Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】ESでの志望動機の例文・書き方|就職/アルバイト

Author nopic iconjuri
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2017年12月13日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【特徴別】ESでの志望動機の例文・書き方|就職/アルバイト

志望動機の書き方

志望動機の重要度

企業は「熱意」を重視している!

下記のデータは「就職白書2017年」で企業が応募者の学生を採用する際に何を重視するのかを調査した結果です。企業は採用の際に応募者の「人柄」を重視しており、次いで応募者の「自社/企業への熱意」を重視しているという結果が出ています。

Blockquote firstBlockquote second

企業が採用基準で重視する項目と、学生が面接等でアピールする項目を比較して見る。
企業が重視している項目は「人柄」「自社への熱意」「今後の可能性」が圧倒的に高かった。
一方、学生がアピールしている項目は、「人柄」「アルバイト経験」「所属クラブ・サークル」の順となった。

志望動機で熱意をアピール!

就活では希望する企業に就職したいという熱意を表現するために志望動機でアピールします。企業は応募者の熱意の判断材料として志望動機を重視しており、今後の採用結果にも影響するということが言えるので、まずはESで相手に熱意が伝わる志望動機を書かなくてはなりません。

まずは箇条書きで整理する

一般的に志望動機は「なぜその業界なのか」「なぜその企業なのか」「今後どのように活躍していきたいのか」をベースに考えると良いと言われています。そこでその業界に興味を持ったきっかけや、なぜその仕事に就きたいと考えたのかという自己分析をする必要があります。

志望動機はあるけれど考えがまとまらない、志望動機が浮かばずにESが書けないという方はまず、上記の「なぜ」に対して思いつく限りの答えを出してみます。そして出てきた答えを箇条書きに書き留めることで自分の思考が整理され明確化することができます。そうすると志望動機の核となる「なぜ志望したのか」という土台を固めることができるでしょう。

企業研究を行う

ESに志望動機を書く上で企業研究をすることは自己分析をすることと同じくらい重要なことです。企業分析を生かした志望動機と入社後のキャリアビジョンを伝えることで、その企業で活躍したいという熱意をアピールすることができます。

また採用者はESに書かれた志望動機やキャリアプランなどから、志望者の思考と企業の方向性とが合っているか、志望者は企業が求める人材なのかを判断します。ESを見て会ってみたいと感じてもらうためにも、企業分析し志望する企業の理解を深めることは重要です。

企業研究の方法は?

では企業研究では企業をどういう視点で見たらよいのか、企業研究をする際に具体的に見るべきポイントをいくつかご紹介します。

競合他社と比較する

希望する企業以外にも同業界には競合する企業が存在します。同じようなサービスを扱う企業でも、サービスの対象者が法人なのか個人なのかによってサービスの提供方法が変わってきます。また、外資系企業や日資系企業などによっても社風が違うといったことも出てきます。

志望企業の何に魅力を感じたのかを説明するためには、志望する企業だけでなく競合他社についての理解を深める必要があります。

競合他社を比較する時にみるポイント

Blockquote firstBlockquote second

同業界の企業同士を次の切り口で分類

1.業態(商品の売り方・サービスの提供方法)
2.企業規模(売上高・営業利益・従業員数・株式公開・資本金など)
3.資本(独立系・系列系・外資系など)
4.商品・サービスの対象(個人消費者・法人/年齢層別/男女別/国内向け・海外向け など)

※マイナビ新卒紹介(企業研究はここをチェック!企業を理解するポイント)より

上記は志望している企業と競合他社を比較する時に見るべきポイントの一例です。これらの事項を参考に、志望企業の業界内での立ち位置やサービス、また社内制度についても比較することができます。

企業の特徴や社内制度を調べる

代表者の情報や企業理念などの企業の基本的な情報はもちろん、扱っているサービスについての理解を深めましょう。業界内でのシェアや企業独自の強みなどを把握することで具体的な志望動機に繋げることができます。

また営業利益率や事業拡大は企業の業績や成長性の理解を深めるうえで参考になります。特に新規事業の立ち上げに興味がある場合などは必ず調査しましょう。そして入社後の働き方にも深くかかわる評価制度や福利厚生などの社内制度はしっかりと把握します。

OB・OG訪問で生の声を聞く

OB、OG訪問は実際にその企業で働いている先輩社員の生の声を聞くことのできる機会です。企業のホームページだけではわからない情報や、実際の仕事内容や評価制度などを聞くことで、より深く企業について理解することができます。

ESの志望動機の構成