Search

検索したいワードを入力してください

結婚を前提に付き合うと告白する彼氏の心理・両親への報告方法

Author nopic iconperidot8787
カテゴリ:結婚

初回公開日:2017年10月12日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚を前提に付き合うと告白する彼氏の心理・両親への報告方法

結婚を前提に付き合うタイミングは、「純粋に結婚したいと思うようになった」「結婚したいと思える大好きな人に出会った」などがあるでしょう。大好きになったから結婚したいと思ったときはよいのですが、結婚がゴールのように考え、誰かとお付き合いするときは少し気をつけましょう。

交際を始めたからこのチャンスを逃したら結婚できないかもしれないという焦りから結婚してしまうと、あとで後悔することもあります。

結婚は、できることなら長く寄り添いたいものです。相手のことを尊重し、受け入れ一緒に歩いていきたいと本気で思ったときに結婚を前提をして付き合うということを決めても良いのです。

結婚を前提に付き合うと言われて不安になった場合の対処法

普通にお付き合いをしていたときは何も気にならなかったのに、結婚を前提に付き合うと言われた途端に不安になる人もいるでしょう。

そんなときは、まず何に対して不安を感じてしまうのか考えてみましょう。最初は漠然としていて理由はわからないかもしれません。そんなときは、頭の中に浮かんでくる言葉や感情を書き出してみましょう。自分の感情を客観視してみるのです。頭の中に浮かんでくる言葉や感情は心の底で感じている自分の本音です。

自分の本音に気がついたら、その気持ちを素直に相手に伝えてみましょう。結婚したいと思うくらい相手の方はあなたを大切に思ってくれているのです。不安を感じたまま付き合っていたり、不安を感じたまま別れてしまうのはよくありません。

相手に素直な気持ちを伝えることで、不安は簡単に解消されるのではないでしょうか。

20代で結婚を考えたときにぶつかる問題とは?

女性は結婚をすると、出産、育児などがあり仕事を中断しなくてはいけなくなる可能性があります。20代前半での結婚は、周りの友達は楽しそうに遊んでいるときに自分は育児に追われてまったく遊べないことに不満を感じる人も多いものです。

20代後半になってくると仕事が楽しくなり、キャリアアップをしたいと考える人もいるでしょう。結婚は、自分の生活スタイルが大きく変わることがあります。現在は、初婚年齢が少しずつ上がってはいますが、20代というのは最初に結婚を意識する年代です。

これから自分はどうしていきたいのか、結婚を前提に付き合うと決める前に今後の仕事や子どものことなどについて一度じっくり考えてみましょう。

結婚を前提に付き合う場合の両親への報告方法

結婚を前提に付き合う場合、両親への報告というのは誰もが悩む問題ではないでしょうか。男性から見ると、彼女のお父さんというのは恐怖の存在でしょう。そこでなのは、まずは彼女のお母さんに会って結婚を前提にお付き合いをしているということを伝えるのです。そして、本気で結婚しようと考えるようになったら両親揃っているところで報告するようにしましょう。

父親にとって娘は大切な存在ですから反対されるかもしれませんが、そんなときはお母さんが助け舟を出してくれるはずです。

彼女のご両親に了承をいただいたら、男性側のご両親に報告するという流れが一般的です。挨拶の順番はどちらでもよいという人もいますが、結婚したら苗字が変わってしまい寂しく感じてしまうご両親もいます。大切なお嬢さんと結婚させていただくという心遣いの意味でも、最初は女性側のご両親に報告するのが良いでしょう。

結婚を前提に付き合う場合同棲はすべきなのか

結婚を前提に付き合う場合、同棲はすべきなのでしょうか。これについては人それぞれいろいろな考え方があるでしょう。

同棲をしないで結婚した場合は、生活習慣の違いで相手の行動で気になることが出てくるかもしれませんが、新しく一緒に生活を始めることで楽しい発見やうれしい発見があることで
更に愛情が深まることでしょう。

逆に結婚をする前に同棲をすれば、結婚生活のシュミレーションになるので、お互いの生活スタイルをすべて見てから結婚を考えることができます。同棲生活の中で仮にどうしても許せないことが起きたとしても、結婚をしているわけではないので比較的簡単に同棲生活を解消することもできるのです。

しかし、同棲の最大のデメリットは、籍が入っていないだけで生活は結婚とほとんど変わらないため、結婚するタイミングを逃しやすいということです。このように同棲にはメリットもデメリットもあります。もし同棲を選択するのであれば、同棲を始める前に2人で結婚のタイミングについて話をしてから始めることをします。

結婚を前提に付き合うと女から言われたら重いのか

結婚を前提に付き合うと女性から言われたら、男性は重く感じてしまうのでしょうか。本当に彼女が大好きで自分も結婚したいと思っていたら、うれしいと感じる男性もいるでしょう。ですが、仕事にまだ自信がなく収入に不安がある場合は、例え彼女が大好きでも重く感じてしまう人もいます。

結婚は相手の人生も引き受けることにもなります。収入面に不安を感じている場合は、結婚を前提に付き合うという話は急がないほうがよいでしょう。

本音を話し合いましょう

結婚を前提に付き合うということは、男性にとっても女性にとっても簡単なことではありません。結婚を意識するということは相手と一緒にずっといたい、生活していきたいということです。不安なときは、お互いに本音を伝えてみましょう。相手に伝えてみると意外と簡単に悩みは解消されるのではないでしょうか。