Search

検索したいワードを入力してください

メンズの春ファッションコーデ|高校生/20代/30代

Author nopic iconjunrun
カテゴリ:メンズファッション

初回公開日:2017年11月26日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年11月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メンズの春ファッションコーデ|高校生/20代/30代

おしゃれしたい高校生・大学生のメンズは、春にテーラードジャケットを上手に利用できます。テーラードジャケットは、着回しが効き、コスパが高いアイテムのため、もっておくと非常に便利です。

メンズ春ファッションの着こなし方としては、インナーにシャツを合わせます。外し方が難しく感じるなら、白のシャツかチェックシャツを無難に合わせることができます。大き目のテーラードジャケットは、サイジングに技術が必要になってくるため、ジャストサイズを選ぶのがべストです。

ボトムはメンズキレイ目に寄せて合わせるより、あえてのダメージデニムにします。この淡いブルーが実は春をイメージさせる良い色味となり、ファッションをかざってくれます。

ライトブルーのメンズデニムに合わせるように、マリーンを意識したトートバックをもつことでおしゃれ感を倍増させることができます。

学生はコスパを考えて、上手に古着ミックスのジャケットメンズスタイルで春を楽しめます。

20代

20代のメンズ春ファッションは、少し遊び心を残しつつ、綺麗に着こなすファッションで女子受けを考えるのがベストです。

遊び心は、ミリタリーテイストのジップアップジャケットで取り入れることができます。今もなお流行っているタイトなMA-1でもいいですが、ジャストサイズから少し緩めのジップアップミリタリージャケットが生地も薄く、春感を演出してくれるアイテムとなります。

インナーには爽やかなチェックシャツを合わせて、パンツには、オフホワイトを合わせます。裾をロールアップするとよりおしゃれに見えます。もとから九分丈をチョイスするのもオッケーです。

靴は、白のスニーカーでは全体のファッションのイメージがぼけてしまうため、黒のローファーなどを合わせて少しファッションを締めてあげることができます。

ファッションアイテムとして使うことができるのが、ちょいみせのベルトです。このアイテムの色味でも春を感じさせることが可能です。

30代

こぎれいに見せるメンズ30代もいいですが、少し遊び心があるファッションスタイルに挑戦するのも春の醍醐味です。

そこで、提唱したいメンズ春30代ファッションは、アメカジテイストミックスです。赤をベースにしたタータンチェックのネルシャツに、スキニーのデニムを合わせます。シューズには、レザーのマウンテンシューズを合わせます。

これで、機能性もあり、どこまででも歩ける、しかもおしゃれに見えるメンズスタイルが完成です。バックパックや、ベースボールキャップなどのアイテムをプラスすることで少しかわいさも出すことができます。

これは、この歳だからできるスタイルであり、20代でやると子供っぽくなりすぎてしまいます。注意したい点は全体のサイジングです。すべてジャストサイズで合わせるのが、おしゃれ上級者です。

40代

実年齢より若く、さわやかに見せたい40代メンズは、春にジャケットスタイルでトータルコーディネイトします。

ネイビーのジャケットを選びます。これは春っぽさをインナーにだすためです。あえてのネイビーでファッション全体をしめる狙いがあります。サイズもピッタピタはいやらしく感じるため、ジャスト過ぎないサイズを選びます。

インナーにはライトブルーのシャツで春らしさを全開にします。若いころはボタンを一番上まで閉めますが、この歳になると、一番上を開けておくのがベストです。パンツは大人の色気を出して白パンツを持ってきます。

スニーカーでも、レザーシューズでもばっちり合いますが、デッキシューズの色味の入ったものを選ぶことで、メンズ春ファッションに色味をプラスできます。

50代

渋さが出てくる50代ですが、春のファッションアイテムに、白シャツを取り入れることができます。若い子はカラー付きシャツを選びますが、渋さを狙うなら、ノーカラーもしくはスタンドカラーで決まりです。

サイジングも無理のないジャストサイズからワンサイズアップ位をチョイスします。上に羽織るのはジャケットよりも、ジップアップパーカーです。機能性も高く楽ですし、外しの効果も抜群です。ライトグレーを選ぶことで全体のファッションが重くなりすぎません。

パンツは濃いめのデニムでもいいですし、ネイビーの綿パンでもオッケーです。有数スに合わせてジャストサイズを選びます。足元には、歩きやすく機能性が高いスニーカーを持ってきます。このスタイルであれば、レザーシューズよりもスニーカーです。

低身長なメンズに春ファッション

低身長でも背を高く見せる方法があります。それは、縦長のシルエットにすることです。

縦に長く見せる方法の一つが、サイズの大きいものを着用せずにジャストサイズでファッションを統一する方法です。

有数スには、カットソーをきて、その上にブルーのブロックチェックシャツを着用します。ブルーが春の色味のアクセントになってくれます。ブルー系で統一させるために、ボトムはライトブルーのダメージデニムをチョイスし、シューズはスリッポンを合わせます。

サイジングを注意して選びさえすれば、背の低さはそこまで気になりません。胸にかけたサングラスも実は、縦長シルエットに一役買っているアイテムになります。

有数ス

春に着こなしたいアウターアイテムの一つに、チェスターコートがあります。これが、背の低い人にはぴったりのメンズファッションアイテムになります。

どうしてかというと、縦長のシルエットを作り出してくれるからです。着丈の長いチェスターコートを着ることで身長が高く見えます。ここでもサイジングが命です。流行っているからと、大き目のコートを着ると、完全に借り物感が出てしまいます。

そこで、ジャストサイズのコートがベストです。パンツにはスキニーを持ってきます。実は、スキニーも背の低い人にこそ似合うアイテムと言えます。

ここでスリッポンなどのぺったんこ靴ではなく、ニューバランスなどのボリュームのあるスニーカーを選ぶことで、背が高く見えるファッションの完成です。

ボトム

スタンカラーコートも春のメンズファッションに活躍するアウターです。特に低身長メンズに似合います。ベージュを選ぶことでより一層春らしくなります。

インナーには、カットソーの重ね着をします。こうすることで、長さのバランスがとれ、背が高く見える効果を生み出します。ポイントは、パンツです。大きく見せるなら、少しワンサイズアップのパンツと考え勝ちですが、実際はそれが罠になります。

正解は、スキニーか、ジャストサイズのパンツです。どうしてかというと、きちっとしたサイズを選ぶことにより、全体に細く見える、人間の目は細く見えると長く見えるようにできています。面長の人が思ったより背が高く見えるのと同じです。

ですから、春のメンズファッションに、低身長であればブラックスキニーを合わせることができます。靴は可能であれば、少しでも高くなるヒールがあるものがベストです。

モテるメンズの春ファッション