Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】卒業式の服装とマナー|小学生/大学生/父親/母親

Author nopic iconsukai
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年10月28日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】卒業式の服装とマナー|小学生/大学生/父親/母親

卒業式の服装とマナー

子供の成長とは本当に早いものです。この前入学したと思っていると、あっという間に卒業を迎えます。卒業式はそんな子供さんの成長を祝う大切な記念の式典です。卒業を迎える子供たちにとって、卒業式は今まで学んできた学校生活での最後の晴れ舞台です。

卒業を迎える主役の子供たちはもちろん、それを見守る親として恥ずかしくない服装、参列する来賓や教師としてのふさわしい服装のマナーについて紹介します。

男女別卒業式の服装は?

子供の成長を感じる卒業式。親として、わが子がキリッと映える服装を準備して、晴れ晴れとした気持ちで卒業式を迎えさせてあげたいです。

式の中でも「卒業式」は入学式よりもフォーマル度が高い服装を選ぶのが一般的です。「せっかくの卒業式だから」と意気込みすぎて、他の子から浮いてしまったり、子供が目立ちすぎてかわいそうな思いをさせてしまった、ということがないように、できれば卒業生の親御さんからどんな感じの服装が多いのか、事前に確認しておくことをお勧めします。今回は、制服の少ない小学生や大学生の服装について紹介します。

小学生(男の子)

卒業式は、基本的にフォーマルな服装で、あまり華美になりすぎない服装がです。最近は男の子でも、袴スタイルを見かけることがあります。しかし、和装に慣れていないと立ち振る舞いがうまくいかず、着ていること自体がストレスとなってしまいます。これでは、卒業式も台無しです。それなら、無理をしない服装にしましょう。

一般的にブレザーとスラックスを合わせたスーツスタイルがです。カチッとスタイルで、いつもより大人感も出て、イケメンに見えること間違いなしです。しかし、子供たちの中にはあまりキメ過ぎたくないというお子さんもいます。そういう場合は、チノパンが便利です。ブレザーと合わせれば、ある程度きっちり感がありながらカジュアルな感じも出せるので、卒業式の服装として問題なく着れます。

また、チノパンであれば普段でも着まわすことができるので、卒業式が終わっても長く着ることができます。その他に、中学生になると制服に変わるというお子さんは、制服のスラックスに合わせてブレザーを購入するという方法もあります。経済的にもスーツを購入するより安くてすみます。

小学生(女の子)

卒業式は、お子様の成長を見る大切な日です。特に卒業式を迎える小学生の女の子は、もはや立派なレディーです。そんな女の子にふさわしい服装をいくつか紹介します。

ワンピース

ワンピースはオーソドックスできちんと見えますし、有数スとボトムスを組み合わせなくてもよいという点でがあります。しかし、実際に着回しを考えると少し不便な面もあります。

ワンピースはかわいらしい印象を与えますが、フォーマル度を高めるには、色調が黒やネイビー、グレーなどに限定されてしまいます。色を重視して購入すると、その後の着回しが難しくなってしまいます。もし、ワンピースを購入するのであれば、見た目だけを重視するのではなく、手持ちのアチテムを考慮して、後々まで着回すことを考えて、購入するとよいでしょう。

ジャケット+スカートまたはパンツスーツ

【男女別】卒業式の服装とマナー|小学生/大学生/父親/母親
※画像はイメージです
出典: Free Apparel Image on Unsplash

着回せることを考えたら、ジャケットにスカートを組み合わせるのが一番です。この服装はフォーマル感も出せるうえに、上下の組み合わせ方でいろいろな印象を与えることができます。スカートのデザイン一つで、清楚な雰囲気になることもあれば、裾にフリルが入ることで、華やかでフェミニンな雰囲気にもなります。また、チェック柄になれば、上品な雰囲気にもなるので、お子さんの好みに合わせて服装を選ぶこともできます。

ジャケットにつては、紺や黒にすればシックな雰囲気になりますが、グレーにすれば、やわらかい印象になります。このように色や柄でもいろいろな印象に仕上がります。

最近では、ボーイッシュな服装を好む女の子も増えてきています。そんな場合には、ジャケットにキュロットやショートパンツスーツを合わせると、普段スカートをはかない女の子でもかわいく着ることができます。特にパンツのチェック柄に、黒のジャケットを合わせ、ネクタイやチョウタイを合わせるのがの服装です。

和装

最近よく見かけるのが袴スタイルです。確かに、卒業式といえば袴姿が印象的です。かわいいし着物を着るだけで見栄えがします。しかし、小学生という年齢を考えると、袴は動き回るのに不便です。

着慣れていない服装での卒業式はストレスになります。特に女の子は、着崩れやトイレでの対応、着慣れないことによって、卒業式の最中に気分が悪くなることもあります。見た目はかわいく見える袴スタイルは、着慣れていることが前提です。もし、袴にしようと考えているなら、しばらく様子を見ながら準備を進めていきましょう。

大学生(男性)

【男女別】卒業式の服装とマナー|小学生/大学生/父親/母親
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com/search/suits/

多くの大学生にとって、学生生活最後の卒業式になります。そんな卒業式ではどのような服装が望ましいのでしょうか。中学・高校と制服があったため、卒業式の服装に悩むことは少なかったでしょう。それゆえに、こういう時の服装は迷ってしまいます。もちろん、先輩に聞いてみるのもいいでしょう。また、先輩の卒業式に出ていれば、なんとなく想像がつくでしょう。

基本は、スーツで出席する人が多いです。これは、学校の雰囲気や学科によっても違います。学科によっては、独自の卒業式もあるので、その場合は学校に合わせてください。ここでは、一般的な服装の紹介をします。

一口にスーツといっても色々な種類がありますが、卒業式は先にも述べたようにフォーマル度の高い式典です。変に無理をして浮いてしまうよりも、リクルートスーツが無難です。またボタンの数は、その年の流行にもよりますが、ベーシックなのは3つよりも2つボタンです。しかし、黒や紺のスーツだと暗い印象になってしまいます。そんなときは、ポイントでおしゃれをするとよいでしょう。

例えば、シャツの色を明るくしたり、シャツの柄をストライプやチェックにしたり、ネクタイを水色やピンクなどにするとさわやかな印象になります。ただし、シャツを柄物にした場合は、ネクタイは無地がお勧めです。また、少人数ではありますが、袴姿の方もいます。人生最後の卒業式です。素敵な思い出になるように演出しましょう。

大学生(女性)