Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】面長の人に前髪|アシメ

Author nopic iconやました
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年12月14日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【メンズ・レディース別】面長の人に前髪|アシメ

面長の人に前髪

面長をカバーするには

「顔の形が面長だから、この髪型は似合わないかな?」「顔の形が面長だから、可愛らしい印象は難しい」そんな風に考えている人は多いでしょう。

面長の顔立ちとは、目から顎までの長さが長く、顔の幅がスッキリとしている顔立ちです。童顔というよりは、大人っぽく落ち着いた雰囲気を与えるタイプです。

もっと可愛らしい印象にしたい。面長をカバーして小顔に見せたい。そんなときには、縦に長い部分をカバーして、横の部分を工夫しましょう。縦横のバランスは髪型で作ることができるので、少しの工夫で、コンプレックスはカバーできます。

前髪を工夫しよう

特に前髪は、面長の人にとって大切な部分。なぜなら、縦の長さをカバーしてくれる大切なアイテムだからです。前髪の作り方を工夫すれば、面長の長い部分がカバーされ、小顔に見えます。

また、どうしてもクールで落ち着いた印象を与えがちな面長の人が、前髪を可愛らしくするだけで、若々しいキュートな印象にすることもできます。

自分に似合う前髪を見つけて、もっと素敵な自分をプロデュースしてしまいましょう。

アシメ前髪

アシメ前髪とは、左右非対称の前髪の事です。左右非対称というとアンバランスなイメージもありますが、実はとても扱いやすい髪型です。さりげなく斜めのラインを作っているため、ナチュラルな印象の前髪になります。

面長の人は、おでこ部分を目立たないようにすることで、顔の形をカバーでき、丸みを帯びた印象になります。アシメ前髪は、おでこの部分をぼかす効果があるので、面長さんにはぴったりです。

流し前髪

左右どちらかから反対側に流れるようなラインを作る流し前髪。大人っぽいアンニュイな印象も作りやすくのバングスです。

面長さんが流し前髪を作る際にはポイントがあります。それは少し重めに作ることです。軽めの前髪を流すと、どうしてもすっきりとした印象が強くなり、面長さんのシャープな印象が目立ってしまいます。

前髪を再度に流すときは、長めの前髪を重ために流すと、柔らかい印象になり、面長のラインによく似合います。

短め前髪

短めの前髪は、面長の人には難しく感じる長さでしょう。おでこを隠すということで、面長の人にも似あうはずなのにどうしてでしょうか。

短い前髪を直線的なラインにしてしまうと、見えている顔の部分が直線的なラインで切り取られれてしまうため、余計に面長が目立ってしまいます。

しかし、前髪に動きをつけると、可愛らしい印象で面長の人にぴったりの前髪になります。カットの時からすべてをまっすぐとしたラインにせずに、丸みを帯びたラインにするといいでしょう。セットするときには、前髪の表面部分をふわっとさせるようにすると、動きが出て、柔らかくおでこの部分をぼかすことができます。

前髪なし

おでこを隠すことで顔の形をカバーできる面長さんですが、前髪が好きでない人もいるでしょう。おでこがスッキリと出た髪型は、美人オーラが出て素敵です。

面長さんが前髪のない髪型をするときには、ポイントがあります。それは、顔のサイドの髪の毛をに動きを出すことです。縦のラインをカバーしない代わりに、横のラインでバランスをとるということです。

おでこをすっきりとだすと、縦のラインが目立ってしまいます。サイドの髪の毛を直線的なラインにすると、全体的に縦長の印象になります。顔周りの髪の毛に動きを出すと、全体的に丸いラインがつくられるため、面長のラインのカバーになります。

サイドの髪を軽くまくだけでも印象は変わります。柔らかい女性らしい雰囲気をイメージしながらセットすると、前髪がなくても、バランスのいい髪型になります。

前髪アップ

面長さんが前髪をスッキリとアップにすると、面長が目立ちます。でも、顔をスッキリと出すアップヘアは髪の毛も邪魔にならず便利です。また、パーティなどでアップヘアにする機会もあるでしょう。

面長の人がアップにするときには、おくれ毛を活用しましょう。全体をスッキリとアップにしてしまうと、印象がシャープになりすぎてしまいます。特に前髪とサイドをきっちりとしてしまうと、面長な縦のラインが前面に出てしまいます。

顔周りや、襟足のおくれ毛を意識して、全体的に抜け感を出しましょう。ふわっとした感じでアップにすると、面長の人がなりがちなきつい印象になりません。サイドの髪を少し巻いておくのもいいでしょう。サイドに空気感を作ることを意識すると、ふんわりと仕上がります。

前髪もきっちりとセットするのではなく、ふんわりとさせ、サイドのふんわり感となじむように、柔らかくセットしましょう。

メンズ・レディース別 前髪

面長メンズに前髪①