Search

検索したいワードを入力してください

女子大出身の特徴と地域別の女子大の特徴|仕事/性格/外見

Author nopic iconりい
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年11月27日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

女子大出身の特徴と地域別の女子大の特徴|仕事/性格/外見

女子大出身の人の特徴

女子大出身者の特徴として、気が強く自分をしっかり持っている印象が一般的に強いでしょう。物事に対してはっきり言ってしまい、逆にいえばキツイ性格だという印象もあります。

性格

女子大出身は、特徴が二極化しています。「純粋にすごく清楚な女性」、もしくは男性がいない環境の下過ごしているので、「わがままな女性」この二つが特徴といえるでしょう。

例えば、名高い女子大には、お嬢様が通っているという世間的なイメージがあり、そこには純粋に大切に育てられたんだと理解することができる穏やかな性格の女性がたくさんいます。温厚でどこか共学の大学とは違う、気品のある落ち着いた性格が特徴的です。

しかし、同じ女子大でも中高一貫校の女子校から女子大へ進学した人も、同時に多い印象にあります。ずっと女子しかいない環境のもとで育ってきたので「言いたいことはきちんという」というように、自分の意見を述べるしっかりとした面を持っている一方で、すごくプライドが高く、わがままだと受け取られやすい性格も、女子大出身者の特徴といえ、後者の方が多い印象です。

外見

女子大出身の方の外見の特徴として、髪型髪色が「きれいめ」の人が多く、男性ウケをしっかりおさえていてながらも、流行をきちんと取り入れて、会社に着ていっても浮いてない服装をしている印象があります。

女子大の特徴は「学校にくるだけなのに、こんなにお洒落してきたの」と驚くくらいオシャレな人が多いので、外見・容姿において、努力している魅力的な方がたくさんいます。

余談になりますが、少し前に見分けがつかないくらい同じような髪色、同じような髪型、同じような服装をしている均一的で特徴がない量産型と呼ばれた女子大生たちが話題になりました。

実際、女子大もこういった量産型と呼ばれるような特徴をもっている学生は多いです。特に髪色は、6〜7割が染めて明るくしているために、黒髪の学生が少なく目立つので、大人びた雰囲気を出すことができ、一目置かれる存在になれます。「大人の雰囲気をまとっている女子大生」こういうギャップが好きな男性は多いでしょう。

地域別の女子大の特徴

地域によって、それぞれに女子大生の特徴があります。今回は、関東と関西の2つに分けて紹介していきます。

関西

やはり、どこでも女子大は、お嬢様やお金持ちというイメージを切り離せません。関西の女性は、特に物事をはっきり言うので、性格が関東よりもサバサバしています。その上、お金持ち・スタイルが良い・容姿が整っていると、有名な女子大が関西には多くあり、男性にはたまらないであろう女性がたくさんいます。

そのような関西の女子大生と合コンをする男性の印象として、ある女子大とする合コンは「ぶどう狩り」と呼び、異なる女子大とする合コンを「芋掘り」と表現することもあります。

モデルのような女子大生がたくさんいる中で、まだ垢抜けていない女子大もたくさんいるようで、いわば格差が激しいといえます。一概に女子大といっても、派手なイメージというわけではないです。

関東

関東における女子大生の競争率は高いです。また、多方面から上京してくるため、関西と同じく外見の格差が激しいです。しかし、合コンの時に使う隠語のようなものはないといいます。

前述しましたが、量産型女子大生が関東は特に多い印象にあります。常に流行の変化が激しく、ドラマに出てくる主人公の服装を真似する女子大生が増えました。例えるならば「地味にスゴイ 校閲ガール」の石原さとみさんがファッション業界を夢見て出版社で働くドラマです。

スカーフを首に巻くスタイルをドラマ内でしていたところ、学内で首やファッションのアクセサリーとしてスカーフを使う人が増え、同じようで特徴的な服装をしている量産型が目立ちました。

関東に多い量産型女子の特徴

インスタにおいて「#今日のファッション」のような言葉を検索すると、現役女子大生読者モデルなどがヒットし、いわば雑誌のかわりに手軽くスマートフォン1つで流行をチェックすることができるため、それを参考にして、同じような服や髪型で均一性のある量産型女子大生にある傾向にあります。

今や東京に住んでいる半数以上が、東京出身ではない時代であり、上京してきた女子大生が東京に強い憧れや流行を追いたい願望があるため、関東近郊の女子大生は量産型が特徴といえます。

女子大と共学の特徴の違い

女子大と共学の最も大きな違いは、「男性がいないこと」です。女子大に通う女子大生の特徴は、遅刻して大学に来た時に、ノーメイクにジャージに近い服装、髪が大いに乱れている状態できている女子大生が、文化祭のような男性がくるイベントの際にはメイク、服装、髪型がバッチリで、その日は時間を守って登校してくるなんて事が当たり前に起きています。

女子大に通う皆がそういうわけではないですが、悪い意味で裏表が激しく、男性の好みによって態度を変えます。

一方、共学に通う女子大生の特徴は、分け隔てなく男性と接している印象にあります。常に男性が近くにいるので、男性慣れしていて、男女関係なく誰にでも普段どおり過ごしていることが分かります。そして、物の考え方が女子大生と比べて柔軟です。女性の考え方と男性の考え方それぞれを知る機会が多いので、意見を尊重することができます。

女子大出身者の仕事の特徴

女子大に通っていた人が就いている仕事の特徴として、キャビンアテンダントやアナウンサーなど、いわゆる花形と言われる職業から、総合商社や銀行などキャリアウーマンを目指し就職する人が多いです。

今日、晩婚化が進んでいて、女性の平均初婚年齢は27.8歳です。独身のが自由で、自分で稼いだお金を自分で好きなように使いたい、結婚に対して必要性がない。はたまた結婚に対して良いイメージが持てなかったり、日本の子育てする環境が完全ではないので、子どもを産んで育てられることが不安と考えるひとが多いです。

そのため、安定した職業に就いて働いていく事が今の女性には求められていますし、そうするには、しっかりとした会社に就職する必要があり、女子大の特徴といえます。

女子大で学ぶ仕事のありかた