Search

検索したいワードを入力してください

【車・自転車別】パンクしないタイヤ・価格相場

Small 7e134f67 b119 4bd9 a856 4967be9895abねむnemu
カテゴリ:車・バイク

初回公開日:2018年05月08日

更新日:2020年09月19日

記載されている内容は2018年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【車・自転車別】パンクしないタイヤ・価格相場

shinko SR-027 パンクレスタイヤ

シンコーのパンクレスタイヤはホールサイズ26インチで、一本が3,257円になっているので前後変える場合は7千円近くの価格になります。

Blockquote firstBlockquote second

その名の通りもうパンクはしませんね。
段差などを勢いをつけるとホイールがとか、言われてますけどそんな事はなく、取り付けも、チューブ交換したことがある人ならばできます。

パンクしないタイヤのメリット・デメリット

パンクしないタイヤはパンクしないというメリットもありますが、どうしてもデメリットもでてきます。パンクしないタイヤのメリットとデメリットを紹介していくので、パンクしないタイヤを選ぶときの参考にしてください。

パンクしないタイヤの交換

パンクしないタイヤは、パンクがない分パンクしないタイヤ自体が劣化して取り替えない限り交換はほぼありません。

パンクしないタイヤが劣化しての交換時期は、メーカーやの使っている素材や、使用頻度によって変わってきます。タイヤの溝がなくなったり、亀裂が入っている場合は早めに交換する必要がありますが、パンクでの交換はありません。

パンクしないタイヤの交換のデメリットとは?

パンクしないタイヤは、まったく空気の入っていないゴムなので慣れないと交換がしにくいというデメリットがあります。

空気の入っているタイヤが空気分の余裕があるのに対して、パンクしないタイヤはその余裕がない分専用の道具が必要で、取り付けにも力のいる作業になり女性では交換が厳しいというデメリットがあります。

しかし、ノーパンクタイヤを取り扱っているお店には取り付けのできる店員さんがいる場合があり、店員さんにして貰うことで短時間での取り付けが可能になります。

パンクしないタイヤは走行に関してのメリット

パンクしないタイヤの走行に関しての最大のメリットは、走行中どんな場所を走ってもパンクしないということです。

パンクしない事で、安全面が格段に上がることで怪我の心配が少なくなり、パンク毎の付け替えの手間もなくなります。

パンクしないタイヤの素材も、通常のタイヤに近い乗り心地になったいる事もあり安全面とだけでなく乗り心地もよくなっています。

パンクしないタイヤの走行のデメリット

パンクしないタイヤの走行時のデメリットは、こぐ時の重さ、重量のあるものだとタイヤがパンク時と変わらないくらい、へしゃげて走行に支障が出ることがあるということです。

パンクしないタイヤは、対応重量が100kgのタイヤもありますが、クロスバイクのように子供を前後で乗せるといった場合といった、かなりの重量がタイヤに掛かる時には支障の出ることがあり、そのことを想定して作られていない分、想定外の重さに弱い一面があります。

パンクをしない事には強いタイヤではありますが、一人で使うことを前提でパンクしないタイヤを使われることをします。

特徴別パンクしないタイヤ

パンクしないタイヤにも、特徴がありそれによって用途も好みも変わってきます。パンクしないタイヤを買うときにまず考えないといけない事が、どういった特徴のあるパンクしないタイヤを選ぶかです。

ただ単にパンクしないタイヤを何でもいいからと買ってしまうと、目的の物に使えない場合もあるので、パンクしないタイヤの特徴をしっかり把握して買うようにしないといけません。

パンクしないタイヤを特徴によって紹介していくので、必要なパンクしないタイヤの特徴を把握して、必要なパンクしないタイヤを選ぶようにしましょう。

20インチのパンクしないタイヤって?

20インチのパンクしないタイヤはリヤカーや折り畳み自転車、子供用の自転車に使われる大きさのタイヤになり、荷物や子供の体重を支える強度は十分あり、パンクしないタイヤを使う事で車の多く行き交う場所でのパンクによる事故や、転倒を防ぎ子供の安全を確保することができます。

20インチの自転車は、行動が広範囲で活発になる時期の小学生や、荷物を遠方に届ける場合、仕事で自転車を使って長距離を移動することもあり、歩きでは時間のかかる場所でのパンクでは、帰りに押しながら長距離を歩いて帰ってくるという事もパンクしないタイヤならありません。

700ccのパンクしないタイヤって?

700ccのタイヤは自転車のクロスバイクで良く使用されるタイヤの幅が20mmから45mmまでのタイヤのことをいいます。

クロスバイクは、日常でよく使う自転車になる事もあり、車の多い道路の走行や公園といった何が落ちているか分からない場所での使用が多くパンクの危険性が高いのが自転車です。

パンクの危険性が高い分、各種メーカーが一番作っているパンクしないタイヤの大きさでもあるので、比較的手に入りやすいという特徴があります。

折りたたみにパンクしないタイヤってあるの?

折り畳み自転車は、乗るだけでなく畳んで持ち運ぶ事もある自転車で、軽さが求められますがタイヤのサイズは16~20インチと小さいタイヤになります。

リヤカーに子供用の自転車といった多方面に需要があるタイヤのサイズになり、ホイールに装着された状態で販売されていることの多いタイヤでもあります。

パンクしないタイヤに変えて快適なノーパンク生活