Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】靴の寿命|スニーカー/パンプス/スキー用/サラリーマン

Small 1e333e0c 09ba 4614 8b7a fdff174934dc石田こよみ
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年10月09日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【種類別】靴の寿命|スニーカー/パンプス/スキー用/サラリーマン

靴の寿命を縮める原因

靴にとって寿命を縮めるのは、汚れと水分の放置です。特に毎日同じ靴を履いていると、吸い込んだ汗が蒸発しないうちにまた履くことを繰り返すため、寿命が短くなってしまいます。

また小さな汚れでも、放置しておくと傷になり、そこからひび割れや劣化が起こります。スケートシューズやスキー用靴などは、本体の劣化から靴が破損し、怪我につながることがありますので、小さな傷や汚れは早急に処置する必要があります。

靴の寿命を延ばすには?

靴の寿命を延ばすには、湿気と汚れから靴を守ることが必要です。まず同じ靴を連続して履かないよう、1日履いた後は2日か3日は靴を休ませるようにしましょう。脱いだ靴は新聞紙の上に置き、靴の中に湿気取りを入れましょう。

また靴の形を崩さないことも大切です。かかとを踏むことのないよう、靴べらを使って履くことが大切です。さらに歩く時に靴で地面を擦らないよう、正しい姿勢で歩くことも靴を長持ちさせます。

靴の寿命を延ばすために買った時にしておきたいこと

靴を長持ちさせるため、撥水スプレーをかけ、雨などが吸い込まないようにしておくことが必要です。さらにシューキーパーを入れ、形を整えることも新品の時からおこなうようにしましょう。

革靴の場合、新品であっても、シュークリームの油が飛んでいることもあるため、購入してからクリームを塗って手入れをしておくと革に栄養が行き渡ります。

寿命を知って足を守ろう

どんなに素敵な靴でも、履き続けていれば傷んで寿命が来てしまうものです。お手入れの仕方によっては長く履くことができるものもありますが、スポーツなどで使用する靴は劣化により、足を痛め怪我をする原因になることもあります。

買い換え時をよく見極めて、足をしっかり守ってくれる靴に履き替えるようにしましょう。