Search

検索したいワードを入力してください

【髪の長さ別】ヘアバンドのヘアアレンジ方法|前髪なし/ファー

Author nopic iconmori
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2017年11月19日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【髪の長さ別】ヘアバンドのヘアアレンジ方法|前髪なし/ファー

20代はかわいくヘアバンドをアレンジしていきましょう。ゆるやかなフェミニン系の髪型にするのもいいですし、トレンドのガーリー系を目指してもヘアバンドのアレンジがやりやすくなります。グレーやストライプのオーソドックスなヘアバンドもすてきですが、チェックや花柄、色の混ざったカラフルなタイプのヘアバンドもです。20代だからこそできる、派手なヘアバンドアレンジを思い切りたのしみましょう。ヘアバンドからおくれ毛を垂らしてうんとおしゃれにヘアアレンジをしてください。

20代のファッションとヘアバンドは?

大人かわいい女子のファッションはガーリー風がトレンドです。ヘアバンドアレンジはガーリー系にぴったりで一瞬にしてフェミニンな雰囲気になれます。カラーリングをしてパーマやコテでウェーブをつけた髪に効果的です。ガーリー風に甘く全体を仕上げたいときは白系の長めのワンピースに白のリボンのヘアバンドをアレンジします。白の靴下と黒のスニーカーで全体をガーリー風に整えます。頭のてっぺんのお団子を少し斜めに傾けると幼さが出てかわいらしい雰囲気が作れます。

大人の雰囲気にしたいときはダウンした髪に太めのシックな色合いの布のヘアバンドをアレンジします。綿のワンピースとコーデすればバカンスの雰囲気が作れます。ヘアバンドアレンジをするときのワンピースは幼くなり過ぎないように、クラシカルな長めの丈を選んでください。

ワンピースとヘアバンドは?

ワンピースにはヘアバンドで整えた上品な髪型がよく映えます。ワンピースの持つお譲さまっぽい雰囲気をヘアバンドアレンジに反映させていきましょう。ヘアバンドは頭の高い位置でアレンジし、後ろの髪は低い位置でシニヨンに結いあげます。ワンピースの柄や色によっては、髪型を四角いモード寄りに仕上げてもOKです。有数を膨らませて高くすると、ヘアバンドにリボンがついていても甘くなり過ぎずにエレガントにアレンジできます。

30代は?

30代のヘアバンドアレンジは大人の雰囲気ですっきりと結いあげます。ヘアバンドアレンジの髪型におくれ毛やハネはあまり作らずに、しっかりとヘアスタイルを作りあげていきます。ヘアバンドは高い位置にアレンジします。髪はシニヨンなどを後頭部の低い位置に結います。ネイビーなどのシックな色のヘアバンドを選び、しっとりとした大人女子の雰囲気を大切にしながらアレンジしてください。

40代は?

40代はヘアバンドアレンジも控えめです。黒などのシックな色合いを選びます。グレーと黒のセンスのいいスカーフ柄のヘアバンドなどでエレガントに髪型を作っていきましょう。自分好みの生地やスカーフがあれば手作りのヘアバンドでも素敵にアレンジできます。40代はヘアバンドの柄にもこだわってみましょう。40代はヘアバンドアレンジで個性を発揮して、大人の女性としての余裕を見せていきます。

ヘアバンドを活用してもっとステキに!

ヘアバンドでヘアアレンジをすると簡単に印象が変えられます。ヘアバンドでアップバングをして一気にさわやかなイメージも作れますし、ハーフアップやシニヨンと一緒にアレンジしてあっという間にガーリー風にもなれます。アレンジしやすいヘアバンドを有効利用して大人かわいい女子に変身しましょう。