Search

検索したいワードを入力してください

アメリカの医療費は高いのか・高い理由・自己負担額・未払い事情

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
カテゴリ:社会問題

初回公開日:2017年11月07日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年11月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アメリカの医療費は高いのか・高い理由・自己負担額・未払い事情

アメリカの医療費は高いのか?

今回は、「アメリカの医療費がなぜ高いのか」について詳しく解説していきます。アメリカに海外旅行に行かれた方で、風邪などで病院に行った方も中には、おられるでしょう。

アメリカは、日本とは違って、医療関係の仕組みが違いますので、病院によって医療費の幅がとても広く、「診療を受けたら凄く高額な請求をされてしまった」という評判が多数ありますので、なぜアメリカの医療費が高いのか、そして、高額な医療費を日本の国民保険で控除できるのかについてわかりやすくご紹介していきます。

風邪の医療費

もしアメリカの病院で、風邪の診療を受けてしまった場合は、おおよそ「20000円」ほどの請求が多く、これよりも高額な場合があります。実際にアメリカの病院にて、診療を受ける場合は、病院に電話をして、アナウンスにしたがっ診療日や病状などの選択を行います。

そして、病院に行ってすぐに診療を受けることができ、「待ち時間は5分から10分」程度となっており、高額な医療費なので、待ち時間が少ないメリットはありますが、診療を行って薬をもらって診療の終わりとなり、凄く簡易的だと言われております。

そして、この薬代も別途請求され、おおよそ「6000円」の金額を支払う必要があり、日本と比べてとても高額な医療費ということがわかります。

旅行などの対策

日本から、アメリカに旅行に向かった際に、もし怪我や事故に巻き込まれた場合に、海外保険に加入していないと、大変高額な医療費を請求される可能性もありますので、もしアメリカへ旅行に行く際は、海外保険に加入しておくことを強くします。

クレジットカードにも、海外保険の保証がついていることが多く、お持ちのクレジットカードの保証価格や保証内容などの内容について詳しく確認しておくことで、いざという時にとても役に立ちますし、海外保険に加入する必要が無い場合があるので、ぜひ確認しておきましょう。

アメリカの医療費が高い理由とは?

次に分野では、「なぜアメリカの医療費がここまで高額なのか」について詳しくご紹介していきます。アメリカには、日本と同じように強制保険ではなく、保険に加入したい人のみ加入という形になり、もし加入していない人は、高額な医療費を請求される可能性が高い傾向にあります。

そして、アメリカの医療費が高い理由には、二つの原因があり、国と医療機関が連携していない点が一番の理由です。それでは、この二つのアメリカの高額な医療費の理由に迫っていきましょう。

国による医療価格の設定がされていない

日本とは医療機関の仕組みが違い、アメリカでは、国と医療機関での医療費の項目が一定に決められておらず、病院側が自由に医療費の価格を設定することができます。ですので、病院によって、同じ診療内容でも、医療費の価格が違ったりするのが原因となっております。中には、「とんてもない高額医療費」を設定している悪徳な病院も存在しており、アメリカへの旅行に際は、気をつけましょう。

参考になる事例が、アメリカにて簡易的な血液検査を受けた場合に、おおよそ「30000円から50000円」の価格設定なのですが、悪徳な病院であれば、おおよそ「10万円から100万円」となる事例があり、とんでもない医療費を請求されることがあり、問題となっております。

PPO保険の裏事情

アメリカの健康保険には、PPO保険という物があり、こちらに加入されている方が多い傾向にあるのですが、病院側は少しでも利益を増すために、たくさんの医療行為を行います。

そして、アメリカの健康保険「PPO保険」は、医療費の一割負担で済むのですが、病院側や医師がたくさんの医療を受けさせるために、医療費が「100万円」を超えることが多くあり、事例では「1000万円」を超えることも稀にあるので、一割負担でも「10万円」を超えることが多いのでとても経済的に負担が高いと問題になっております。

アメリカの医療費の自己負担額とは

もし、日本からアメリカに旅行や主張に行かれた際に、アメリカの病院にて医療を受けた場合に、日本の国民健康保険を使用することができます。日本で、社会保険に加入しているのが条件で、アメリカで医療を受けた証明書を日本に持ち帰り国民健康保険の機関に提出すれば、支払った医療費の7割を返還してもらうことができます。

しかし、この日本の国民健康保険を受ける際に、注意点や覚えておきたい点がありますので、わかりやすくご紹介していきます。

保険の使用方法

アメリカに旅行に行かれた際に、突然倒れてしまい救急車で運ばれて、病院に入院していた場合などがよくあるシュチュエーションであり、この場合に、日本の国民健康保険を受ける方法は、アメリカの診療または、入院した際の病院にて、入院または診療を受けた証明書が必要となります。

もしアメリカにて医療費を支払う場合には、ぜひ有効活用しましょう。ただ、必要書類は、翻訳などをする必要があったりする可能性があるので、その場合は別途手数料を支払わなければならない可能性があります。この別途手数料には、国民健康保険が使用できない可能性があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

控除される金額

次に、アメリカにて入院または診療を受けた際の医療費の価格が、どの程度「控除」されるのかについて詳しく解説していきます。

一つ注意点があり、アメリカにて診療を受けた場合に、医療費を「10万円」支払ったとしても、同じ診療や治療が日本では、「5万円」だった場合は、「5万円」が国民健康保険の適用控除となり、アメリカで支払った医療費が7割返還される可能性は低く、実際は「3万5000円」の返還となる可能性が多くあります。

なので、実際にアメリカで受けた医療費が7割控除されるわけでは無いので、注意が必要です。

請求書などが必要

アメリカに旅行や主張に行かれた際に、診療や入院をされた場合に、国民健康保険を利用する場合は、必要種類がありますので、こちらを詳しくご紹介していきます。必要種類は「海外療養費支給申請書」、「診療内容明細書」、「領収明細書」の内容の書類を提出する必要があり、全て「医師の証明を受けたもの」が必要となりますので、確認しておくことをします。

「診察内容明細書」と「領収明細書」は翻訳の必要があり、翻訳者の住所氏名などの記入と、捺印が別途必要になりますので、ご注意ください。日本に帰国後で問題ないので、健康保険組合に問い合わせるか、申請時に伺って見ましょう。

アメリカの医療費未払いの事情

アメリカの高額な医療費は、社会問題にもなっており、自分の気づかないうちに倒れてしまい、入院していたケースが多くあり、とても高額な医療費を請求されてしまい、支払いができない人が多く、未払いが多数あるのが現状であり、問題となっております。

そして、アメリカ人の医療費を未払いは、おおよそ「4300万人」いると言われており、この原因には、医療費が高額すぎる理由と、強制保険では無いという点があり、突然の自体に対応できていない人たちが多いのも理由の一つにあります。次の分野では、アメリカの医療費未払いについてやアメリカに旅行の際に、未払いで帰国してしまった場合などを詳しく解説していきます。

アメリカ人の8人に1人が未払い

アメリカの医療費未払いの現状は、3億2000万人の人口のうち4300万人と統計で公表されており、この数値は、アメリカの国民の8人に1人が未払いのという、大変深刻な状況となっております。

この問題には、保険会社も関係しており、保険加入者は保険会社を使い支払ったと、思い支払い通知書を無視していたが、実際は条件が違ったり、場所が適応外であったシュチュエーションが数多くあり、保険会社と加入者の間にも、問題が発生しております。

実際には、支払いをしていると勘違いしている人たちも多くいる原因となっております。
この問題に、アメリカの国民の1500万人が貯金などを全て未払いの医療費に支払ったという大変経済的に負担のかかった国民がいるのが現状の問題です。

海外旅行にて未払いのケースも