Search

検索したいワードを入力してください

【髪の長さ別】ヘアバンドのヘアアレンジ方法|前髪なし/ファー

Author nopic iconmori
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2017年11月19日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【髪の長さ別】ヘアバンドのヘアアレンジ方法|前髪なし/ファー

髪の長さ別ヘアバンドのヘアアレンジ方法とは?

ヘアバンドは髪の長さによってアレンジ方法がちがいます。髪が短くなるほどに、派手なヘアバンドをアレンジして大胆に髪を飾ることができます。それぞれの長さ別にヘアバンドのヘアアレンジの方法を見ていきましょう。

ショートは?

ショートカットは派手なヘアバンドアレンジができる髪型です。初心者は有数スのカラーと同色の太めのヘアバンドを飾りましょう。ネイビーやグレーなどの地味な色の有数スとヘアバンドをコーデすれば、街なかでも目立たずにヘアバンドアレンジがたのしめます。ヘアバンドをすることに慣れてきたら、カラフルな柄物のヘアバンドアレンジにも挑戦していきましょう。その場合は有数スのカラーは、白やネイビーなどの地味でシンプルな色を選択しましょう。

レオパード柄のヘアバンドがおしゃれです。意外とどんな服にも合うのでです。ヘアバンドはいちどスッポリと被ったあと、コテで巻いたおくれ毛を出しておしゃれにヘアアレンジします。ウェット系のワックスで整えます。

ベリーショートは?

ヘアバンドはベリーショートの方でもかわいくアレンジできます。ベリーショートだからこそ、思い切って太めで印象的なカラーやデザインのヘアバンドでアレンジしてください。帽子やスカーフを巻く感覚で大胆にベリーショートのヘアバンドをたのしみましょう。前髪は少し出して見せたほうが、ベリーショートのヘアバンドアレンジがかわいく仕上がります。リボンが付けられたヘアバンドが、かわいくアレンジできるのでです。ベリーショートをヘアバンドで思いきりアップバングにするときは、ファッションはシンプルに整えてください。

ボブは?

ボブにヘアバンドでアレンジを加えるとガーリー風になれます。ボブはヘアバンドを付けるだけでもかわいい髪型です。ボブほど、どんなヘアバンドもアレンジできる髪型はありません。太めから細め、シンプルから派手まで、どんなカラー・柄のヘアバンドも使えます。ボブにそのままヘアバンドを付けてもいいですし、シニヨンに結んだり、髪を散らしたりひねったりと、髪の長さや形も自由に変えてアレンジが楽しめます。

紐のように細いヘアバンドは2本を組みにして使うとたいへんアレンジがきくのでです。見た目もかわいいですしおくれ毛の処理も整います。ヘアバンドを2本使うことで個性が出せる、ヘアバンドの典型的なアレンジ方法です。グレーのコートでアウターは地味にして、派手な赤系のマフラーをアクセントにします。ガーリー風にかわいく、ヘアバンド2本使いのアレンジを完成させてください。

ミディアムは?

ミディアムヘアのヘアバンドアレンジはハーフアップとカールが決め手です。ミディアムヘアを太めのコームやコテで巻いてからルーズにハーフアップしてゆるいシニヨンを作りヘアバンドをアレンジしていきます。青系のスカーフ柄のヘアバンドをアレンジするとガーリー感が出せます。

ミディアムヘアをコテでくるくるに巻いてからポニーテールにヘアバンドを付ける方法もかわいくて簡単にガーリーになりなす。甘過ぎないブルー系のヘアバンドを選びましょう。ミディアムヘアに白のスカーフ柄のヘアバンドをアレンジして前髪を無造作に散らしておくれ毛を増やすと、アンニュイな雰囲気で色気のある髪型になります。

ロングは?

ロングヘアにヘアバンドアレンジを加えるときは、アップにすると上手くおさまります。ヘアバンドをうしろ髪のひねりの中に入れてしまうアレンジ方法もあります。ロングヘアは1つに縛って横に垂らしたり上でお団子にしたり、三つ編みやダウンと自由に独創的なアイデアでヘアアレンジしていきましょう。

ヘアバンドのアレンジはおくれ毛の垂らし具合もポイントです。おしゃれにセンスよくヘアバンドからおくれ毛を散らしていきましょう。ヘアバンドのデザインは太い物から細い物、無地から柄まで、ロングヘアならどのような物も合わせることができます。

セミロングは?

セミロングヘアのヘアバンドは頭の高い位置で留めましょう。前髪を残して頭の上で結った後ろ髪の近くに、太めのヘアバンドをアレンジします。うしろ髪は、後頭部の下でシニヨンに結っても縛って流しても三つ編みにしてもOKです。セミロングはヘアバンドの位置を高くすることがポイントです。

セミロングヘアにヘアバンドをアレンジしたら、おくれ毛を垂らして雰囲気を作りましょう。太いヘアバンドはダウンした髪にもアレンジできます。セミロングのヘアバンドアレンジは雰囲気が出せますので、エレガントなヘアバンドをチョイスすればそのままパーティにも参加できる髪型になります。

前髪なしのヘアバンドのアレンジ方法は?

ヘアバンドは便利なヘアアレンジアイテムです。特に伸ばしかけの前髪のときは重宝します。ヘアバンドで前髪をぜんぶ上げてすっきりとしたアップバングにしてもいいですが、髪をコテで巻いて左右に流してヘアバンドを後れ毛と一緒にアレンジしても上手く整います。その場合はうしろの髪が長ければアップにすると全体のバランスが良くなります。前髪を立てて巻く派手なアップバングもヘアバンドによく合います。赤などの派手なヘアバンドでアレンジしましょう。おくれ毛を散らして髪全体をハネさせて無造作ヘアに整えます。

リボンがついたヘアバンドで前髪をキュッと上げるとフェミニンなヘアになり、かわいらしい雰囲気が作れます。左右の髪の先をゆるやかに散らしてハネさせ、自然でやわらかなイメージでヘアアレンジをします。ボブをヘアバンドでアップバングにするアレンジはたいへんポピュラーなやり方です。ボブの毛先は内側に巻くとクラシカルな雰囲気になり、散らすとガーリーなイメージになります。

ファーのヘアバンドのアレンジ方法とは?

ファーのヘアバンドはかわいい印象を作り出せるヘアアイテムです。寒い時期に使うと暖も取れますし、ふかふかのイメージに心がホッとさせられます。ファーのヘアバンドは上品でシックなカラーのグレーの太めをチョイスしましょう。ファーのヘアバンドはベリーショートの人も簡単にガーリーになれる優れモノです。ファーのヘアバンドに前髪を入れてすっきりさせると、まるでファー付きのフードを被ったときのようにあたたかい雰囲気になれます。いつもと変わった印象をつくりたいときにです。

低めのお団子の上に太めのファーのヘアバンドを装着します。頭のうしろの方でのアレンジがです。ポニーテールや高めのアップとのファーのヘアバンドアレンジもです。ファーのヘアバンドは太めのタイプを選びましょう。

年代別のヘアバンドのヘアアレンジ方法は?

ヘアバンドは年代によってアレンジ方法が変わっていきます。ファッションの傾向が20代のガーリーやフェミニン系から、30代・40代はエレガント系へと変わっていきます。自分のなりたいファッションの傾向に合わせて、ヘアバンドのアレンジ方法も変えていきましょう。

20代は?