Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】80年代のファッションコーデの特徴・通販・ブランド

Small 883d1efb 5825 4dda a441 eb63144387beheather
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年09月30日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】80年代のファッションコーデの特徴・通販・ブランド

80年代で忘れることができないのは、何と言ってもこの映画でしょう。back to the futureは、物語や映像も高く評価され現在見ても全く古さがなく楽しむことができるのが魅力です。

マーティーは、いつものように高校へ遅刻して、スケボーで学校へと急ぎます。この映画を見てスケボーやファッションに影響を受けた人は間違いなくたくさんいると思います。中でも80年代に撮影されてたシリーズ1作目は、大でした。

ファッションの視点から見ても、80年代に流行った先の細いハイウエストジーンズやシャツインスタイル、派手なカラーのファッションなど80年代のファッションの流行もきちんと、80年代好きにはたまらない映画でしょう。

物語のあらすじは、1985年のアメリカで主人公マーティは誕生日に友人で発明家のドクに呼ばれるところから始まります。ドクはデロリアンという車を開発したと説明します。デロリアンは車型のタイムマシンで、指定した日付けをセットしてなんと未来へとタイムワープできると言うのです。

ですがその後ドクはプルトニウムを過激派を騙して手に入れていたため過激派に襲撃を喰らいます。そこでドクは銃弾に倒れてしまいます。マーティは間一髪のところで、デロリアンを運転して逃げることができましたが、マーティは自分が生まれる前の1955年にタイムワープしてます。

そこでどうにかして未来に戻るため過去のドクに会いに行き、その間に若い時の両親にあってしまいます。マーティンが過去にタイムスリップしたことにより、未来が変わり始めてしまいました。母親は、マーティンに恋をしてしまいます。そうなると未来でマーティンは生まれなくなってしまいます。マーティンは未来に戻ることができるのでしょうか。

ストーリーもとてもよく目が話せないでしょう。音楽も80年代を代表するようなものを使用しているため、80年代を知るためには最適の映画さといえるでしょう。

フルハウス

フルハウスは、80年代にアメリカで製作されたシチュエーション・コメディです。お話は、妻を事故で亡くした男性が、男友達とともに4姉妹を育てていくというヒューマンコメディです。日本でも90年代にNHKで再放送され知っている人も多いかと思います。

血が繋がっていなくても、家族の偉大さと、家族の愛おしさをハプニングや事件をみんなで解決していく姿をコメディで表現したヒューマンドラマとして大を博しました。登場人物たちのファッションにも大注目です。特に女の子たちの色使いや、ヘアスタイル、ファッションは80年代に流行したティーンファッションそのものです。

ワイルドスタイル

スケーターには見逃せないファッションポイントが満載の映画がこちらです。ワイルド・スタイルには、サウス・ブロンクスにて誕生した“ヒップホップ”のその初期の形を作り上げた本物のラッパー、DJ、ダンサー、そしてグラフィティライターが多数出演していることでファッションに関心のある人にはレジェンド的映画でしょう。

グラフィティーに明け暮れる若者や、自分の気持ちをラップで表現するわかもの文化を魅力的に描いています。80年代初期の生々しいブロンクスの空気感の中行きた文化をそのまま映像にしたような、歴史的記録物としても非常に重要な映画だと言われています。80年代のスケーター文化の好きな人たちにはぜひ見て欲しい映画になっています。

80年代は素晴らしい

いかがでしたでしょうか。80年代のファッションから文化はとても多岐にわたり多くのサブカルチャーちゃポップカルチャーに影響を与えていることがわかりました。

みなさんが知っているスケートファッションやヒップホップ、ポップカルチャーや映画にインスピレーションになるような文化がたくさんあるのは80年代があったからかもしれません。みなさんの好きな80年代の文化や映画ファッションは見つかりましたでしょうか。80年代のファッションが好きな方も、これから勉強したい人も参考にして見てください。