Search

検索したいワードを入力してください

バレンタインにチョコ以外のプレゼント・レシピ・お菓子

Author nopic iconcocoapple
カテゴリ:プレゼント

初回公開日:2017年10月18日

更新日:2020年09月19日

記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

バレンタインにチョコ以外のプレゼント・レシピ・お菓子

相手別バレンタインにチョコ以外のプレゼント

今年のバレンタイン、もう何を贈るかは決まっていますか。近年はチョコ以外にプレゼントを贈る女性が増えています。また、甘いものが苦手な彼の場合や、毎年チョコを贈っているので今年はチョコ以外を贈りたいと考えている方も多いでしょう。

バレンタインチョコのイメージが強いため、チョコ以外のプレゼントが思いつかないとお悩みの方に、今回はバレンタインにチョコ以外のプレゼントを紹介します。

本命の彼へのプレゼント

本命の彼へ贈るバレンタインのプレゼントは悩んで当然です。彼が甘いものが嫌いでない場合はクッキーなどのお菓子とちょっとしたプレゼントを、甘いものが苦手な彼にはおせんべいとちょっとしたプレゼント、もしくはプレゼントのみでも良いでしょう。

注意したい点は、やりすぎないことです。本命の彼にプレゼントをする場合気合が入って当然ですが、重いと捉えられてしまったりプレッシャーを与えてしまうのは良くありません。今回のバレンタインで想いを伝える場合も、アピールをする場合も、重要なのは相手に良い印象を与えることです。バレンタインを機に気の利く女をアピールしましょう。

靴下

いくらあっても困らない靴下はです。高価なものではないのでクッキーなどのお菓子とあわせて送っても重くなり過ぎず、丁度良いでしょう。自分ではなかなか買わないブランドものの靴下だと喜ばれそうです。もしお菓子をあわせて贈らないのであれば、フォーマルなものとプライベートでも履けるおしゃれなものをプレゼントするなど工夫してみましょう。

ハンカチ

靴下同様働く男性の必需品であるハンカチもです。何枚もっていても困りません。実際に使用してくれているのをみたらこちらまで嬉しくなります。ハンカチを選ぶ際は上品でセンスのいいものを選びましょう。

人の目にふれるものなので選ぶのが不安な場合はデパートなどにいってお店の人に相談しましょう。定番ブランドのバーバリーやダンヒルがです。

ワインなどのお酒

お酒が好きな彼の場合はお酒をプレゼントするのも一つの方法です。ワインやウィスキー、ビールなど彼の好きなお酒をプレゼントするとよいでしょう。もしあわせて食べものを贈るのであれば甘いお菓子よりもおつまみになるスナックやおせんべい、クラッカーなどが良さそうです。

もしお酒に詳しくなくても、お店の人に相談して選べばハズレはありません。渡す時に、お酒は詳しくないけれどお店の人と相談しながら一生懸命選んだことをさりげなく伝えられると好印象です。いい雰囲気なら、一緒に飲みましょうと誘うのも素敵です。

彼氏へのプレゼント

チョコや甘いものが苦手な彼氏であったり、もう何年もお付き合いしていて今年はチョコ以外をプレゼントして趣向を変えたいと考えている方も多いでしょう。彼氏であれば趣味もわかっているのでプレゼントの幅が拡がりますし、リサーチもしやすいです。彼氏にプレゼントを贈る場合は、少し高価なプレゼントをあげる傾向にあります。今回は男性にのプレゼントを紹介します。

マフラー

まだまだ寒い2月、マフラーをもらうと嬉しい男性は多いです。もしすでに彼氏がマフラーを持っている場合は異なる雰囲気のものを選びましょう。例えば、会社にしていけるようなシンプルなマフラーを彼氏が持っている場合、思い切って柄の入ったものや鮮やかな色のものを贈ってみましょう。今度のデートにしてきてね、とかわいく伝えるのもよさそうです。

どんなものが良いかわからない場合は、定番ブランドのバーバリーやダンヒル、20代~30代の男性にがあるジョンストンズのマフラーがです。

ネクタイ

定番ですが、やはりネクタイはプレゼントとしてがあります。何本あっても困らないので、彼氏に似合う一本を選びましょう。彼氏が好きなブランドがあればそのブランドで探すのも一つの方法です。もし分からなければデパートでいろいろなブランドを見ながら店員さんに相談してみましょう。一生懸命選んだものなら彼氏も喜んでくれるはずです。

ネクタイを既にたくさん持っている場合や、こだわりのある彼ならばネクタイピンを贈るのも良いでしょう。

手料理

ものではありませんが、気持ちや思い出がうれしい、という男性が多いのも事実です。今年のバレンタインは思い切って手料理を振舞ってみてはいかがでしょうか。彼の大好物をつくってみたり、思い出の料理をつくってみたりとメニューを考えるのもたのしそうです。一生懸命作った手料理は喜んでもらえること間違いなしでしょう。

上司へのプレゼント