Search

検索したいワードを入力してください

猫顔の特徴・猫顔と犬顔の特徴の違い・整形の猫顔の特徴

Author nopic iconuwell
カテゴリ:メイク・コスメ

初回公開日:2017年10月25日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

猫顔の特徴・猫顔と犬顔の特徴の違い・整形の猫顔の特徴

猫顔に向けた整形は、猫顔の特徴を得るために構成された整形プランで行われます。目であれば白目と黒目をハッキリさせるために目を開く手術を施し、口角や鼻の形を変えたり、顎やエラを削ったりするでしょう。眉毛は整形ではなく、タトゥーメイクでする人が多いです。目元を整形する人が多いため、よくよく見て整形してない人と比べると見分けがつくでしょう。

世界には、猫の顔になろうと整形した人もいます。その名もジョセイン・ヴィルデンシュタインさんで、彼女は整形によってジャングルの猫(ライオンと推測されます)の顔を手に入れようとしました。きっかけはかつての恋人で、その彼がジャングルの猫が好きだったため整形して顔を近づけたと言います。ジョセインさんの話は極端ですが、そういった猫顔と整形の事情もあるという話です。

猫顔が似合う髪型って?

猫顔だから似合う髪型というのは一概には言えませんが、猫顔に見られたい場合にな髪型や、猫顔の人がより猫顔の特徴に近づけるための髪型をお伝えします。

ショートボブ

近年流行りのショートボブ、といってもいろんな髪型があります。猫顔の人や猫顔に見せたい人がショートボブにする時には、前髪がちゃんとある髪型が良いでしょう。猫顔の特徴として額が狭いといったことも言われているため、額を隠すことで猫顔に近づくことでしょう。

ショートボブに合う服装

猫顔のショートボブは、小悪魔的な印象を与えることが多いとされます。そのため、大人っぽくも動きやすい感じの服装が合うでしょう。また、髪色にもよりますが黒っぽい色の方が猫のイメージに似合います。

ロング

エラが張ってることや小顔に見せたい場合は、ロングが向きます。ロングと言ってもいろいろありますが、エラ部分を髪が隠すようなタイプが良いでしょう。猫顔のクールなイメージからして、ストレートロングが選ばれることが多いです。

ロングに合う服装

猫顔のロングヘアでは黒髪にした場合、ロック・メタル・パンク系の音楽を思わせる服装も似合います。締まった感じで攻撃的な印象を与えながらも、ロングヘアとメイクによって女性らしさを演出すると魅力的になります。

セミロング

ロングと同じく、エラを隠したい場合や小顔に見せたい人向きの髪型です。セミロングはいろいろとアレンジがきく長さなので、猫顔に近づけたいことや小顔に見せたいことなどを美容師さんに伝えると合ったものを考えてくれるでしょう。

セミロングに合う服装

猫顔のセミロングには、フェミニンな感じも似合うでしょう。髪色はオレンジ色やピンク色混じりのブラウン系で女性的な色にすると、フェミニンな服装と合います。あくまで似合うであろう服装のご紹介なので、いずれの髪の長さや髪型でも自分が好きなファッションと上手く組み合わせてみると良いでしょう。

猫顔になれるアプリはある?

猫顔メイクを施せるアプリ、猫顔なのか犬顔なのか診断できるアプリ、動物としての猫の顔になれるアプリなどいろいろあります。

YouCam Makeup(メイクできるアプリ)

このアプリは、じぶんの顔を撮った画像にメイクを施せるアプリです。じぶんでメイク施していくため、猫顔メイクの特徴を把握していれば画像に写るじぶんの顔を猫顔メイク顔にすることができます。いろんなメイクが施せるため、じぶんに合ったメイクを探したい時にもです。

イヌジョネコジョ診断(犬顔か猫顔かを診断できるアプリ)

このアプリは猫顔になれるわけではなく、じぶんの顔が猫顔か犬顔かを診断してくれます。じぶん1人が写った画像を送信するだけで、猫顔か犬顔か・猫顔だったらどの種類か・犬顔だったらどの犬種かを診断してくれます。その種類に合ったメイク方法も教えてくれますが、なによりネタになる面白系アプリです。

SNOW(動物の顔になれるアプリ)

このアプリはとても有名ですが、顔立ちとしての猫顔になれるのではなく、リアルな動物の顔立ちがじぶんの顔に施されるアプリです。猫や犬の他にもいろいろな動物があるので、楽しめます。

猫顔だからということはないが好まれる特徴を持っている!