Search

検索したいワードを入力してください

「手を引く」の意味と例文・類語・慣用句・敬語・丁寧語

Author nopic iconオポッサムウ
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2017年12月06日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2017年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「手を引く」の意味と例文・類語・慣用句・敬語・丁寧語

「手を引く」の敬語と丁寧語

敬語は主題の人物や話し相手に対して敬意を示す表現です。その敬語には「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3つの段階が存在しています。日常生活では丁寧語でも十分な敬語であり、過剰な敬語は時として相手にしつこい印象を与えてしまいます。

簡単な説明をすると
尊敬語は「れる、られる、お~になる」
謙譲語は「お~する、~ていただく」
丁寧語は「です、ます」を用いる表現となります。

「手を引く」に当てはめて考えると
尊敬語「手を引きになられる」
謙譲語「手を引かせていただく」
丁寧語「手を引きます」となります。

また敬語の場合は「手を引く」でいうところの「手・引く」の前に「お」を付けて「お手・お引き」とする場合がありますが、敬語を重ねすぎることを二重敬語といい、場合によっては好ましくない用いり方とされているため注意しましょう。

「手を引く」の類語とは?

ここからは「手を引く」の類語についてご紹介します。慣用句の説明でも伝えましたが、言葉の引き出しが増えると表現にも幅が出るため、ビジネスマンなどにとっては非常に大切なことになります。

日常生活でも色々な言葉を知っている人は話し方に魅力が出たりと、メリットが多いため類語を知ることで自らの糧にしてみてください。

退く意味の「手を引く」の類語

関係を断つなどで退く意味の「手を引く」には「匙を投げる・引き上げる・背を向ける・愛想をつかす・踏ん切りをつける」などの類語があります。

それぞれを使った例文をご紹介しましょう。
「解決策が思い当たらないため、匙を投げる者が続出した」
「現場での作業が終了したため引き上げる」
「お世話になった人に背を向けて生きる」
「あまりに酷い性格に愛想をつかす」
「今まで続いていた関係に踏ん切りをつける」

他にも多くの類語があり、インターネットや辞書などで調べてみると知らなかった言葉が多いことに気づいたりします。

手を取り導く意味の「手を引く」の類語

手を取り導く意味の「手を引く」には「一緒に行く・先導する・寄り添う・協力する」などの類語があります。

それぞれを使った例文をご紹介します。
「毎年開催されている町恒例の夏祭りに彼女と一緒に行った」
「地形が入り組んでいるため、山に慣れている先輩がログハウスまで先導した」
「辛い時でも寄り添うのが夫婦である」
「献血に協力する」

ケースによっては「手を引く」よりも適した言葉があるため、多くの類語を知っておき表現の幅を広げましょう。

「手を引く」人の心理とは?

最後になりますが少し視点を変えて「手を引く」という行動の心理について考えていきます。実際に「手を引く」という言葉が意味する行動の心理を知る事で、言葉への理解を深めていきましょう。

関係を断ち退く意味の「手を引く」人の心理

関係を断つなどして退くという意味の「手を引く」では予防線を張る・危機回避などの「守り」の行動心理があります。

自らの側にデメリットとなることが目に見えている場合に抱く心理です。ただ、時には関係を断つためではなく、維持したり新たな関係を築くための行動にもなるでしょう。

手を取り導く意味の「手を引く」人の心理

手を取り導く意味の「手を引く」で重要なのは「手を取る」部分にあります。手を取るとは、すなわち手を繋ぐことです。手を繋ぐ際には「好き・放したくない・守りたい・独占したい」などの心理が働いています。

「子供の手を引く」も子供を危険などから守りたいという気持ちから「手を引く」という表現になるのですから「手を取る心理=手を引く心理」といっても過言ではありません。ただ「手を引く」は手を取るだけではなく「導く」ので手を引く側の主導権が強調される場合もあります。

正しい使い方と言葉への理解が大切

今回は「手を引く」という言葉をご紹介しましたが意味が2つ存在していて、それぞれ異なった意味を持っていました。また「手を引く」は慣用句であり正確な意味を理解していないと、おかしな返答や文章になってしまう恐れがあります。

「手を引く」に限らず言葉を使う上で大切なのは「正しい使い方と意味」を知ることです。それらを踏まえることで初めて言葉への理解があると言えるでしょう。