Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】アルバイトの面接の時の服装|高校生/主婦/社会人

Author nopic iconaki
カテゴリ:ビジネスファッション

初回公開日:2017年10月31日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】アルバイトの面接の時の服装|高校生/主婦/社会人

男女別アルバイトの面接時の服装

アルバイトをしようと思い切ったとき、面接の約束を取り付けた直後から頭を悩ませるのはどんな服装で面接に臨むかということです。人柄で勝負するとは言っても、そもそも第一印象が悪いものになってしまったら、中身まで知ろうとはしてもらえないのだと考えると、アルバイト面接の際に服装をはじめとした身だしなみは勝負の土俵に上るために避けては通れないものだといえます。

この記事では年齢や性別に始まり、面接に臨む季節や働きたいと考えている職種によっても異なってくるアルバイト面接時の服装について、ご紹介していきます

春に面接が行われる場合の男性の服装

一般的な飲食店や小売業界のアルバイト面接に挑む際には、あまり派手でないネイビーやグレー系の色の服装をするといいでしょう。男性になのは薄手の襟付きニットカーディガンです。

暑さを感じづらく、しっかりとしたジャケットを着ると骨格のせいでがっしりと見えすぎて堅苦しすぎる印象になるとほかの面接参加者から浮きすぎていないか不安になってしまうことがあるため、それを避けるために重宝します。

パンツはハーフ丈や7分丈のものは避けてモノトーンのチノパンを着用するのも無難な服装です。コンビニでのアルバイトなどではあまり気にされないことが多いですが、飲食店や小売のアルバイトの面接でジーンズは嫌われる傾向にあるので避けるべきです。

春に面接が行われる場合の女性の服装

女性は派手すぎる服装をしてもよくない上にあまりにも保守的だと飲食や小売でのアルバイトの面接にはあまりふさわしくない印象を与えてしまいます。ジャケットやブラウスを着用する際には服装全体の色味がモノトーンに寄り過ぎないように気を付けてください。具体的にはカーディガンを淡いピンクのものにする、パンプスに春らしい柔らかな色味を取り入れる。などです。

地味すぎる服装もよくありませんが、アルバイト面接においては華美なファッションも避けるべきです。メイクはナチュラル程度、ネイルもごく淡いピンクくらいに抑えておくべきが無難です。スカートの丈も膝がゆったりと隠れるくらいだと安心です。髪の色合いもダークブラウン程度までの明るさになっているか、いま一度確認してください。

夏に面接が行われる場合の男性の服装

夏はあまりフォーマルな服装をしすぎると暑くて面接どころではなくなってしまいます。しかし、気崩すのはやはり印象を悪くしてしまうので日光を集めない白系統のシャツとチノパンなどで臨むのがいいでしょう。夏によくあるイベントアルバイトの面接の場合はそこまで服装の決まりが厳しくないこと、快活さをアピールできることからポロシャツを着るのもまたお勧めです。

ジャケットを着用してしっかりとしたイメージを演出したいときは腕にかけて家を出て、面接会場について汗がひいてから着用するようにするとよいでしょう。

夏に面接が行われる場合の女性の服装

飲食や小売のアルバイトの場合はブラウスを着て面接に臨めば十分です。より仕事ができる印象を与えたい場合はジャケットを腕にかけて家を出て、面接直前にそれを着て面接を受けることでより効果的でしょう。それよりも気を付けたいのは髪の色のトーンです。髪を染めることの多くなる時期ですし、プールや直射日光で髪へのダメージはより深刻なものになります。

そこで、髪を染めてから2週間もたつと思ったよりも1~2トーンほど明るくなってしまうのでアルバイト面接に臨む2日前には髪のトーンが明るすぎないかチェックし、明るすぎるようなら染め直しておきましょう。前日に染めると染髪料のにおいが取れないので2日前がベストです。

秋に面接が行われる場合の男性の服装

秋に面接が行われる場合も、春のように襟付きの服を着用するなど服装の基本は変わりません。ですが、春と違い気を付けておきたいのは寒さと色合いです。秋は寒くなり始める時期なので日によっては前日との温度差で気温以上に体感温度が低く感じることも多々あります。

また、アルバイト面接を行う場所は事務所だったり、店舗のバックヤードだったりとさまざまですが、経費削減などで空調が弱められていたり、そもそもついていないこともあります。そこでしっかりと防寒することのできるジャケットを着用するのがです。

秋に面接が行われる場合の女性の服装

暑くなくなってきて重ね着のしやすい時期になりましたがあまりごちゃごちゃとした重ね着や攻めすぎるファッションはご法度です。秋らしくシックな色合いによせて着こなすと面接にふさわしい服装になるでしょう。

秋はボルドーやレッド、パープルグレーなどの個性的な色が流行ったり、差し色に使われたりすることも多いですが、面接担当者の年齢によっては好まれないことも少なくないため面接の日に身に着けるのは避けたほうがいいでしょう。

また、前日との寒暖差で面接どころではなくなってしまうとよくないので脱ぎ着しやすい体温調節のできる服装で面接に臨むことが肝要です。

冬に面接が行われる場合の男性の服装

冬は防寒のためにコートを着用しますが、面接の際には礼節としてそれを脱ぐはずです。その時にスマートにカバンの上に置けるようにあまり厚手ではないコートを着ていくと面接前にバタつかず、気持ちに余裕をもって面接を受けることができます。

そのためにも、貼るカイロやセーターなどでの防寒を行いましょう。また、足元から冷えてしまうと集中することができなくなるほか、足元に落ち着きがなくなってしまうと意外と面接担当者の方からは分かってしまうので厚手の靴下や布ではなく革の靴を身に着けるなど、全身スキのない防寒のできる服装をしてアルバイト面接に臨んでください。

冬に面接が行われる場合の女性の服装

女性は冬こそ地味でコンサバティブな色合いにならないように、カラフルな色合いのコートやポップなスカートを身に着けたりといった服装の工夫することも少なくありません。ですが、面接では個性をアピールするよりも協調性を試される場なので建物の外で脱いでいくとはいえ、アルバイト面接の日は華美すぎる色合いのコートやマフラーは避けるのが無難でしょう。

また、寒い中では面接に集中することは容易ではないのでデニールが厚めのタイツを身に着ける、ニットのカーディガンで防寒するなど服装の細部まで工夫をして体を温めながら面接を受けることで力を発揮できます。

年代別アルバイトの面接の服装

TPOに合わせた服装をしようと考えたとき、果たして自分の年齢にふさわしい服装ができているかどうかということが不安になることがあります。この項目では、その不安を解消するために年代別にアルバイトに臨む際にふさわしい服装を紹介していきます。

高校生が面接に行く場合