Search

検索したいワードを入力してください

孤独な人の特徴|人生/恋愛/オーラ/仕事/好きなもの

Small 3e28c115 08f3 4683 accb 5aa74e855657沙月
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年10月10日

更新日:2020年01月31日

記載されている内容は2017年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

孤独な人の特徴|人生/恋愛/オーラ/仕事/好きなもの

孤独な人とはどんな人?

あなたの周りに孤独な人はいますか。飲み会や合コンに誘われても断り、友達や恋人も作らず、常に一人で行動している人を見て、「一人で寂しくないのだろうか」と、疑問に思う人も多いでしょう。

一般的に、交友関係は広い方が様々な人と交流することができ、様々な楽しみが増える、と言われています。しかし、孤独な人の中には自ら進んで孤独になることを選ぶ人もおり、「寂しい人」というイメージとは違った、意外な特徴を持っている人もいます。

今回は、孤独な人の特徴と心理をご紹介します。

孤独な人の特徴

具体的に孤独な人はどのような人なのでしょうか。孤独な人の特徴を詳しくまとめてみました。

積極的になれない

孤独な人の特徴として、自分から積極的になれない、ということが挙げられます。自分から話しかけたり、挨拶をしたり、何か提案をするなど、自分から行動を起こすのが苦手な人が多く、常に相手から話しかけてくるのを待っていたり、意見を求められたときのみ発言をする、という受け身の状態になっている傾向があります。

自分から集団の輪の中に入って行ったり、積極的に人と仲良くなろうという姿勢がないため、孤独になってしまうのです。

自分のペースを乱されたくない

自分のペースを乱されたくないと思う人も、孤独な人に多い特徴の一つです。

近年、一人で楽しめる娯楽や、一人で入れる飲食店が増え、自分のペースで行動できる範囲が広がっています。そのため、無理をして人と一緒に行動する必要が少なくなり、一人で行動する比重が多くなるのです。

本人にとっては一人でいる方が楽なため、周りから孤独な人と思われても気に留めることはありません。

成功している人

一般的に孤独な人は、「一人で寂しそう」「暗い人」などというイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、社会的に成功している人は孤独な人が多い、という意外な特徴もあります。

成功者が孤独なのは、社会的な地位が上がるにつれ、同じ境遇の人が少なくなり、悩みを話す相手が少なくなるから、という理由が挙げられます。また、重要な決断をするときなど、熟考して考えをまとめる時間が必要な場面が出てきます。そのような時期には、周りから離れて自分一人の時間を取り、考えをまとめます。

人と交流することの重要性と、様々な意見に耳を傾けることの重要性も理解しています。しかし、様々な意見をまとめてじっくり考察する時間も重視しているため、意思決定するときには、あえて人から離れて考えを巡らせるのです。

他人に優しくできる

孤独な人は、一人でいることの辛さや大変さを理解しているため、他人に優しく接することができる、という特徴を持っています。

一人で意思決定したり、何かを作り上げるのはとても大変な作業です。一人でいることの大変さを理解しているので、他人に何かしてもらったときに感謝することができ、相手が大変な状況にいるときに気遣うことができるのです。

孤独な人の心理的な特徴

孤独な人は意図的に人と接することを避ける傾向があります。そのため、「何を考えているのかわからない」「つかみどころのない人」、と捉えられることもあり、接し方がわからないと困惑する人も多くいます。

では、孤独な人の心理的な特徴とはどのようなものなのでしょうか。

傷つきたくない

孤独な人は、過去に人間関係で嫌な思いをしたことがある、という特徴を持つ人が多くいます。

子供の頃から人と交流することが苦手で、引っ込み思案な性格だと、自分の気持ちを上手く伝えることができない傾向があります。そのため、他人に誤解されたり、意見がぶつかったときに上手く自分の気持ちを伝えられないので、嫌な思いをしてしまうのです。

人と本音で話し合う楽しさよりも、煩わしさの方が勝ってしまっているので、「嫌な思いをするより、一人でいた方が楽」という理由から、孤独になることを選ぶのです。

他人に見られたくない

他人から注目されたくない、という人も、孤独な人に多い特徴の一つです。

他人の目を非常に気にするタイプで、少し変わった趣味を持つ人や、周りと違ったものが好きな人に、このような心理が強く働く傾向があります。

人前にいると、「ダメだと思われているんじゃないだろうか」「見下されているのかも」という恐怖感が先行してしまうので、自分の好きなことを楽しめなくなってしまいます。人の目を避けるように行動するので、孤独な人になるのです。

集中したい

作業に没頭したいときや、自分の考えをまとめたいときなどに、あえて孤独になる人もいます。

集中して作業をしているときに話しかけられたり、大きな物音や話し声が聞こえてくると、集中力が途切れてしまい、作業が進まなくなってしまうからです。極端なケースだと、人のいる気配だけでも気になって集中できない、という話も少なくありません。

人の気配がない空間で、集中して作業を進める方がより良いパフォーマンス性を発揮できることを自覚しているため、あえて孤独になるのです。

孤独な人の恋愛の特徴