり、店舗での在庫を確認できたり、リアルの買い物と連動させた展開になっています。

いつでもどこでも着られる、年齢層も幅広いファッションが売りのユニクロです、50代のメンズファッションについてもベーシックなラインからカジュアルなラインまで安定感のある供給をしてくれます。

ただ、ファッション通販アプリとして取り上げると、今一つ使い勝手がよくありません。重さや手間の面倒さがレビューで指摘されています。せっかくファッションが機動的に暮らしに絡んでくる可能性に満ちたツールです。ファッション通販アプリにはさらなる向上を期待しましょう。

BEST STYLE ME

BEST STYLE MEとは、スタイリストが直接ファッションアドバイスをしてくれるファッションコーディネートアプリです。何を着たらいいのかわからないという悩みに、専属のスタイリストが応えてくれます。

手持ちの服の写真に、サイズのデータ、好みのファッションを登録すると、提案がとどいてきます。ここでしっかり伝えることが重要です。

コーディネイトそのものに料金はかかりません。予算は2品9800円から、また靴も含めた5点セットで19800円からです。

ファッションについてあまり考える気持ちの余裕もなく、結局いつも同じような服になっている、ということはありませんか。コーディネイターの目線で選ばれた服は、自信をもって着ることができます。ファッションそのものへ気持ちも前向きになれておすすめです。

五十代のおすすめファッション通販サイトレディス篇

リーズナブルなファッション通販レディス篇

おしゃれについて研究熱心な女性をさらに進化させたのが現代のインターネット状況でしょう。最先端と常に自宅の端末でつながることができるなんて、前時代には考えることさえできませんでした。

もちろんショッピングに出かけて、ショップごとのコンセプトを楽しむのも素敵ですが、どうしても守備範囲が固まってきます。また、店によって置いていないものもたくさんあります。たまたまそのときにショップにおいてあって出会ったものにファッションが限定されるというのも残念なことです。

リアルなショッピングも楽しみながら世界のファッションに視野を広げたり、本当に欲しいものを探して自由に心に旅をさせたり、ネットのファッションを軽やかに楽しみましょう。通販なら、ほかの年齢層の人たちの動向も気楽にチェックして守備範囲に加えることもできます。

Do classe

「実年齢で輝く」ことをテーマとしてブランドです。ミドルエイジになると、どうしても人は自分の可能性をはばたかせにくくなってしまいます。でも、輝きたいという思いは変わらないもの、そういう大人のファッションを支えてくれる提案はありがたいです。

デザインにはナチュラルな華があります。思い切ったデザインには手が出ないけれど、少し羽を広げておしゃれを楽しんでみようかと思われる方にはとくにおすすめです。

また、何度でも、どんな理由でも返品が可能というのもうれしいです。通販では、実際に自分が着用した時にどういう感じになるのか今一つつかみにくいですから、このシステムはありがたいです。

価格帯については、やや高めです。

REAL CUBE

大人ファッション通販の人気サイト、「大人が満足できるオンラインセレクトショップ」と評判です。幅広い年齢層に向かって発信されていますが、五十代の女性の「大人かわいい」も満足させてくれる品ぞろえです。

また、生地や縫製など品質がよく、しかも価格もリーズナブルな設定です。ちょっとしたお出かけ着から日常を豊かにしてくれるベーシックウェアとデザインが豊富です。

通販ではしばしば配送が遅いなどのトラブルがありますが、REAL CUBEはその点も対応が早く評判が良いです。9の付く日は10倍になるポイントなど、魅力がたくさんありますから、50代女性にとって、お気に入りに追加しておきたい通販サイトといえるでしょう。

元町ゼラール

横浜元町発信、大人の遊び心とトレンドがキーワードとうたうブランドサイトです。中心になるのはカジュアルファッション、ベーシックで飽きの来ないデザインが特徴です。

品質へのこだわりがつよいのも、元町ゼラールが広く愛される理由でしょう。着てよく、扱いもしやすいものになっています。

元町ゼラールは、30代40代から50代と、シンプルなライフスタイルを追求する女性に魅力的な提案をしてくれます。カジュアルであっても高級感のないは年齢的にもつらいもの、元町ゼラールのデザインはその点おしゃれ感があり、しかもしっとりした落ち着きも持っています。

テレビ通販でもよく知られているブランドですが、公式通販からのショッピングのほうが価格が安くなり、お得です。

アプリでファッションゲットレディス篇

いまや50代女性にとっても、スマートフォンは生活に欠かせないものになりました。知りたいこと、手に入れたいことへモバイル端末から踏み出せる便利な日常は、いったん手に入ったらもう放せません。

大手の通販サイトがアプリ機能を付けて展開するようになってきています。探すことが日常のちょっとした時間にでき、より便利にショッピングできます。男性ファッションに比べて女性ファッションのほうが、ひろくアプリ展開を進めています。

ファッションのアンテナを鋭く張り巡らせている女性に、アプリはより近いといえるのでしょう。賢い直感的なショッピングはアプリで行うという流れは、若い女性だけでなく50代女性をももうとらえています。

iqon

ファッションを考えるといっても、コーディネイトに自信がない、という人が多いのではないでしょうか。どういう全体像なのか一目見ればわかるのに、イメージの中では簡単には描けません。

それを楽しませてくれるのがIQONです。自分がもっていないアイテム同士を合わせるなんてことが、簡単にできてしまいます。たくさんのファンが、自分でコーディネイトを投稿したり、投稿されたコーディネイトを楽しんだりしています。

アプリ内課金もありますが、基本的に無料で相当楽しめます。スムーズにショップサイトに行けますからストレスがありません。ショップに行けないほど忙しいのに、通販ではコーディネイトしてくれないし、なんて考えていた人にぴったりのすぐれたアプリです。

WEAR

毎日更新されるコーディネイトの数が半端ではありません。今どんなものが旬なのか、カテゴリーやブランドなど、検索のアンテナをたくさん持ってファッションを考えていく人にピッタリのアプリです。シーンに対応するファッション、アイテムに対応するファッションと、まさに多軸な展開です。

有名人も多数参加しています。洗練されたコーディネイトを見ることで、次に目指したいものや、今もっていないセンスの開拓につながります。自作のコーディネイトを保存したり、ユーザーで交換したりできるのもうれしいです。

コーディネイトを前提としたショッピングができるので、好きなものを好きなように買うことが可能、リーズナブルなファッションライフが送れます。

SHOPLIST

700万ダウンロードという数の多さ、レディス、メンズ、キッズとジャンルも広くたくさんの人が利用しているアプリです。

とてもシンプルな使いやすいアプリで、多くのブランドが参加しています。ショップを網羅した買い物ができるのがいいです。ネットは便利とは言うものの、やはりあちこちのサイトを行ったり来たりというのはストレスがかかります。画面を見れば一目瞭然、たくさんのファッションアイテムが比較できます。

そしてなにより、価格帯が低いことが大きなポイント、選びやすくなっています。え、こんな価格でいいの、という商品がずらり、ファストファッションなら、SHOPLISTアプリといってもいいでしょう。

送料無料で選ぶなど、賢い使い方ができます。

50代におすすめのファッションブログメンズ篇

おしゃれであることを胡散臭いものであると習ってきた世代の50代男性へアプローチするなら、ファッションは理論的なものであるという姿勢が最適です。納得いかないまま、日々のファッション生活を送ることはもうナンセンスだと、このブログを読んでいると思えてきます。

ショップの公式ブログもファッションの入り口を楽にしてくれます。求めよさらば与えられん、何となくこんなものどうでもいいじゃないかと思えるのは、真剣に考えることに憶病になっているでしょう。

雑誌やショップの店頭、仲間の口コミでかつての大人たちはファッションの地平をじりじり広げたものでしたが、今や、ネットが50代の男性ファッションの心強い味方です。

KNOWER MAG

メンズファッションについてどういう方向性をどう学んでいけばいいのか、謎に感じている人が多いのではないでしょうか。どの世界でも物理はあり、論理構造を持っているもの、ではファッションはどうでしょう。シーンごとに頭を抱えてしまうのは、構造がとらえにくいからです。

そこを支えてくれるのがKNOWLEDGE MAGです。メンズファッションを学ぶことはとても楽しいことなのだと教えてくれるおしゃれなブログです。大人の男性が出会うさまざまなシーンとファッションについての考察が深いです。

ファッションについて、何となく不安を感じている50代男性におすすめのブログです。KNOWLEDGE MAGの運営をしているMBさんは、雑誌の連載や著書もある有名なファッションアドバイザーです。

DRESS CODE.

とてもおしゃれで,見ていて気持ちの良いブログです。地に足の着いた日本の現在を素直に楽しんでいるという印象の、好感度の高いブログです。運営しているfukulowさんご自身もモデルとなって「好きなものを集めた」独自の世界観を提案しています。

文章もフォトも洗練されています。紹介しているのはファッションが中心ですが、カメラやガジェットと、ファッション世界にとどまらない守備範囲の広さを感じさせる構成になっています。ブログ運営の理念は、雑誌のようなブログを目指すということで、納得の内容になっています。

ファッションだけを突出して語ることよりも、ライフスタイルを通してひとつの表現を考えたい50代男性にもお勧めしたいブログです。

Dcollection

50代男性と一言に行っても、さまざまの表現のタイプがあります。そもそも日によってもありようは変わるわけでファッションについてもTPOに応じてさまざまな置き所を用意しておくとよいでしょう。

Dcollectionは決して個性が強いわけではありません。自分でありながら乗りのよい、周囲とも軽く合わせたい比較的若い男性に提案されているファッションです。ただ、そのような心性は年齢を重ねたからといって変わるものでもありません。

ファッションに対する興味を十分育てる環境になかった人もあるでしょう。今は、「わからない」が共有できるネット時代です。Dcollectionはサイトのコンテンツがとても豊かで、読んでいる間にメンズファッションのセンスがいつの間にか身にについてきます。

50代におすすめのファッションブログレディス篇

銀の滴降る降るまわりに...

コーディネート紹介ブログは読んで楽しいものですが、フォトなどがあまりにリアルだと日常の重さがそのまま感じられて気持ちが苦しくなる、ということがあります。等身大とは言うものの、日常を少し離れるのがファッションのよいところなのですから、その世界観は保ちたいです。

その点、「銀の滴降る降るまわりに...」というブログは、日常から少し離れたところに見るような雑誌感覚のビジュアルがいい感じです。ご自身モデルになっているillallanさんのフォトが美しいです。

コーディネイトで用いられているブランドにはユニクロやGuの名もあります。おしゃれでありながら賢いコーディネイトの提案をしてくれます。

50代になっても 洋服好き主婦のファッションブログ

こちらのブログは、雑誌感覚というよりエッセイのような感覚で読めます。日々をファッションとともに過ごしながらふと立ち止まって考える、そんな感じです。

どのブランドの製品を使ってのコーディネイトなのを生地で確かめることができます。いざ勝っても気持ちに沿わないということはしばしばあるもの、こういうブログで先に着てみた感覚をしるしてあると、読み手として助かります。

このブログを運営する霧香さんの服選択は、ブランドに縛られない自由なもの。かといって世界観を外すようなものはありません。

ブログの中でおすすめサイトをわかりやすく紹介していて、参考にしやすいです。ちなみに霧香さんは「買うなら通販」と言っています。

人生の本当の場所へ

自分のことばかり考えているようで、実は人はなかなか自分に考えを向けることができていないのではないでしょうか。ファッションの流行に流されまいとした日々も、だれよりも的確にそれをとらえようとした日々も、間違いなくあったはずです。

それでも、ちゃんと振り返ることができないのは、そもそもファッションというフィールドがおいそれと飛び越えられるようなサイズではなかったからといえるでしょう。

たかが服、されど服です。自分と社会との中間にあり、どちらからも浸食されるもの、リアルな生活からも目指したい人生のありようからも離れてはいないそのフィールドに改めて目を向けてみましょう。

50代になって人生について余裕をもって考えるようになったと気こそ、ファッションについて再び味わいなおす好機です。