Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】テレビを見ない人の特徴と行動パターン|性格/心理

Author nopic iconともちん
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年11月21日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】テレビを見ない人の特徴と行動パターン|性格/心理

男女別テレビを見ない人の特徴

テレビを見ない人はどういう特徴をもっているのでしょうか。あくまで、こういう特徴にあてはまる傾向があるというものです。ここであげる特徴にあてはまっているからと言って必ずしもテレビを見ない人ということにはありません。それでは、男女別にテレビを見ない人の特徴を紹介していきましょう。

忙しい

テレビを見ない人の特徴として忙しいというのがあります。忙しいがゆえにテレビをみている暇がないというのです。忙しい人は他にやることがたくさんあります。仕事であったり、学校の勉強であったりします。

テレビはほとんどの人にとってあくまで娯楽です。テレビをみているとわかりますが、ほとんどがバラエティです。バラエティでお笑いの勉強をするという人はいいかもしれないですが、ほとんどの人はただ単にみているだけです。テレビをみて三時間すごしたあとになにか成長しているわけではありません。忙しい人にはそういう時間が耐えられないのでしょう。

まわりのテレビをまったくみていないという人は忙しいという特徴に当てはまっている可能性もあります。

斜めに構えている

テレビを見ない人の特徴のひとつに常に斜めに構えているというのがあります。こういう人たちは大人に多いです。こどもは純粋にテレビを楽しい娯楽として楽しみます。こどもはなんの疑いもなくテレビを毎日楽しみます。

しかし、大人は違います。多かれ少なかれみんなテレビがやらせだとは気づいています。どっきり企画などがテレビでありますが、本当にどっきりならばあの程度ではすまないだろうというものもあくさんあります。

それはエンターテインメントなので、製作として作られたものです。もちろんそれが悪いといわけではありません。しかし、そういうテレビの裏側を知ってしまい、テレビが嫌いになった人もいます。

ネット派

テレビを見ない人の特徴としてそもそもネット派であることがあります。こういう人はテレビを見ない人というよりは、見たい情報、動画はすべてパソコンから手に入れるからわざわざテレビをつけようとしない人です。まわりにもテレビを見ない人のなかでこの特徴に当てはまっている人もかなりいるでしょう。

ある程度の年齢の人にとってはネットよりはテレビをみることが多いでしょうが、現代の若い人にとってはテレビよりパソコンやスマホで情報をえるという人が増えています。テレビはコマーシャルにいちいち遮られますが、ユーチューブなどの動画配信サイトならばコマーシャルは飛ばせます。

そういう便利なところもネットで映像をみるメリットのひとつでしょう。こういう人たちがテレビよりもネット派となりあまりテレビを見ない人となります。

テレビを見ない人とテレビを見る人の特徴の違い

テレビを見る人とテレビを見ない人の特徴に違いはあるのでしょうか。一概にこういう人は絶対にテレビを見ないというのは言えません。あくまで、傾向的にテレビを見ないような人にはこういうタイプのひとが多くて、テレビをよく見る人にはこういうタイプのひとが多い傾向にあるというものを紹介しましょう。

テレビをみるときはそもそも他にすることがない場合が多いのではないでしょうか。子供の時は食後のテレビが楽しみでしょうがない人もたくさんいたでしょう。しかし、大人になって毎日どうしてもみたいテレビがあるという人は少なくなってきます。

そしてそもそも大人になると忙しくなります。エリートと呼ばれるサラリーマンは仕事以外でも接待や資格の勉強など毎日大忙しです。そういう人たちはテレビを見ない人という傾向にあります。もちろん忙しい人がぜったいにテレビを見ないというわけではありません。

テレビを見ない人の特徴からチェックする診断項目

テレビを見ない人の特徴からチェックする診断項目はあるのでしょうか。テレビをみない人の特徴からおさらいしておいましょう。テレビを見ない人は忙しい人が多いです。

サラリーマンであれば会社終わりの飲み会や接待、スキルアップのための資格をとるための勉強、子供たちと遊ぶといった家族サービス、残業など毎日大忙しでしょう。そういう忙しい人はテレビをみないことが多いです。テレビをみない人は忙しいというふうに診断できます。

テレビを見ない人の行動パターンの特徴

テレビを見ない人の行動パターンの特徴はあるのでしょうか。

常にカフェにいる

テレビをみない人の行動パターンの特徴のひとつとして常にカフェや図書館などの場所にいるということです。こういう人たちはいまなにかしら学びたいことや身に着けたい知識があり、そのために頑張って勉強している人たちです。

こういうタイプの人たちは、ただボーッとテレビをみる時間がもったいないとも思っています。それに家にいるとどうしてもテレビは誘惑になってしまいます。このため、強制的に静かなカフェや図書館にいる場合も多いです。

アウトドア好き

テレビを見ない人の行動パターンの特徴としてアウトドアを頻繁にしているというのがあります。こういう人たちはそもそもテレビをみて過ごすより自分の趣味であるアウトドアなどをするために外に出た方が楽しいと思う人たちです。このタイプの人たちは常に外にでかけるのでテレビをみる機会自体があまりありません。

テレビを見ない人の外見の特徴

テレビを見ない人の外見の特徴はあるのでしょうか。テレビは多かれ少なかれみんなみると思いますが、ずっとテレビをみている人とほとんどテレビを見ない人では外見も少しは変わってきます。

例えばずっとテレビを見る人は基本的に家にいる時間が長いでしょう。テレビを見ない人は外にでる機会が多いです。なので、外で体を動かしたり、アウトドアを楽しんだりしています。そういう人は日に焼けて、体も引き締まっています。

また、表情にも多少の変化はあります。毎日ボーッとテレビをみている人と、なにかしらに真面目にとりくむ人とでは、真剣さが違います、このため、顔も次第に引き締まっていきます。そういう部分が外見の特徴としてでるのです。