Search

検索したいワードを入力してください

低収入の人の貯金のコツ・500円玉貯金のコツ・主婦の貯金のコツ

Author nopic iconMei304
カテゴリ:節約

初回公開日:2017年10月31日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

低収入の人の貯金のコツ・500円玉貯金のコツ・主婦の貯金のコツ

簡単にできる低収入の人の貯金のコツ

自分は低収入だから貯金はできないと諦めていませんか。低収入なので貯金総額が少なくてもやむ終えないと諦めていませんか。それは全て言い訳でしかありません。低収入の人の貯金のコツはあり、知ることによって簡単に一般的な金額を貯金することが可能です。そして簡単にできる低収入の人の貯金のコツを知るとすぐにでも実践したくなります。

貯金をすることでまとまったお金ができ、そのお金を上手く使うことによって、生活が豊かになります。例えば、まとまったお金で学校に通い資格を取得するとします。そうすると今以上に収入が上がり安定します。

他のまとまったお金の有意義な使い方として、家を購入する際に頭金を多く払うことで、ローンの利子を減らすことができます。そのため、簡単にできる低収入の人の貯金のコツをご紹介します。ぜひ今後役立ててください。

一般的な貯金額を知り貯金を増やす

一般的な貯金額を知り貯金を増やす目標になります。総務省統計局によると、2016年の2人以上世帯における平均貯金額は1820万円です。一般的な貯金額とは、1820万円なのかと思えば、あまりにも高い金額に、こんなにも貯金を増やすことはできないと驚くでしょう。

しかし、平均貯金額が多くの人が貯金している一般的な貯金額ではありません。あくまでも平均価です。例えば高所得の人が何千万、数億という貯金をしていたとしましょう。

本来なら多くの人が数百万円の貯金をしていたとしても、一部の高所得者の何千万、数億という価からの平均値を出すため大きな金額になります。実際に平均貯金額の1820万円を下回る家庭は全体の3分の2にも当てはまります。

そこで、平均値ではなく中央値をみなければいけません。貯金をしている世帯の中央値を見ると、734万円です。年代や勤務年数によっても変わるのですが、一般的な貯金額とは、一番多くの人が貯めている金額である734万円となります。目標金額が決まらなければ、この一般的な貯金額を知り貯金を増やすと良いです。

何もしなくても貯金を増やすコツ

副業をしたり、専業主婦が仕事に出て家計の収入を増やすと貯金を増やすことができます。しかし子育てをしている人や、今以上に働くことが難しい人にとっては働いて収入を増やすことは不可能でしょう。何もしなくても貯金を増やすコツなんて本当にあるのかなと疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

貯金をするために収入を増やすことができなければ、節約をして支出を減らすしかありません。節約は意識して何かを実行しなければいけません。時には我慢も必要となります。

しかし、働く時間を増やして収入を増やしたり、節約して支出を減らすことなく貯金を増やせるコツはいくつかあります。何もしていないのに勝手に貯金が増える、夢みたいな話のように思えますが、実際に何もしなくても貯金を増やすコツがあります。

リスクがなく貯金を増やすコツ

貯金を増やすコツとしては、リスクがなく貯金を増やす方法が一番と考える人がほとんどです。その方法とは、利率の良い貯金を利用することです。いくらかまとまった金額が貯まると、置いておくだけでお金が増え、使う予定がなけれ、リスクがなく貯金を増やすことができます。

金融機関の普通口座ではなく金利が良い定期預金や積み立て預金、個人向けの国債、積み立て保険を利用します。少しでも金利が良い所を調べて預けることによって、何もしなくても増える金額が高くなります。金融機関によってはキャンペーンなどで利率が良い商品が出たりします。

しかし、定期預金や積み立て貯金などで気をつけなければいけないこともあります。そこで初心者でも定期預金で貯金を増やすコツをお伝えします。

利率の良い仕組み預金で貯金を増やすコツ

定期預金といっても預ける期間がまちまちです。10年間預けると利率が良いもの、途中解約すれば利率が非常に悪くなるものもあります。そして最も気をつけなければいけないものが仕組み預金です。仕組み預金、もしくは新型定期預金とも言われ、金利が比較的高いですが、デメリットがあります。

仕組み預金とは一般的な定期預金と同じように思う人も多いです。しかし、実際には色々な金融工学の仕組を使用されている貯金のことです。例えば先物取引も金融工学の一部です。

利率の良い仕組み預金とは誰もがその金の高さに惹かれてしまいますが、契約期間が満了する前に貯金を引き出すことができなかったり、引き出すことにより元本割れを生じることがあります。そこで、仕組み預金で貯金を増やすときには、まとまった出費が今後ないかどうか人生設計をして契約をしなければいけません。上手に利率の良い仕組み預金で貯金を増やすとお得です。

気軽にできる定期預金で貯金を増やす

将来設計をきちんとできていたとしても、いつまとまった出費があるかは想像ができません。定期預金や積み立て預金にお金を預けて貯金を増やそうとしても、すぐに引き下ろすことができる普通口座にほとんどお金がなければ心配です。そんな時は2週間、1ヶ月などの短い期間での定期預金が気軽にできてです。

短い期間であれば、必要となればすぐにお金を引き下ろすことができます。金利は長い期間に比べると低いですが、それでも普通口座で預けているよりも良いです。2週間や1ヶ月といった短い期間であれば安心して預けることができます。

そしてある程度貯金が貯まれば長期的に預ける定期預金に変更すると良いです。定期期間の短い貯金は、将来設計がはっきりしていなくても気軽にできる定期貯金で貯金を増やすことができます。

初心者でもできる投資で貯金を増やすコツ

投資とは株のことです。安い株では1万円程の物もあります。そこで、10万円程手元にお金が貯まると、投資で貯金を増やすことができます。初心者でもできる投資で貯金を増やすコツは、お気に入りの会社や自分のよく利用する会社の株を購入することです。すると、株主優待を受けることができて、お得に自分のお気に入りの商品やサービスを受けることもできます。

しかし、ここで気をつけなければいけないのは、元本割れをする場合もあることを念頭に入れておかなければいけません。儲けようと思う人は、自分の好きな商品やサービスを提供している会社でなく、日経平均株価や為替の変動といった経済の動きに注目をしておく必要があります。

そこで、経済の動きを勉強するのは面倒な方や、知識が全くないような初心者でもできる投資で貯金を増やすコツとしては、株の専門の人に任せることができる投資信託や保険の商品を利用することです。

少ないリスクで多く貯金を増やすコツ

お金を短い期間でより多く貯金を増やすには多少のリスクはあります。ですが、リスクがあるのは嫌だけれど、少しずつしかお金が増えないのも何だかなと思う人にはです。少ないリスクで多く貯金を増やすコツは、デパートの積み立てです。

多くのデパートで行われている友の会です。この制度は、毎月決まった額を積み立てすることで、1年後に毎月積み立てた金額を上乗せして帰ってきます。非常に嬉しい話ですが、戻ってくるときは現金ではなく、積み立てをしたデパートで使用できるプリペイドカードや商品券になります。

それでも普段よく行くデパートであればお得です。また、よく行くデパートだけでなく、お気に入りのブランドのショップが入っているデパートで積み立てをすることによりお得に買い物ができます。お得に買い物ができた分、浮いたお金で貯金を増やすことができます。少ないリスクで多く貯金を増やすコツは意外と身近にあります。

知っておきたい貯金方法など

貯金ができない人は節約ができない人です。そして衝動買いが多く、無駄な買い物をしています。そこで、知っておきたい貯金方法などを紹介します。支出を見直すことにより余計な買い物を減らすことができます。このように節約して貯金をする習慣がつくと自然に貯金ができます。

知っておきたい貯金方法などを知ることにより、自然に貯金ができて、いつの間にかこんなにも貯金が貯まっているという状況になります。貯金が貯まっていれば貯金をすることが楽しくもなります。節約することをストレスと感じることなく、楽しく思えることで、低収入でも無理なく貯金ができます。

それでは、今まで買い物が好きな人や物欲が強い人はどのようにして衝動買いを減らして自然と貯金ができるのか、どのような貯金方法などがあるのか知ると良いです。

具体的な目標を作り貯金を増やす

継続させるコツは具体的な目標を作り貯金を増やすと良いです。例えば貯金が貯まると海外旅行に行く、子供を進学させるということでも良いです。使うことが決まっていない人は、具体的な金額を決めて、貯まると何に使うかという想像をするのも楽しみになり、貯金を継続させるコツとして良いです。

具体的な目標を作り貯金を増やすとモチベーションが上がります。楽しい目標があれば貯金をすることが楽しくなり、もっと頑張ろう、もっと節約をしようという気持ちになります。そうなると節約もストレスにならず、貯金を増やすことを楽しむことができます。

家計簿をつけて貯金を増やす

1ヶ月の支出を把握することは大切です。何を購入したのか振り返ることで、購入した物は本当に必要な物であったのか、不要な物であったのかを知ることができます。不要だった買い物を減らすきっかけにもなります。

このように、家計簿をつけるのは、貯金をを増やすコツとして有効です。必要ではなかった出費の総合計を足すことにより、無駄な買い物を毎月どのくらいしているか分かります。そして反省することにより、購入前に本当に必要な物であるか冷静に考える習慣がつき貯金を増やすことができます。

家計簿は出費があればその日のうちに記入になければ忘れてしまいます。また、つけなければいけない項目がたまってくると億劫になります。そこで、家計簿を継続するために、記入のやりやすい家計簿が必要です。スマホのアプリでも簡単につけることができる家計簿があります。使いやすい家計簿アプリは継続するコツにもなり、貯金を継続的に増やす方法となります。

最初は固定の出費費用を節約して貯金を増やす

最初にも貯金を増やすコツとして、毎月必ず払わなければいけない固定の出費を見直します。例えばガスや水道などの光熱費です。このような固定の出費費用を節約することにより、家計に余剰が出ます。それらの余剰のお金を全て貯金にすると、貯金を増やすコツになります。貯まったお金の金額を見ることで貯金をすることが楽しく感じられます。

水道やガス代などの光熱費は少しの心がけで節約ができます。例えば、お風呂の残り湯は捨てずに使います。洗濯をするときや、トイレの水を流すときに使用できます。また電気はこまめに切る、早寝早起きを心がけて電気の使用時間を減らすことも節約のコツです。

寒いと思えば部屋の温度を上げるのではなく上着を着て調節します。暑いと思えば窓を開けたり、うちわで扇いだりして、冷房に頼るのではなく涼しく感じられるようにすれば良いです。浮いた分の金額が貯金を増やすことになります。こうした節約は貯金を増やすコツです。