Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのランドナーの自転車・パーツ|ツーリング/輪行

Author nopic icon3socc91er
車・バイク / 2018年05月02日
おすすめのランドナーの自転車・パーツ|ツーリング/輪行

初心者におすすめのランドナーの自転車とは?

ランドナーの自転車に乗って、いろいろな場所に行きたいと考えている人はいませんか。しかし、ランドナーの自転車は多くあるので、どれがおすすめなのか分からない人も多くいます。そのため、ここでは初心者におすすめのランドナーの自転車について紹介します。

初心者におすすめのランドナーは、GIANTのグレートジャーニーです。このランドナーは、定番中の定番と言われている自転車です。おすすめなランドナーと言われている理由は、バックがあらかじめ車輪の前後に備えられているからです。標準で装備されているので、後から購入する必要がないので非常に人気があります。

また、フレームがアルミとなっていて、重量が軽めなので非常にこぎやすいランドナーとなっています。しかし、ランドナーに付属しているバックは壊れやすいので、世界一周などの旅行をしてみたいのならば、交換することをおすすめします。

ランドナーの特徴は?

ランドナーは、自転車に大量の荷物を積載できるという特徴があります。ランドナーで旅行をしたいのならば、荷物は全て自転車に積載することになります。しかし、テントや食料、寝袋などの全ての荷物を積載することになると、20キログラム以上もの重量になってしまいます。

ランドナーは、20キログラム以上の荷物を積載したとしても、しっかりと前に進むことができます。もし、ママチャリで20キロ以上の荷物を積載してこいでしまうと、まったく前に進みません。

ランドナーの中には、最大で40キログラム以上の荷物を積載しても耐えることができるものもあります。そのため、ランドナーを購入するときには、耐久性に優れているクロモリ製のフレームが採用されているものを選ぶようにしましょう。

破損しにくい

ランドナーは、アルミやカーボンが採用されていることがほとんどです。しかし、耐久性に優れているクロモリ素材のフレームが採用されている場合もあります。クロモリ製は、非常に長距離旅行に優れていて、なかなか壊れないです。

クロモリ製のランドナーは、アルミやカーボンで作られているランドナーに比べると高めの値段ですが、悪路でも走行することができるので非常に優秀です。また、クロモリ製は鉄製なので、壊れた場合も修正が可能になります。しかし、フレームに大きな破損があると修正ができないという場合もあります。

このように、クロモリ製で作られたランドナーは、壊れたとしても修復することが可能で、長距離旅行に優れているので、非常におすすめなランドナーです。

ランドナーにおすすめのパーツは?

ランドナーにおすすめのパーツについて気になる人はいませんか。ランドナーを購入したとしても、自分の理想だったランドナーを購入できる確率は高くありません。そのため、ランドナーのパーツを変えて自分の理想に近づけたいと考えている人も多くいます。そのため、ランドナーにおすすめのパーツについて紹介します。

ランドナーを購入するときに悩む問題には「ランドナーのタイヤは普通の自転車に比べて特殊なのですか」「ランドナーは旅行の途中のメンテナンスが大変なのですか」が非常に多いです。

ランドナーの中には、メンテナンスが大変なものもあり、ランドナーに愛着があまりない人にとってはめんどくさいものになってしまいます。そのため、事前に調べてからランドナーを購入するか、自分でパーツを買うという方法がおすすめになります。

タイヤ

ランドナーのおすすめのタイヤは、パナレーサー:GRAVEL KING SK 27.5×1.90(650B)ツーリングタイヤです。このタイヤはランドナー専用のタイヤではありませんが、650Bのタイヤなので、ランドナーでも使用することができます。

このタイヤには前面に補強材が備わっているので、パンクがしにくく、耐久性に優れた商品になっています。しかし、このタイヤは太めになっているので、ランドナーによっては、入らないものもあるので気を付けましょう。

サドル

ランドナーにおすすめのサドルメーカーは、Selle Italiaです。Selle Italiaは世界二大サドルと言われていて、非常に人気があるメーカーです。Selle Italiaで作られているサドルは、お尻に負担がかかりにくく、長時間乗っていても疲れにくいという特徴があるので、非常におすすめのサドルになります。

自分に適したサドルでないと、お尻が非常に痛くなります。そのため、疲れにくく、自分に適しているサドルを探さなければなりません。自分に適しているsドルかどうかは、実際に乗って試さなければなりません。

コンポ

ランドナーにおすすめのコンポは、電動コンポです。ランドナーでは、ひどい場合だと7速のコンポを使う場合があります。そのため、電動コンポのほうが旅に最適です。

キャリアなど

ランドナーで旅行をする場合は、キャリアも非常に重要なポイントになります。ランドナーによっては、耐えられる重量が10キログラムほどであったり、40キログラムまで耐えられる場合もあります。どのくらいまで旅行したいかによって、積載量の選び方も変わってきます。

日本一周をランドナーでしない場合は、積載量が10キログラム以上のものを選ぶことをおすすめします。また、ランドナーには、前輪だけでなく、後輪にも取り付けることができます。荷物の量が少なければ、後輪のキャリアに荷物を入れましょう。キャリアが壊れてしまうと、そのあとの旅行が台無しになってしまいます。

特徴別おすすめのランドナークロモリは?

おすすめのランドナークロモリについて気になる人はいませんか。ランドナークロモリは、普通のランドナーよりも非常に優秀なので、欲しいと考える人も多くいます。そのため、ここではおすすめのランドナークロモリについての紹介をします。

ランドナークロモリは、長時間乗っていても疲れがたまりにくい素材となっています。そのため、日本一周や世界一周をランドナーでしてみたい場合は、クロモリ素材で作られているランドナーにすることをおすすめします。

ランドナークロモリは一般的なランドナーよりも値段が高く、10万円以上する場合があります。しかし、使い勝手は非常に良いので買っても損することはありません。ランドナーを買うか悩んでいる人は、ランドナークロモリを買うことをおすすめします。

ミニベロなど

ミニベロのランドナークロモリでも、いろいろなところに旅行することができます。ミニベロでもスピードが出しやすく、乗りやすいので非常におすすめなランドナーです。

用途別おすすめのランドナーは?

用途別のおすすめなランドナーについて気になる人はいませんか。ランドナーにはいろいろな種類があり、ツーリングや旅行などによっておすすめのランドナーも変わってきます。そのため、用途別でのおすすめのランドナーについて紹介をします。

ランドナーを買いたいという人は、旅行やツーリングなどの長時間乗りたいという人が多くいます。長時間乗る場合には、ママチャリなどの自転車では到底無理なので、ランドナーを買わなければなりません。

学校に行く場合や友達の家に行く場合などのときは、どのようなランドナーでもいいです。しかし、学校に行く道が遠すぎる場合などのときには、クロモリのランドナーを購入することをおすすめします。クロモリ素材のランドナーは疲れにくいです。

ツーリング

ツーリングにおすすめなランドナーは、ルイガノのLGS-GMTです。このランドナーのフレームはアルミで、フォーク素材にはクロモリが使われています。付属品には、後輪のバックやフロントバーバックなどがついているので、後から購入する必要がありません。

ツーリングをする場合には、食料や飲み物、着替えなどを持っていく必要があります。後輪にはバックが付属してあり、耐久性が高いのである程度は自分の好きなものを持っていくことができます。また、長時間乗っていても疲れにくいランドナーなので、初心者でもおすすめなランドナーです

他にも、アラヤのフェデラルやツーリストなどのランドナーもツーリングに最適なので、自分の好みのランドナーを選び、楽しいツーリングができるようにしましょう。

旅行など

旅行におすすめのランドナーは、アンコラのスポルティーフです。このランドナーは初心者でも乗りやすいです。このランドナーは、30もの変速があるので、坂道や下り坂でも自分の最適なスピードにすることができます。また、ダブルレバーや泥除けなどが採用されているランドナーなので、使い勝手が非常に良いです。

しかし、このランドナーには前輪や後輪専用のバックなどの付属品が付けられていません。旅行をする場合には、前輪や後輪専用のバックが必要になってきます。このバックがなければ、荷物を持っていくことができないので、耐久性の高いバックを購入するようにしましょう。

耐久力のあるバックがあれば、テントや寝間着などの生活用品もいろいろ持っていくことができます。このように、アンコラのスポルティーフのランドナーは性能が高くて旅行に向いていますが、自分で用意するものもあるので事前に調べるようにしましょう。

ランドナーを買おう

ランドナーがあれば。ツーリングや旅行ができるようになります。車での移動に飽きてしまった人はランドナーを買うことをおすすめします。ランソナーは車よりも景色を楽しむことができ、非常に気分が爽快になります。

ランドナーは初心者でも扱いやすい自転車です。ランドナーの中でも、クロモリ素材で作られているランドナーは非常に優秀です。クロモリ素材で作られたランドナーは、疲れがたまりにくく、上級者にも使われているランドナーです。疲れにくさに重点を置きたい場合には、クロモリ素材のランドナーを買うようにしましょう。

アルミ素材で作られたランドナーは5万円ほどで買うことができ、クロモリ素材で作られたランドナーは10万円が超えることもあります。どの素材のランドナーを買っても楽しむことはできますが、耐久性に差があるので、自分の好きなランドナーを買うようにしましょう。

関連記事

Related