Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】60年代のファッションコーデの特徴・通販・ブランド

Author nopic icon知木潤
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年10月08日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】60年代のファッションコーデの特徴・通販・ブランド

日本の60年代ファッションの特徴とは?

みなさんは、1960年代についてどんなイメージがありますか?オリンピックがあった、元気な時代だった、景気がよかった、レトロなイメージ、教科書で見た、オードリー・ヘプバーンやツィッギーが活躍した、ビートルズがかっこよかった。それに、ドラマの舞台になっていたこともあるので、見覚えがある方もいらっしゃるでしょう。

そしてなによりも、とてもおしゃれだったのです。現代にも影響を与えるだけのおしゃれなファッションがたくさんあったのも、この時代でした。ではさっそく、1960年代の日本のファッションの特徴についてみていきましょう。

ジーンズ

1960年代はじめ、アメリカ屋と呼ばれる米軍放出物を売る店が売りだしたジーンズを若い世代が履くようになり流行しました。そして、規制緩和によりジーンズの輸入がはじまります。製造工程で残ったままになっていた「のり」を一度洗ってから出荷するウォッシュ加工のジーンズが世界で初めて発売されました。岡山では国産ジーンズの生産が始まり、1967年にはデパートでも売られるようになります。

ジェームス・ディーンなどの映画のヒーローたちが反抗する若い世代の着る服というイメージで、反抗のシンボルとなっていきましたが、日本でも1960年代から70年代初めまでに起こったたくさんの政治的・文化的な出来事と結びついていきます。特に学生運動や公民権運動、政治的な抗議運動などに参加する人々はジーンズを履いていました。

シャーベット・トーン

1960年代初めの流行色に、シャーベット・トーンが挙げられます。シャーベット・トーンとは、文字通りシャーベットを連想させる淡い色のことを言います。

1962年、東レがこの色を果物になぞらえて、下着からコートまでこのシャーベット・トーンで統一したファッションを発売します。不二家のお菓子、東芝の家電製品など、他の業界も巻き込んでの共同キャンペーンの先駆けとなり、一大流行色となります。

ニットスーツ

1960年代、とりわけ1963年の日本ではニットが流行しました。あたたかいだけではなく、肌触りもよく機能性に優れるので、サマーニットなどもになりました。60年代以降も定番のファッションとして、すっかりおなじみです。

ミニスカート

1960年代のロンドン、若者文化やストリートファッションの発祥の地であるキングスロードのチェルシー地区がありますが、そこの地区のファッションを着こなすチェルシーガールと呼ばれる女性たちがいました。彼女たちのスタイルの中から自然と生まれたのが、ミニスカートです。したがって、特定の誰かやデザイナーの発明ではないという説もあります。

また別の考えによると、ミニスカートはマリー・クヮントが考案したというものもあります。

日本では1966年ごろから着実に広まりを見せ、翌1967年のツィッギー来日がきっかけで、60年代、大ブームのファッションとなりました。

ミリタリー・ルック

1966年、ベトナム戦争の激化と反戦運動が盛んになっていくなか、日本の若い人たちの間でも、アメリカ兵の軍服調のファッションが流行します。60年代にかけて、日本のエレキ・グループであるグループサウンズ(GSと略される)のメンバー、とくにザ・スパイダースも好んで着用しました。

モッズ・ルック

イギリスのロンドン生まれのファッションです。1960年代の日本でのファッションの特徴としては、長髪、マッシュルームカット、花柄シャツや水玉やカラフルな幅広ネクタイ、派手なストライプなど細身のスーツ、カラーとカフスが白のシャツ、股上の浅いスリムパンツ、サイドゴアブーツなど。

日本では、1966年にビートルズが来日した際、メンバーが着ていた格好が注目され若い世代に広がりました。60年代以降でものファッションです。

ヒッピー族

1960年代後半、アメリカで発生したのがヒッピー族と呼ばれる若者です。そのムーブメントの特徴は、自然・愛・平和・芸術を愛することと言われています。おもに自然回帰を唱え、伝統・制度などの既成概念、価値観に縛られた社会生活を否定することを信条とし、それがフリーセックス・同性婚などの権利、反戦運動などにつながりました。

1960年代における日本のヒッピーファッションの特徴は、長髪、ひげ、ジーンズ、ミニスカート、ブーツです。日本でも同調する若い世代が多く見られました。彼らはヴェトナム戦争をきっかけにあらわれ、反権力的な態度をとり、反戦を唱えました。