Search

検索したいワードを入力してください

初任給の親へのプレゼント・相場|親孝行

Small a13c1fdb 8945 4c28 a14a bd71f93c33dcKei
カテゴリ:プレゼント

初回公開日:2017年10月25日

更新日:2020年09月19日

記載されている内容は2017年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

初任給の親へのプレゼント・相場|親孝行

第2位~ハンディクリーナー~

掃除用具なので、主にお母さんへのプレゼントになりそうですが、軽く掃除したい時にとても便利な家電です。

値段は、小さい物なら3000円~購入できますし、高さがある物でも1万円以下で手にいれる事ができます。初任給でプレゼントするなら、お母さんにはこれを、お父さんにはこれを、と分けても良いです。

第1位~マッサージ器~

一言でマッサージ器といっても、必要箇所によって変わってきますが、大体は背中用や足用がです。

あなたよりもはるかに昔、何十年も仕事をしてきた親への体を労わったプレゼントです。値段は、小さな物なら5000円~ぐらいで、背中全体など大きな物は2万円は越えます。初任給でも少し奮発すれば買えない物ではないので、余裕があればぜひプレゼントしたい家電です。

親へのプレゼント~お財布編~

第3位~ブランド財布~

外れがないのが、ブランドのお財布です。定番の形が変わらずあり、年配の方でも持てるブランドを選べば長く愛用しやすいです。良いお財布は良い金運を運んでくれます。

しかし、ブランドはどうしても値段が張ります。初任給だけではどうしてもプレゼントできない事があるのでよく考えて数か月分貯めてからプレゼントするのもです。

第2位~お揃いの財布~

全く同じデザインのお財布でも良いですが、あまり一緒だと持つのが恥ずかしいという方も多いので、少しだけ同じデザインのペア財布はです。よく見るとお揃いがわかる程度のペアなら気兼ねなく使用できます。

ブランドのペアもありますが、なかなかのお値段になります。初任給ではプレゼントするには高額ですが、ノーブランドで良いお財布は世の中たくさんあります。デパートなどで探してみましょう。ファッションブランドのお財布もです。

第1位~オーダーメイド財布~

現在はやはり、ネットが主流になっています。ネットでは簡単にオーダーメイドで注文ができるのでです。デザインや色をカスタマイズできるため、自分が知っている親の好みで作る事ができますのでです。

値段は本革などで1万5000円~ぐらいで注文できます。2つですと、3万ぐらいになります。初任給では少し奮発することになりますが、感謝の気持ちを込めてプレゼントするにはです。

初任給で親孝行する方法

上記でご紹介した、旅行や物でプレゼントするのも良いですが、他にも初任給で親孝行できる事はたくさんあります。

例えば、ドライブです。子供である自分が計画し、親を連れてドライブに行きましょう。先々で美味しいご飯を食べる際など、全て初任給でのプレゼントにすれば良いです。今日一日は、自分が出すから楽しんでほしいと伝え、行きたいところへ連れて行ってあげましょう。

また、ショッピングに一緒にでかけて、欲しい物を直接その場で買ってあげるプレゼントの方法もあります。初任給で初のプレゼントで、さらに一緒にショッピングをしてあげれば親孝行は完璧です。

初任給で親に現金をあげるのはNG?

プレゼントを用意する暇がない、またはあげる物が思い浮かばない人は、お金を渡したくなります。では現金でそのままあげるのはアリなのかでしょうか。

ほしい物を自分で選んで買ってもらう方法はとても良いです。しかし、現金そのままプレゼントですと、感謝の気持ちが伝わりません。そんな時は、商品券にしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。現金で渡すよりも、生々しさが無いです。商品券なら、デパートなどでの買い物で使用できますので、困りません。

商品券でももらうと嬉しいです。それだけでは寂しいと感じる方は、メッセージカードやお手紙を添えてプレゼントしましょう。

初任給で親へ何をあげたいか?

社会人となり初任給で親に喜んでもらえるプレゼントをしようと考えると、心が暖かくなります。今までの苦労少しでもお返しする気持ち、育ててくれた感謝の気持ちをプレゼントに込めたいと思うでしょう。今回ご紹介したなかには、

・旅行で癒されてもらう
・美味しい食事を味わってもらう
・身体を休めてもらう

など物をあげなくてもできる親孝行はたくさんありました。初任給でも無理せず、自分らしく親孝行できるプレゼントを選び、これからも元気でいてほしい願いを込めて贈りましょう。