Search

検索したいワードを入力してください

【関係別】結婚式の招待状に返信メッセージ例文

Author nopic iconessakko0104
カテゴリ:結婚

初回公開日:2017年12月07日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【関係別】結婚式の招待状に返信メッセージ例文

関係別結婚式の招待状に返信 メッセージ例文

結婚式の招待状をもらったときにどのような返信メッセージを送ればいいのかわからないときはありませんか。親しい友達の結婚式の招待状の場合や会社の上司や先輩からの結婚式の招待状など、自分との関係別で返信 メッセージは変えるほうがいいでしょう。

出席できる場合と欠席の場合でも返信 メッセージの書き方は変わってきます。どちらにせよ「おめでとう」の祝福の気持ちが伝わるような返信メッセージであれば失礼にはあたりません。関係別の結婚式の招待状の返信 メッセージの書き方を例文を交えながら説明してきます。

友達

友達の場合は全体的に砕けた敬語もしくは口語でいいでしょう。例文としては「ご結婚おめでとうございます。結婚式当日までやることが多くて大変だと思いますが、体調に気を付けて頑張ってください。当日2人の晴れ姿を楽しみにしています」だと少しかしこまった雰囲気のメッセージになります。

そのほかにも「結婚おめでとう。慶んで出席させてもらいます。結婚式当日に久しぶりに会えるのを楽しみにしています」「結婚おめでとう。○○のウェディングドレス姿が今から楽しみです。当日2人の幸せな姿を見れるのをとても楽しみにしています」など、今から当日が楽しみな気持ちを伝えられるような返信 メッセージにしましょう。

親しい友人

先に述べた友人よりも親しい場合はフランクな返信でいいでしょう。親しい友人の場合は招待状を送る前に結婚式のことについて事前に本人から聞いていることも多いでしょう。形上結婚式では招待状を送ることになっていますので、返信 メッセージはすぐに送りましょう。

例文としては「結婚おめでとう。いよいよだね。結婚式当日楽しみにしているよ」「結婚おめでとう」「結婚おめでとう。○○と○○さんの晴れ姿見れるの楽しみだな。わたしに手伝えることがあったら何でも言ってね」というような口語でフランクにお祝いの気持ちを伝えましょう。

先輩・上司

先輩、上司など自分よりも目上の人の結婚式の招待状への返信 メッセージはどのような文面がふさわしいのでしょうか。敬語を適切に使って丁寧な返信 メッセージを心がけながらお祝いの気持ちを述べます。

「このたびはご結婚おめでとうございます。ご招待いただきまして誠にありがとうございます。慶んで出席させていただきます。お二人の末永い幸せを心からお祈り申し上げます」「ご結婚おめでとうございます。お招きいただきまして誠にありがとうございます。慶んで出席させていただきます。お二人の晴れ舞台を心よりお喜び申し上げます」などです。

招待してもらったことへの感謝の気持ちと二人の今後の幸せを祈る返信 メッセージが相応しいです。

後輩

サークルや部活の後輩から結婚式の招待状が届く場合もあります。その場合は親しい友人と同じようにフランクに親しい気持ちで返信 メッセージを書きましょう。

「結婚おめでとう。ついに○○も結婚か。二人とも末永くお幸せに。当日楽しみにしているよ」「結婚おめでとう。先輩をさしおいて結婚とは羨ましい。慶んで出席させてもらうね」「おめでとう。○○も人妻か。二人の晴れ姿を今から楽しみにしているね」のような返信 メッセージでいいでしょう。

家族や夫婦で招待を受けた場合

自分が結婚していて配偶者と共通の知り合いだと家族や夫婦で結婚式に招待してもらうことがあります。その場合はどのような返信 メッセージにすればいいのでしょうか。

例としては「ご結婚おめでとうございます。夫婦そろって喜んで出席させていただきます。当日の二人の晴れ姿を今から楽しみにしています」「結婚おめでとう。家族みんなで出席させてもらいます。お二人の末永い幸せを心から祈っています」などです。一人なのか家族で出席できるのかを明記しましょう。

親族の結婚式の招待状に返信 メッセージ例文

近くに住んでいる場合は手渡しの場合もあるでしょうが、遠方に住んでいる親戚には結婚式の招待状を郵送で送ります。親戚といっても頻繁に会う人たちもいれば滅多に連絡を取らない人たちもいるでしょう。

基本的には親戚との関係は親しいものであるので、その場合の相応しい返信 メッセージを例文で紹介していきます。

いとこ

従妹との関係性も人によってさまざまですが比較的自分と年齢が近い場合が多いのではないでしょうか。

そんな従妹の結婚式の招待状に対しての返信 メッセージは「ご結婚おめでとうございます。この度はお招きありがとう。慶んで出席させてもらいます」「結婚おめでとう。慶んで出席させてもらいます。家族と相談してお祝いを準備しようと思っているので楽しみにしていてね」などフランクな文面でいいでしょう。

兄弟

兄弟の場合はそもそも招待状の返信が必要か悩むでしょうが返信は必要です。返信 メッセージもなるべく書くようにしてください。とはいえ何を書こうか迷う人も少なくないでしょう。不断言えないお祝いの気持ちを素直に述べたり、一言でも構いません。

「結婚おめでとう。○○のウェディング姿楽しみにしてるね」「おめでとう。結婚式楽しみにしてるよ。○○さん(旦那さんや奥さん)によろしくね」「おめでとう。当日まで身体壊さないように気を付けて準備頑張ってね」などでいいでしょう。

特徴別結婚式の招待状に返信 メッセージ

上司など目上の人の結婚式の招待状に対する返信 メッセージは敬語で無難な返信 メッセージが失敗もないでしょうし安心です。親しい友人や後輩などの場合はくだけた文面でもかまわないのでユーモアあふれる内容やイラストを描いて返信する人もいます。特徴別でどのような返信 メッセージがあるのか見ていきましょう。

おしゃれ

招待状の返信 メッセージがおしゃれだととても嬉しくなります。文面自体をおしゃれにするのは難しいですが、イラストを添えたり敬語文字を消す際のテクニックでもおしゃれになります。最低限のマナーを守ればおしゃれな返信 メッセージも可能です。

簡単にできるのは「欠席」の文字を二本線ではなく「寿」で消すようにしたり「ご出席」の「ご」の字を「寿」で消す方法です。「寿」という文字はおめでたい文字なのでもらった本人たちも喜ぶでしょう。

また「出席」の文字をイラストで消す人も最近では増えてきました。二人への返信 メッセージの周りをイラストでおしゃれに彩ったりすると文字だけの返信 メッセージよりも彩鮮やかできれいです。

くだけた