Search

検索したいワードを入力してください

要領が悪い人の特徴・原因と改善方法・仕事やバイトでの対処法

Author nopic iconkumalift
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2017年11月21日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

要領が悪い人の特徴・原因と改善方法・仕事やバイトでの対処法

要領が悪い人の特徴とは?

会社には1人や2人「要領が悪い」と人はいわれている人はいませんか。要領が悪いとは、手際が悪く、物事に対してうまく処理できない様子をいいます。実際に、あなたが要領が悪いことに悩んでいる場合もあるでしょう。まずは、要領が悪い人の特徴として、共通しているいくつかの内容を紹介していきます。

真面目すぎる

要領が悪い人に多い特徴として、真面目すぎるという性格です。普段から真面目に取り組んでいない人、行動を起こさない人は怠け者という扱いになり、要領が良い・悪いという判断は発生しないでしょう。

要領が悪い人というのは、一生懸命物事に当たっているのに成果が出ず、非効率的なことばかりする人をいいます。要領が悪い人は、どんな場面でも言われたとおりに物事に当たろうとします。この行動自体は悪くはないのですが、優先順位が変動する事態が起きた時に「今はそんなことしなくていいよ」と注意されることがあるでしょう。

ハプニングに弱い

要領が悪い人は融通が利かず、仕事でハプニングが起こると対処できない傾向があります。基本的に知識があり勉強はできてきたとしても、応用が利かないと要領が悪い結果になり「仕事ができない」など言われてしまうこともあるでしょう。

頑固なところがある

要領が悪い人は頑固なところがあります。「はい」と言われた事に対して返事をしながら心の仲では頑固さが居座っていて、人から言われたことをきちんと把握していません。「なんだか自分はいつもうまくいかない」と悩みを抱えながらも、自分のやり方を他の人に合わせたり変えることをしていない部分があります。

そのため、その部分に気づいた人に「なぜ自分を変えようとしないのか」と呆れられてしまうこともあるでしょう。逆に要領が良い人というのは自分のやり方をコロッと変えることがうまいです。

要領が悪い原因と改善方法とは?

要領が悪い人の特徴でも原因に当たる部分には触れていきましたが、ここでは改善に向けてどうしたらよいかもう少し掘り下げていきましょう。

焦ってしまう癖

要領が悪い人はハプニングに弱いです。普段行っていた行動とトラブルが起きた時の差の把握、その綻びを埋めるには今何をしたらよいのかなど、頭の中に色々な情報が入ってきてしまい、何をしたらいいかが見出せなくなってしまいます。

まずは落ち着きましょう。例えば「1+1は、」という質問を受けた場合「2」とすぐに答えられますが沢山の数字が出てくる計算式を暗算ですぐに回答できる人は数字に強い限られた人でしょう。すぐに答えがわかる内容に対応することは難しくありません。回答につまってしまう問題は時間がかかるのは当然でしょう。しかし、ある程度時間があれば回答できることはわかります。

仕事のミス・トラブルなどハプニングに対しては急いで行動しようとせず少し時間を貰うようにしましょう。状況がわかっていない状態で何かをしようとすると余計ミスが膨らんでしまい相手を怒らせてしまうことは明白です。

視野が狭い

要領が狭い人は真面目です。真面目なことは長所です。性格としても信頼されるでしょう。しかし、仕事に置いては真面目だけでは評価されません。物事の全体を把握し「今必要なこと」を状況に合わせて対応していける人が評価されていきます。

要領の良い人は、自分より優れたやり方をしている人を見ると「この人をお手本にしよう」と真似を試みたり、人の技を盗むことが上手です。しかし、要領の悪い人は自身の知識や思い込みでものごとを図ろうとするため、考え方は偏ってしまい視野が狭いです。他にどのような考え方や行動があるなど目を向けることもありません。これが頑固な部分にあたります。

まずは他の人がどのように対応しているのか視野を広げましょう。今までの自分のやり方や判断については一度蓋をし、上司や先輩に注意された内容は細かくメモをとったりしましょう。人が言っている言葉は自分にない考え方なのでしっかり吸収していけるかが視野を広げていくコツです。どんな部分で要領が悪いと言われているのか紙に書いたりして記憶するようにしましょう。

目的や全体的な段取りの把握

視野が狭いこととも重なってくる部分ですが、要領が悪い人は物事にあたる時にその目的や全体的な段取りができていません。まずは目的や全体的な段取りをきちんと把握をしましょう。

一番大切なことは目的です。相手が何を求めているか目的を理解していないとどうでもいい部分で時間を使ってしまいます。一生懸命やったとしても「こんなこと今やらなくていいよ」とあきれられることになってしまうでしょう。目的を理解していれば途中で失敗した時も色々とリカバリーができます。

相手からの要望など目的を理解し、その後は重要度が高いことだけをまず項目的にリストアップします。その後どの順番でやっていくとゴールまで最短距離なのか優先順序をつけます。いつまでに進めていくかスケジュールも把握しておきましょう。

仕事・バイトの要領が悪い人への対処方法とは?

要領が悪い人とよく仕事でバッティングしてしまったときはどうしたらよいでしょうか。一緒にいるだけでイライラして「なぜこんなこともスムーズにやってくれないのか」とストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。しかし、ちょくちょく怒られているのに同じようなミスを繰り返す要領が悪い人が、バイト・職場にいたら、注意している側にも問題があるともいえるでしょう。

要領が悪い人に対しては、普通に注意をしても改善されることは少ないです。次は仕事・バイトの要領が悪い人への対処方法について考えていきます。

イライラして怒るのはNG

要領が悪いことに対して腹が立ってもイライラして怒鳴ったりしてはいけません。要領が悪い人は「怒られた」という意識に捕らわれてしまい、問題となっている肝心な部分である「何が悪かったのか」「どこが要領が悪い部分なのか」というところが流れていってしまいます。何をしっかりやっていくのかという理解がないまま行動すれば、また失敗してしまいます。

怒ってしまうことで相手は怯えて萎縮してしまい、逆に仕事のミスにつながることもあるでしょう。緊張していると100%の力を出し切れないことはあるのと同じです。

力を抜くように伝えてみる

要領が悪い人は真面目な部分があり、これ以上失敗しないために自分なりに頑張ろうとするところがあります。しかし、視野が狭いのでその分空回ってしまうこともあるでしょう。要領が悪い人の中で、失敗を挽回したく努力していても全体的な把握ができていないために物事がうまく進まないことは多いです。

要領が悪い人には一度力を抜くように伝えましょう。やり方を間違えてしまうと、仕事ではどんなに頑張っても結果につながらないことがあります。仕事をスムーズにする段取りを整理するにしても頭や心がパニック状態に近いとうまくいきません。要領が悪い人には「肩に力が入りすぎているよ」とリラックスを促してあげましょう。