Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ/レディース別】フェスファッション|野外/春/夏

Small b29d6c37 bb66 4316 8655 0d9515f9be54chami
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年10月14日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【メンズ/レディース別】フェスファッション|野外/春/夏

音楽フェスでもオシャレしたい♩フェスファッション(メンズ&レディース)

季節を問わず、年中行われている音楽フェス。今年音楽フェスに初めて参加された方も、毎年の恒例行事に参加している方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで毎回悩むのは、フェスでのファッション。せっかく音楽を楽しむならファッションだって楽しみたい、そんな方に音楽フェスファッションをご紹介します。

初めてフェスに参加する方へ まずは基本の音楽フェスファッションから

日差しが強い野外で行われたり、山に登ってライブを見たり、涼しい屋内で行われたり、参加するフェスによって環境も変わってきます。どんなフェスに参加するにしても一番大切なのは、動きやすい服装。

ヒールのある靴やクッション性の少ないサンダルは、長時間立ちっぱなしのフェスでは避けた方が良いです。

フェス初心者の方は、Tシャツにショートパンツ&レギンス、パーカーやジャケットなどの防寒着、歩きやすいスニーカーを押さえておけば、間違い無いでしょう。一日中歩き回るので、おろしたての新品ではなくある程度履き慣れたスニーカーで行くのがです。

春フェスのファッション♫

フェスといえば夏の野外で行われるイメージが強いですが、最近ではARABAKI ROCK FESTIVALや METROCKなど、ゴールデンウィークに行われるフェスも増えています。

昼間は日差しもあり半袖で十分ですが、夕方になり日差しがなくなるとまだまだ寒いこの季節。そこでなのは、長袖のナイロンパーカーです。これがあれば日差しが強い時の日除けにも使え、肌寒い時の防寒対策としても役に立ちます。

フェスファッションでは、派手な柄のファッションアイテムがとても目立って可愛いです。エスニックなファッションをしている人も、多く参加されています。普段あまり着ない色使いのアイテムにチャレンジして、気分を上げていきましょう。

野外フェスでのファッション♫

野外フェスといえば、代表格のFUJIROCK FESTIVALなどアウトドア系フェスが多いです。見たいステージのためにステージ間を歩き回ったり、山道を登ったり、音楽に合わせて踊ったり、フェスご飯を食べたりと一日中体を動かすので、体の疲れを最小限に抑えるために、ファッションにも機能性を取り入れたいところです。

山でのフェスでは雨の心配もあるので、足元はレインブーツがです。レインブーツは野鳥の会のレインブーツ。使わない時は折りたためてリュックに収納できる優れもの。長さも変えることができカラーバリエーションもあるので、男女問わずです。レインブーツに合わせて、ショートパンツ・ハーフパンツを格好良く着こなしましょう。

夏フェスのファッション♫

フェスが一番盛り上がる季節といえば夏というほど、毎週末日本各地で開催されている夏フェス。最近では都市型のフェスも増えており、ファッションもさらに気合を入れたいところ。とにかく暑さ対策が必要な夏のフェスでは、サングラスもしくは帽子を持って行った方が良いです。動き回るので、ボトムスはショートパンツ・ハーフパンツがです。

秋フェスのファッション

日中でも少し肌寒くなる秋フェスシーズンは、防寒対策をしっかりしていきましょう。ナイロンジャケットの下に薄手のパーカーや長袖シャツをはおったり、レギンスも少し厚めのものを選ぶなど、動きやすく寒さにも対応できます。アースカラーを取り入れて、フェスファッションも秋カラーに仕上げると、春フェスとのファッションの差がついてとてもオシャレに仕上がります。

冬フェスのファッション