Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ/レディース別】ファッションの種類・テイスト

Author nopic icon24773
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年09月26日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【メンズ/レディース別】ファッションの種類・テイスト

ファッションの柄ってどんなものがある?

ファッションの柄は多様に種類があり、色や形を組み合わせると数え切れないほどのタイプがあります。用途によって使い分けたり組み合わせたりすることによってファッションの幅も広がり、毎日のコーディネートも楽しくなります。

ストライプ・ボーダー

普段のファッションに一番取り入れやすいのは、ボーダーやストライプのようなシンプルな種類でしょう。カジュアルに着こなす事もフェミニンな印象を与える事もできるので、非常に使い勝手が良いのが特徴です。組み合わせによってはスタイルを良く見せる効果もあるので、コンプレックスを隠す事も可能になります。

チェック

一言でチェックと言ってもその種類は数多くあり、ファッションに取り入れるには悩んでしまう事が多いです。タータンチェック・ギンガムチェック・ハーリキンチェック・千鳥格子・アーガイルチェックなど、デザイナーによって毎年沢山のチェックが作られています。気になる模様をリストアップしてファッションチェックすると、迷わずチェック模様を探す事ができます。

緻密な模様が描かれたもの

モノグラム・アラベスク・ペイズリーのように、緻密な模様が描かれた柄には言い尽くせないほどの種類があります。季節や用途によって使用を分けると良いでしょう。冬の寒い日にはノルディック柄を、猛暑日にはインドの伝統模様の使用を分けていくと、自身の持つ柄の可能性も広がっていきます。

生地の種類はどんなものがある?

生地の種類は気温や流行などを気にしながら選ぶのがお勧めです。寒い日にポリウレタンの服を着たり、暑い日にニットを着用してしまうと気温から身を守れない上に見た目もちぐはぐになります。

寒い日にはカシミヤ・ウール・ニット・アンゴラなどの動物性由来を中心とした生地がお勧めです。逆に暑い日にはコットン・リネン・シルクを選び、涼しく快適な日を送れるようにしましょう。服を選ぶ際、タグなどを見てまず生地を確認するようにしてください。

ファッションは難しいけど面白い!

ファッションは一言では言い尽くせないほどの種類やスタイルがあり、困惑する方も多いでしょう。自分に似合う服が見つからなくて、洋服代がかさむ人もいます。しかしその迷宮のような世界が逆に魅力的なのです。

答えの出ない問題と同様に、ファッションには完成や正解がありません。常に流行は変わり、新しい発見や過去の流行の復活する事が目に見えてわかるように、ファッションの世界は目まぐるしく変わっていきます。

非常に難しい世界ですが、その難しさを面白いと捉える事ができればファッションを楽しむ事ができます。毎日身につけるものを考えるのは苦しいですが、その苦しさも楽しみと捉え、毎日のファッションを決めてみましょう。