Search

検索したいワードを入力してください

【車・自転車別】パンクしないタイヤ・価格相場

Small 7e134f67 b119 4bd9 a856 4967be9895abねむnemu
カテゴリ:車・バイク

初回公開日:2018年05月08日

更新日:2020年09月19日

記載されている内容は2018年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【車・自転車別】パンクしないタイヤ・価格相場

車にパンクしないタイヤってあるの?

車がパンクした時の作業はパンクしたタイヤを交換したり、最近はパンクしたタイヤをその場で修理するという事もありますが、パンクしないタイヤであればパンクの心配もなく使うことができます。

実はパンクしないタイヤは、フォークリフトや自転車、一輪車といろいろな種類のパンクしないタイヤがありますが、残念ながら車にはパンクしないタイヤがありません。

長距離を高速で走る車の負荷に耐えられる構造や空気が状劇を和らげてくれる車のタイヤの構造からも乗り心地の面で技術が追いつかず、車のパンクしないタイヤは販売されていません。ですが、パンクしても走れるタイヤがありこちらを紹介します。

ブリヂストンPOTENZA S001 RFT

タイヤの大手メーカーのブリヂストンが開発した、パンクしても走れるタイヤはパンクしないタイヤに近い機能を持っていて、今まではパンクしたらすぐにスペアタイヤに交換するか、パンク修理の道具でその場で修理のどちらかでしたが、パンクしても走れるタイヤはパンク後80kmの距離を走行可能になっています。

タイヤのサイドに強力な補強ゴムが組み込まれたランフラット構造をしていることで、パンク時に車体を補強ゴムが支えることでパンクしても走れるようになっています。

ランフラット構造のタイヤはパンクしても走れることで、パンク後に安全な場所への移動ができ二次災害を防ぐことになります。またタイヤ交換ができない方や、スペアタイヤのない車に装着することでパンク時の不安を軽減させる事もできです。

自転車にパンクしないタイヤ

自転車はパンクしやすい乗り物といえ、パンクした時の対処商品も数多く出ていますが、パンクしないタイヤも、色々なメーカーが数多くの種類を販売しています。

その場ですぐにパンクの直せない自転車にとって、パンクしないタイヤは自転車を多く乗る機会のある方にとって商品です。

ですが、自転車には用途によって特色のあるタイヤが多い事もあり、パンクしないタイヤを選ぶ時に迷ってしまいます。そこで、自転車の種類によって違うパンクしないタイヤを紹介していくので参考にしてください。

ロードバイク

ロードバイクは時速30km以上の高速で走ることのできる自転車で、長距離を走るツーリングや峠や上り下りを駆けるヒルクライムとタイヤに負担の掛かりやすい自転車です。

高速で移動したり高低差の激しい場所でパンクしてしまうと、怪我の元になり危険が伴うためパンクしないタイヤはロードバイクに適したタイヤといえます。

長距離走行しても、タイヤが一本のゴムなので、走行中にタイヤに掛かる圧で空気が抜けるという事もなく、クッション性も開発が進み、通常のチューブ式のタイヤにひけを取りません。

NEXOソリッドタイヤ

NEXOソリットタイヤは素材にNEXELLを使用することで、耐久性に優れ日本JISの磨耗5,000KMに合格したパンクしないタイヤです。

チューブは中心部までゴムでできていて、空気の注入が必要のないタイプになっているのでパンクの心配がありません。

NEXOソリットタイヤは、Tボルトを使い走行中のタイヤが外れやねじれを防止してくれて100kgまでの重量の耐久性もあり、どんな自転車にも使う事ができます。

また、タイヤに使われているNEXELLは耐久性に優れているだけでなく、軽いのも特徴で軽さと丈夫さ、安全面からロードバイクに使用できるパンクしないタイヤといえます。

クロスバイクのパンクしないタイヤって?

クロスバイクは、速度30km以下での走行が主な自転車のことで、ママチャリやマウンテンバイクをさし日常生活に密接した自転車になりパンクの可能性の高い自転車でもあります。

日常に使うことの多いタイヤは、釘やガラス片といった物がどこに落ちているか分からない状態でパンクの可能性の高い状態で使うことになり常に危険と隣り合わせになる上に、自転車に荷物を多く積んだり、子供を乗せる事もあり、パンクした時には自分だけの怪我ではすみません。

クロスバイクにパンクしないタイヤを使う事で事故の発生を抑え、タイヤの修理代もなくすことができ経済的でもあります。

シンコー SR-027 パンクレスタイヤ

チューブ自体が空気のないゴムなので、釘が刺さっても空気が抜けてパンクという心配のないエアレスチューブになっています。

ゴムのみでできているチューブは、空気の入る普通のチューブと違い重く、硬くクッション性に欠けていましたが、ゴム発泡体が開発され従来のチューブに負けないクッション性と軽さがパンクしないタイヤでも実現しました。

新開発された、パンクしないタイヤのシンコーのゴムチューブは軽さ、クッション性だけでなく耐久性にも優れたパンクしないタイヤです。

Blockquote firstBlockquote second

走りだしが少し重く感じますが、
走り出せば、気にならない程度です、

交換には慣れと工具が必要です、
パンク修理が慣れている方であれば、
問題なくできると思います。

パンクしないタイヤの価格相場

パンクしないタイヤは、溝がなくなったりヒビがいくまで使えるので長く使えますが、普通のタイヤと違い素材の使用量からしても高額になってしまいます。

しかし、パンクしないタイヤがどれくらいの価格相場で取引されているのか、買ったことのない方には分かりません。そこで、パンクしないタイヤの価格を紹介するので購入時の参考にしてください。

自転車のパンクしないタイヤの価格って?

自転車のパンクしないタイヤは最低でも3,000円以上から販売されていて、自転車によく使われるタイヤが安いタイヤで約900円だということを考えると高い価格設定になっていますが、チューブの中が空洞のタイヤに比べ素材の使用量からどうしても高額になってしまうのは仕方のない事といえます。

パンクしないタイヤに使われている素材も、各メーカーが開発した新素材が使われる事が多く、その事も価格が高い理由の一つになっています。