Search

検索したいワードを入力してください

結婚式に友人代表スピーチ例文・時間・マナー・曲

Author nopic iconyuu
カテゴリ:冠婚葬祭

初回公開日:2017年12月26日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚式に友人代表スピーチ例文・時間・マナー・曲

大学を卒業し、同窓会で久しぶりに〇〇くんに会いました。いつも冷静で落ち着いていると
〇〇くんが興奮して話してくれたことがあります。それが〇〇さんのことを教えてくれたときです。今までに見たことのない、嬉しそうな表情で、どんなに〇〇さんが素晴らしく、可愛くて、気が利く女性であるか、という話をたくさん聞かされました。

さて、ぜひ新郎新婦のおふたりにお伝えしたいのですが、今日ここに出席している中学校時代のメンバーは私も含めまだまだ独身が多いです。〇〇くん、僕たち独身貴族に結婚したい!と思わせるような、あたたかな家庭を築いてください。

本日はおめでとうございます。みなさまご静聴ありがとうございました。

結婚式のスピーチの文章の構成について

結婚式での友人代表スピーチの例文をご紹介させていただきましたが、実際に原稿を書いていくとなると、どこから手をつけて行けばいいのだろうという疑問が出てきます。ここでは結婚式での友人スピーチの原稿を書く際の構成についてご紹介をいたします。友人スピーチや結婚式に限らず、お祝いの席はもちろんですがその他の時にも参考に使ってください。

1.あいさつ

まずは、結婚式の主役である2人の結婚に対する挨拶が必要になってきます。そのため、「〇〇くん、〇〇さん、本日はご結婚誠におめでとうございます。 ご両家の皆様におかれましても、本日は誠におめでとうございます。」と一言書きましょう。

また、当日は緊張をして忘れがちになってしまうのですが、新郎新婦とご両家にに向かって「どうぞお座りください」とお声がけをこの時にするのを忘れないように気を付けましょう。

2.自己紹介

次に自己紹介を入れていきます。ここでは結婚式の主役は新郎新婦なので、控えめな自己紹介にしましょう。「ただいま今紹介に預かりました〇〇と申します。2人とはとは高校時代からの友人で、今でも仲良くさせてもらっています。」と2人との間柄がわかるような文章でかまいません。あくまでも結婚式の主役は新郎新婦なので、控えめに気を付けましょう。

3.本題

スピーチでの本題ではまず、思い出や懐かしいねと言うようなエピソードを入れます。次に2人は自分にとってどういう存在かを入れます。そして2人が結婚すること聞いた心境を書きます。この3つに分けて書いてみると書きやすいです。

4.結びの言葉

最後は結びのあいさつとして、今日の結婚式に招待してくれた感謝の言葉や、結婚に対するお祝いの言葉などで結びの言葉としてください。

新郎・新婦別結婚式に友人代表スピーチ

結婚式での友人スピーチをお願いする際には、共通の友人がいる場合には共通の友人にお願いすることが多い友人代表スピーチですが、もちろん新郎または新婦どちらかの友人にお願いすることもあります。代表スピーチはお手紙でのスピーチです。

感動の手紙形式のスピーチ

結婚式の友人代表スピーチで手紙形式でなんて考えられない、聞いたことがないという方も中にはいるとかと存じますが、実は手紙形式にはたくさんのメリットがあります。

メリット1.緊張が減る

台本やセリフを暗記をして一生懸命覚えていざ本番を迎えても、大勢の前に立つと緊張してしまって内容を忘れてしまった。という事も経験が誰しも1度くらいはあるでしょう。そんな時に手元にお手紙として原稿があると安心です。また、しゃべるのが苦手という人にはよりです。

メリット2.時間通りに話せる

何も見ないで話をすると、ついつい気持ちが入って時間が長くなってしまうことがあります。事前に原稿を書いておけば変にダラダラと長くならずにスムーズに時間通りに進める事ができます。

メリット3.伝えたいことをしっかり伝えられる

たくさん練習をしていても本番でのスピーチでは緊張してしまい、2人に伝えたいことがちゃんと伝えられなかった。と言う事もお手紙にすればそういった失敗はなくなります。

メリット4.贈り物にできる

せっかく友人代表のスピーチを考えても当時のスピーチが終わってしまったら終わり。というのも寂しいです。お手紙にしておけばそのままお渡しもできますし、新郎新婦も後で読み返すことができて、結婚式の余韻を感じられます。また、最高の贈り物にもなります。

あとでふたりに渡す事を考えて気を付けたいポイントをご紹介いたします。

・封筒や用紙は渡す事を考えてステキなものを選びましょう。
・封筒には2人の名前もしくはタイトルを書くとステキです。
・手紙や封筒は直筆で書く。失礼のないように丁寧に書きましょう。

これらのポイントを押さえてステキなスピーチをお手紙にしてください。