Search

検索したいワードを入力してください

ラブレターで告白!書き方のコツ・例文チェックで成就率UP

Author nopic icon山田恵三
カテゴリ:片思い

初回公開日:2017年10月24日

更新日:2020年02月28日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ラブレターで告白!書き方のコツ・例文チェックで成就率UP

男女別・成就を目指すラブレターの書き方

ラブレターで告白!

「人と話すのは苦ではない、むしろ得意」と思っている人でも、好きな人を目の前にしていざ告白となったら別ですし、告白しようと決心しても二人きりになれる状況になるのは、なかなか難しいのが現実です。そんな時に助けてくれるのがラブレターです。

ここでは、好きの気持ちを確実に届けてくれる最強のツールについて、男女別に恋の成就を目指す書き方を紹介していきます。

ラブレターを書くにあたって

男女別にラブレターの書き方を紹介する前に、共通する3つの「ラブレターを書く時に心がけておくべきこと」をご紹介します。告白すると思うと人は暴走しがちですので、書く前に読んで心に留めておいてください。

1. 好きな人との距離を見つめる

あなたと好きな人は、どのような関係でしょうか。毎日会う人、週に一度会う人、一ヶ月に一回会う人、一目惚れでほとんど話したこともない人、恋の形には色々なものがあり、好きの気持ちは説明のつかないものです。

ただ、相手にとってあなたが、よく知っている人なのか、あまり知らない人なのか、全く記憶にない人なのかで、ラブレターも書き方、受け取られ方が変わってきます。そのことを忘れないようにして、ラブレターを書きましょう。

2.ラブレターはメールやLINEとは違うということ

最近はメールやLINEで毎日たくさんの会話をする人がほとんどですが、ここで忘れてはならないのがラブレターはメールやLINEとは違うということです。まず大きく違うのは「物として存在する」ということでしょう。おのずと文章の書き方も変わってきます。

便箋(カードでも良いですが)や封筒、そこに手書きの文字で書かれるラブレターには、メールやLINEのデジタルの文字にはない温もりのようなものがあります。そしてそれは時を超えて残ります。10年後も、それ以上先にも残ると考えて、特に言葉遣いには気をつけましょう。

3. 夜に書くのはやめましょう

夜に昼には感じない、なんともいえない気持ちになったことがある人は多いのではないでしょうか。恋をして切なくて眠れなくなったり、もどかしい気持ちで泣いてしまったりするのも、夜が多いです。

科学的に正確なデータがあるわけではありませんが、夜は昼には思っていなかったようなことを思いついたりする不思議な力があります。自分の気持ちばかりになってしまったり、嘘を書いてしまうなんてことを避けるために、ラブレターは昼の、冷静に現実を見つめられる時間帯に書きましょう。

女性が男性に書くラブレター

それではここからは女性が男性に書くラブレターの書き方とコツについてご紹介していきます。男性と女性では、手紙に対する価値観や内容の受け取り方が違います。せっかく勇気を出して書くラブレターですので、気持ちが伝わるように書きましょう。

短い文章を心がけましょう

毎日会ってたくさん話す、メールやLINEでよく話す間柄でも、ラブレターでは短い文章を心がけましょう。男性はあまり長い文章を好まない傾向があります。書き方としては、まずは募る想いは一旦横に置いておいて、シンプルな文章を目指しましょう。

丁寧な言葉で書きましょう

恥ずかしい、照れくさい気持ちから、普段と変わらない口調で書いてしまいがちなラブレターですが「冗談なのかな?」「ふざけただけなのかな?」と思われてしまいがちです。できるだけ丁寧な言葉で、真剣な気持ちであることを伝えましょう。

回りくどい言葉で伝えるのはNG

正直でまっすぐな表現を使うのが書き方のポイントです。「ずっとそばにいたい」や「これからも一緒にいたい」ぐらいではピンとこないのが男性です。「ここまで言えば伝わるだろう」という気持ちは捨てて「好きです」とまっすぐに書きましょう。

男性が女性に書くラブレター

ここからは男性が女性に書くラブレターの書き方とコツを紹介します。「女の勘」という言葉があるように、男性から手紙をもらった時点である程度気持ちは伝わっていると言っても過言ではないですが、ポイントを押さえて「いい返事がもらえる」ラブレターを目指しましょう。