Search

検索したいワードを入力してください

一つ結びのアレンジ方法|前髪/くるりんぱ/ボブ/後れ毛/横髪

Author nopic iconnao_884
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2017年10月13日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一つ結びのアレンジ方法|前髪/くるりんぱ/ボブ/後れ毛/横髪

脱マンネリ!一つ結びアレンジ!

ヘアアレンジに迷ってしまい、ついつい毎日一つ結びをしている女性も多いはずです。ですが、いつも同じヘアアレンジで代わり映えしなく、オシャレに見せたいのに一つ結びではどうしても物足りなくなってしまう、と困ってはいませんか。そんなあなたへ忙しい朝にも助かる、一つ結びアレンジをご紹介します。

結び目隠し!

お気に入りのヘアアクセサリーが見当たらなくて困ってしまったら、全体の髪を束ねた後、束ねた自分の髪の毛から少し毛束をとり、結び目に対してグルッと1周してみましょう。1周して余った毛束は、ヘアピンで適当に留めて下さい。色つきのヘアピンで留めればアクセントにもなり可愛いです。

結び目隠しのアレンジをする時は、低めの位置で髪を束ねるローポニーがです。大人っぽく上品な印象を与えられます。ほんの少しのアレンジですが、雰囲気が変わるので挑戦しやすいです。

サイドをねじる!

サイドねじる一つ結びアレンジです。こちらは、髪を束ねる時に両サイドの髪の毛を少し結ばずにとっておきます。髪を一つに束ねた後、余っているサイドの髪の毛を片方ずつねじってヘアピンで留めてみましょう。最後に、束ねた一つ結びや、ねじったサイドの髪の毛を少しずつ引き出しルーズにすれば完成です。

ルーズな一つ結びがとても簡単にオシャレに決まりアレンジ上手に見えます。よりルーズさを出すために、ベースの髪の毛をコテで巻いておくのもですし、元々パーマがかかっているウェーブヘアーの人であれば短い時間で写真のようなルーズなアレンジに近付けることができます。

スカーフをヘアアクセにする!

夏の一つ結びアレンジにとてもなスカーフアレンジです。こちらもすごく簡単で、いつもの一つ結びにお気に入りのスカーフをプラスするだけで完成します。スカーフを巻いたのみですが、いつもの一つ結びとは違った印象になります。スカーフの柄次第で色々な洋服の雰囲気にも合わせやすいので挑戦しやすいです。気に入ったスカーフを見つけたら是非チャレンジしてみて下さい。

こちらのアレンジも全体的にふんわりとルーズな方がスカーフとのバランスが良くなりますので、スカーフを巻く前に束ねている一つ結びの毛束を少しずつ引き出し、ルーズにしておきましょう。ベースの髪を巻いておくのも引き続き重要です。

一つ結びに似合う前髪は?

ではここで、一つ結びにはどんな前髪が似合うのでしょうか。基本的にはどんな前髪でも合わないということはありませんが、今のトレンドも混ぜてご紹介します。

くるりん前髪

前髪アリ派の人に長いを誇っているのがくるりん前髪ですが、一つ結びとの相性ももちろん抜群です。ふんわり前髪の作り方は至って簡単で、手持ちのコテで前髪を挟んでクルッと一巻きするだけです。ストレートの前髪よりガーリーな印象に変わります。甘めの服装が好きな方にとてもです。

また、写真のような重めの前髪にすることでお人形のような目力を手に入れることができます。普通の前髪に飽きてしまった人は、是非一度前髪をコテで巻いてみましょう。巻き方も色々ありますので自分の好みにあった巻き方を研究して下さい。

シースルーバング

こちらもまだまだブームの続くシースルーバングです。シースルーバングも一つ結びとの相性はとても良いです。先程のくるりん前髪と比べると、大人っぽい印象になります。また、シースルーバングも前髪にほどよく隙間ができるため、目力アップが期待できます。

シースルーバングをつくるには、カットでシースルーにする方法もありますし、切らずにアレンジでシースルーに見せる方法もあります。それぞれ髪質や前髪の長さでやりやすい方法が異なりますので、リサーチして挑戦してみて下さい。

ボブでも一つ結びはできる?

根強いのボブスタイルですが、ボブでも一つ結びは可能なのでしょうか。短めヘアーの一つ結びについてご紹介します。

髪が短くてもできる一つ結び

ボブの人でももちろん一つ結びは可能です。髪が短いとヘアアレンジは諦めてしまいがちですが、一つ結びは簡単にできます。ボブの人が一つ結びをする時に注意することは、あまり高い位置で髪を束ねないようにすることです。耳より下のラインで束ねるのが良いでしょう。

高い位置で束ねてしまうと、短い髪の毛がぴょんぴょんと飛び出してしまったり、まるでちょんまげのように見えてしまうことがあるので注意して下さい。低い位置でローポニーを作れば、いつものボブスタイルとは違った雰囲気になり、オシャレの幅も広がります。是非挑戦してみて下さい。

一つ結びに似合う「くるりんぱ」

誰でもできる流行のアレンジ「くるりんぱ」とも、一つ結びはとっても似合います。ここからは、くるりんぱと一つ結びの合わせ技をご覧下さい。