Search

検索したいワードを入力してください

京美人の特徴と着物・化粧品・メイク・性格の特徴|化粧水

Author nopic icon菖蒲
カテゴリ:ヘルスケア

初回公開日:2017年11月19日

更新日:2020年09月26日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

京美人の特徴と着物・化粧品・メイク・性格の特徴|化粧水

京美人の特徴とは?

日本三大美人といえば、秋田、福岡、そして京都です。京美人という言葉は、昔から美人の代名詞として使われてきた言葉です。京美人と聞くと、どのような特徴を思い浮かべるでしょうか。切れ長な目元、品がある、可愛らしい、着物が似合う、特徴はたくさん上げられますが、やはりその「凛とした佇まい」が最大の魅力であり、特徴です。日本の女性の理想像を指しています。

京都へ行ったら…

京都では着物や浴衣をレンタルし、観光地を回ったり、その街並みを散歩して散歩したりできます。お手軽な値段の物から、高級ブランドの着物まで、種類や柄はさまざまです。お店で着付けをしてくれますし、髪型のセットもしてくれます。カバンや草履といった小物類もセットに入っており、もちろん、男性用の着物のレンタルも可能です。

色使いがはっきりしているもの、淡く上品なもの、すべてが揃っているのが京都の着物や浴衣の特徴です。伝統ある街並みや建物を、着物を着て歩くだけで誰でも京美人になれます。

京美人のメイクの特徴とは?

京美人のメイクというのは、いわば「和装に合う」メイクといえます。つけまつげやカラフルなアイシャドウを乗せるメイクでは、着物や浴衣とは合いません。女性は、着るものに合わせてメイクを変えなくてはいけません。では、京美人のメイクの特徴とは、一体何なのでしょうか。

和装に合うメイクというのは「顔のパーツを引き立たせる」のがポイントです。ベースメイクはマットかセミマットぐらいで、ラメが入っているパウダーでツヤ感を出すと良いでしょう。眉毛はくっきりさせるのが重要です。

アイシャドウは濃くする方が着物に負けません。色は、着物の色に合わせるのが良いでしょう。Cゾーン部分を赤くすると、女性らしい華やかな目元に仕上がります。

そしてチークは薄目に、リップは濃いめにするのが和装と合います。赤がどんな着物にも似合いますが、他にはピンク、ローズ、コーラルピンクが色です。艶ありのリップだとさらに良いでしょう。

京美人が使う化粧品とは?

舞妓さんや花魁、京都出身の芸能人の方は、皆「京美人」と呼ばれ、美しい方が多いです。京美人は、どのような化粧品を使っているのでしょうか。

京美人の化粧水とは?

京都伏見には、黄桜酒造という酒造メーカーがあります。そこが販売している化粧水に「京美水」というものがあります。日本酒由来の天然成分が配合されているのが特徴で、高い美白効果、保湿力があります。

京都には、このような酒造メーカーで化粧品開発を行っている会社が他にもあり、同じ伏見にある北川本家から化粧水専門の日本酒、「美肌」もそうです。これは女優の藤原紀香さんも愛用している商品で、つけたては日本酒の香りがするのが特徴です。敏感肌の方でも利用でき、美白効果がとても高いです。

あぶらとり紙が有名!

黒髪の京美人が特徴的なパッケージを、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。明治37年創業の「よーじや」は、あぶらとり紙が看板商品のブランドです。あぶらとり紙だけでなく、天然素材にこだわったコスメを多数取り扱っており、化粧が崩れたところに当てるとパウダーの色がつく、おしろい紙もの商品です。

舞妓さん御用達のお店!

舞妓さんが実際に使用し、美容家のIKKOさんもしているのが、かづら清老舗です。かづらというのは簪などのヘアケア商品で、このお店はつばき油やつげ櫛、ヘアアクセサリーといった、ヘアケア商品を取り扱っています。

ここの看板商品はつばき油で、完全無農薬で育てられた椿を使用しているのが最大の特徴です。純度100パーセントのつばき油が、髪にツヤとうるおいを与えてくれます。他にもリップクリームやBBクリームといったコスメ展開もありますが、特徴として全てにつばき油が高配合されています。

胡粉ネイルって知ってる?

胡粉ネイルをご存じですか。上羽絵惣が販売しているこのマニキュアシリーズは、とてもの商品です。ホタテの貝殻を粉末にした胡粉(ごふん)を原材料としているマニキュアで、日本画用絵具作りの技術を絶やさないよう、「職人の五感」を継承して作られているのが特徴です。一般的なマニキュアとは成分が少し違うことから「人に優しいマニキュア」とも呼ばれています。

カラーバリエーションが豊富なのが特徴なのですが、「艶紅」「白光」「黄紅葉」「水藤」といった京都らしい、特徴的な名前が付けられています。古風で優しい発色が、京美人の爪先を彩っています。

京美人の行動の特徴は?

「はんなり」という言葉が、京美人を表す特徴的なワードですが、京都の女性は「外見だけでなく、大切なのは心(内面)の美しさ」といった教育を小さい時から叩き込まれます。

例えば、嫌なことがあっても「嫌だ」と一言発するのではなく、相手に嫌な気持ちをさせないように「察してもらえる」ような発言や行動を取らなくてはいけません。単刀直入に物事を発しないのが、京美人の行動の特徴です。

京都は昔、お公家さんや皇族が往来していた場所でした。なので、それに見合った立ち振る舞いを求められたのでしょう。また、舞妓さんや花魁といった、おもてなしをする伝統的な職業が現在も残っています。人の気持ちや立場を見越しているのが、京美人の特徴です。

京美人の性格とは?

京美人の性格は「気遣いの美学」と言われています。京美人の人には、お淑やかで凛とした佇まいの中に、優しさと芯の強さを持ち合わせています。

舞妓さんや花魁という職業には、一人前になるまでに長い修行期間があります。新しく覚える事、苦しい事、我慢する事がたくさんありますが、それに耐え、乗り越えなければ一人前になれません。そこが内に秘めた情熱や、我慢強さに繋がるのでしょう。乗り越えることで一流になれますし、自分の気持ちを確立することができます。

感情の起伏や、単刀直入な気持ちをストレートに出さないような京美人の特徴を「気遣いの美学」と呼んだりします。

京美人の外見の特徴とは?

京美人の特徴は、アジアンビューティーの代表のような見た目にもあります。京の町の家は「うなぎの寝床」と呼ばれる造りで、あまり陽の光が入りません。また、舞妓さんや芸子さんは傘をさしていることも多いので肌の色が白く、美肌です。京都は湿度が比較的高い街なので、それも肌への潤いに繋がっています。

また、京都の名産品である湯葉や湯豆腐はイソフラボンが豊富です。夏の風物詩である鱧には、その強い生命力から美肌への栄養価が高いとされています。食べ物と京美人の綺麗の元には、大いに関係があります。色々な観点から掘り下げていくと、暮らす土地の文化な生活によって、形成されるものは大きく違うことがわかるでしょう。

歴史と京美人の関係を知ろう!