Search

検索したいワードを入力してください

成績が上がるノートの取り方|仕事/中学生/高校生/韓国語

Author nopic iconおやま
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2017年10月09日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

成績が上がるノートの取り方|仕事/中学生/高校生/韓国語

仕事でのノートの取り方

ここでは仕事でのノートの取り方を紹介していきます。研修が定期的に行われたりする企業だとノートをとるのは必須で、どうとればいいのか悩む人は多いのではないのでしょうか。そんな悩みを解消してしまう方法を教えます。

仕事ではかなりメモを取ったりすることが多く、書く量も多くなりがちです。そこで重要となるのは、どれだけ分かりやすくまとめていくかです。メモを取った後で参照する場面が来た時に、必要な情報だけ取り出すことができるようなノートの取り方をすれば、仕事の効率も自然と上がっていくでしょう。仕事はなるべくシンプルにまとめていくことをします。

学生のノートの取り方

ここからは、学生のノートの取り方を小中高大学生に分けて紹介していきます。学生というのは学年が上がっていくごとに、だんだんと板書する機会が増えていき、板書する量も増えていくのは間違いないでしょう。板書に慣れていないと、ノートの書き方もわからず授業についていけなくなるというパターンもきっと多いでしょう。そうすると成績悪化につながるという悪循環が起こってしまいます。

それはなんとしても避けたいというのが学生・保護者様の願いであるのではないのでしょうか。そんなみなさんのためにもノーとの取り方を紹介していきます。

小学生

最初に紹介するノートの取り方の学年は小学生です。小学生といわれるとどんなノートの取り方をイメージするでしょうか。小学生といえば、ほとんどプリントを配られてそれをやって、漢字ドリルや計算ドリルがあるイメージを持つ方も多いでしょう。では、ノートはどうとればいいのでしょうか。

そんな小学生のノーとの取り方は、計算ドリルや漢字ドリルで間違えた場所の問題を、ノートに移しておくノートの取り方です。このノートの取り方でポイントは、ノートをとった次にあります。このノートを先生に見せてコメントをもらうのです。そうすることで、ほめてもらえたり花丸がもらえたりするなど意欲が上がること間違いなしです。

中学生

ここからは、中学生にノーとの取り方を紹介していきます。中学生になるといよいよノートをとる機会が増えてきて、授業中に寝ると内容に追いつかなくなることが出てくるのではないのでしょうか。そんな中学生にノーとの取り方を伝授します。

中学生にノートの取り方は、自分なりにまとめてみるノートの取り方です。特にノーとの取り方があるわけではないのですが、一つだけ言えるのは自分なりのノートの取り方をなるべく早い段階で見つけていくことです。そうすることで良い取り方と悪い取り方が分かりその経験がいきてきます。は、先生の無駄な雑談も書き残すこと。授業の記憶が残っていきます。

高校生

ここからは、高校生のノートの取り方を紹介してきます。高校生となると授業のウエイトもだんだん重くなっていき、ノートをとることが大変になっていきます。そんな高校生にノーとの取り方を伝授していきます。

高校生にノートの取り方は、苦手な教科は力を入れて得意な教科は最小限にとどめるということです。このノートの取り方がな理由は、得意な教科については、少しのメモだけにとどめ、苦手な教科についてはわかりにくい部分を細かく書き入れたり分かっていることも書き入れることで基礎が定着していく方法です。必然的に苦手な教科に時間をかけるので、成績がすこしずつあがるノートの取り方となっています。

大学生

ここからは、大学生にノートの取り方を紹介していきます。大学生というとどんなノーとの取り方をイメージするでしょうか。たぶん理系にでも進まなければノートをとる機会は少ないでしょう。ただ、少なからずノートをとる機会はあります。

では、どんなノートの取り方をしていけばいいのでしょうか。大学生は教授がレジュメを配り、学生は話を聞いていることがほとんどです。ただ、専門的な分野の場合はノートをとる必要があります。そこでノートの取り方は、教授の発言を要約することです。そうすることで、その授業の内容がわかり、要約するためには話を聞かなればならないので、ノートの取り方となっています。

学生のノートの取り方

ここで、どの学年にもあてはまるようなノートの取り方を紹介します。どの学年でもできるということはどういうことなのでしょうか。

そのノートの取り方とは、間違えた問題専用のノートを作るということです。このノートを作ることで、間違えた問題を一目で理解することができるようになり、きっと復習もしやすくなるでしょう。また、テスト前に苦手なポイントをみたりすることができるのです。ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

韓国語勉強のノートの取り方

韓国語勉強のノートの取り方を紹介してきます。韓国語はハングル文字で、普通の言語とは違いかなり難しいと考えられることが多いです。そこでノートの取り方を伝授していきます。

では、ノートの取り方を紹介していきます。ノートの取り方はノートを4分割してノートをとるということです。ノートの分割方法としては、4分割した右上から時計回りに考えていきます。まずは、右上が日本語のゾーン、右下がメモのゾーン、左下が構文や単語、左上が韓国語を書くということです。

このノートの取り方のポイントは、韓国語を左上に書いておくことで、右をみれば日本語訳、左下をみれば韓国語のポイントが即座にわかるので復習も容易にすることができます。これは、ノートの取り方なのでぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

ノートの取り方が分かる本

ここでは、ノートの取り方がわかる本を紹介してきます。ここでしていく本は、「図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術」という本です。

この本の何がなのかというと、図解があるということです。ずらずらと言葉が並べられているだけではなくて、図解があることによって読みやすさが増していて、また整理術の入門編でもあるということからがある本となっています。ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

わかりやすいノートの取り方のコツ