Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ/レディース別】登山の時のファッションコーディネート

Small bd48c549 cc8d 4ae0 8ec4 4445a28b8b36
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年10月31日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【メンズ/レディース別】登山の時のファッションコーディネート

今登山が!メンズやレディース、どんなファッションで登る?

昨今、登山が若いメンズやレディースにも似煮を集めています。山ガールという言葉が生まれたのもひと昔前で、ファッションで緩やかな自然の素材をミックスしたファッションがでした。その名残か登山が今注目されています。メンズやレディースにもの登山では、どのようなファッションが似合うのでしょうか。

春の登山ではどんなファッションで登れば快適?

春の登山は、登るにつれ気温差が激しくなります。そのため、春の登山ファッションが気になります。登山する上で気を付けるファッションは、メンズ・レディース共にあるのでしょうか。

メンズ・レディース共に春登山で言える春ファッションは、重ね着です。薄手のものを重ね着して汗の対策をします。気温差が激しい春の登山ファッションでは、汗をスピーディに吸ってくれるインナーが必要です。

メンズなら、中にチェックなどのシャツを着るのも良いでしょう。厚手シャツでなくても構いません。アウターを用意しておけば、春用シャツでも良いです。登山ファッションとして似合う自分のシャツを選んでみましょう。

さらに、その上に気温の低い際保温する着衣が良いでしょう。最後に、アウターとして雨や雪から体を防寒してくれるものがです。

ボトムスは、サポートタイツを履いてパンツを組み合わせるのが春登山のファッションの基本です。登りやすいよう足もサポートしてくれます。

有数スのシャツはキュートで派手なものでもOK!

レディースは、サポートタイツに短パンでもファッションとして可愛いです。靴は、必ずトレッキングシューズで登ることが大前提です。レディースのファッションとして可愛らしいのは、やはり有数スのシャツをキュートなものにすることです。

数多くのシャツが販売されていますから、その中からシャツを選ぶ、もしくはロンTを選ぶと良いでしょう。

忘れてならないのが水筒です。春夏秋冬、寒くても水筒は必ず必要ですから、水筒は必需品アイテムの1つとして忘れないようにしましょう。

夏の登山は意外に暑い?どんなファッションが好ましいのか

夏登山は、最も軽装で良いファッションで済みます。何しろ汗をかく気温で登るので、逆に厚着をすると汗で標高の高い所では冷えてしまいます。

ただ、日焼け止め対策としてレディースの場合は、アームカバーや帽子などがあると良いでしょう。メンズでも帽子を日よけにかぶっている人も多いです。

また、必要ないかもと考えていてもレインパーカーは、1つ持っていく方が良いでしょう。山の気候は変わりやすいですし、予備としてフリースや雨具は持っていきましょう。

ただ、標高の高い山に登るなら基本長袖と長ズボンでしょう。最近のメンズでは、ロンTに半袖Tシャツを合わせたメンズも増えました。紫外線対策にもなりますし、オシャレなファッションスタイルです。

山ガールの場合は、夏ならスカートファッションでも良いですが、その場合でもサポートタイツは忘れずには着ましょう。夏だからと言って油断は禁物です。

登山と言えば秋!気候も良い秋の登山ファッションを教えて!

紅葉の季節の秋は、登山にはぴったりの季節です。赤いもみじを見ながら歩く登山は、大変気持ちが良いです。時折吹いてくる心地よい涼しい風がなんとも爽やかに感じます。そのような秋に向けた登山ファッションで最も旬なファッションとは一体どのようなものでしょうか。

秋登山ファッションは、9月後半になると標高が高い山だと冬だと考えて良いでしょう。そのため、日中は温かくても朝晩にはかなり冷えることを想定しておくべきです。

有数スは長袖、パンツは厚手の登山やストッキング用の長ズボンがです。ストレッチ性のあるナイロンやポリエステルなどの素材の生地が良いでしょう。

インナーとして着るなら、若干厚手のウール入りのものが良いです。汗で冷えないような速乾性のあるインナーを選びましょう。オールシーズン使うことができるインナーも着まわすことができるので重宝します。

スカートデビューもそろそろ、でも防寒着はしっかりと

レディースは、夏の延長線上でスカートを履くことも可能です。その場合も、必ずサポートタイツを履くことが必要です。最近では、柄の入ったサポートタイツも多く販売されているので、オシャレな登山ファッションを楽しむことができます。

メンズの場合は、秋には標高の差で寒くなることもあるので、やはりフリースは必要です。保温力を保つようにしましょう。レディース・メンズ共に防風性に優れたアウターを着ていくことが必要です。

寒い冬にチャレンジ!冬登山のファッションは防寒重視で

「気温が寒い冬なのに、どうしても登山に行きたい」そう思うメンズやレディースもいるでしょう。それほど登山は今で、はまってしまっている人ははまっています。そのようなメンズやレディースは、冬山登山にもチャレンジしたいと感じています。しかし、冬山と言えばかなりの防寒が必要です。どんな登山ファッションが適しているのでしょうか。

まず、インナーはメンズもレディースも、麺素材のものを選ぶようにしましょう。登山をしていると、冬でも時間をかけて歩いているとやはり汗ばみます。そのため、汗をかいても速乾性のあるものを選びましょう。

耳を隠せるアイテム、首を温めるアイテム

そして、こちらも同じく耳を隠せるものが便利です。耳が冷たくなるとどうしても寒く感じます。メンズ、レディース共にニット帽や耳当てなどを準備すると良いでしょう。レディースなら、耳当てにファーのついた愛らしいアイテムもあるので活用すると良いです。

ネックウォーマーやマフラーも必要です。首回りを隠すのに最適です。ネックウォーマーは首に巻き付けるだけなので便利ですし、マフラーも巻き方によってはコンパクトになります。

服登山に必須の服装でオシャレ感を出すには?

服装は長袖シャツが基本です。その上にアウターを羽織ります。フリースなどが軽く、温かくて便利でしょう。シャツタイプやジャケットタイプなど、フリース素材でできた防寒着も多くありますから好みで手に入れましょう。

レディースなら、その上からダウンベストを羽織っている人も多いです。冬場は、ベストの色合いでファッションを楽しむレディースも大勢います。

また、レディースでやはり可愛い恰好で冬登山を楽しみたいと思う人は、ショートパンツやスカートにレッグウォーマーという格好をするレディースも多いです。レッグウォーマーは種類も多いので個性も出ますし、オシャレをより楽しめます。メンズの場合は、長ズボンが基本です。保温タイツの上から長ズボンというスタイルが定番です。

登山デビュー!ファッションブランドは?