Search

検索したいワードを入力してください

【職種別】IT企業の志望動機の例文・書き方|未経験/新卒

Author nopic iconまみき
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2018年01月22日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年01月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【職種別】IT企業の志望動機の例文・書き方|未経験/新卒

面接など

面接は、履歴書やエントリーシートに記載した志望動機を企業側にアピールするチャンスです。履歴書やエントリーシートは志望動機を書く範囲が限られており、自分のその企業を志望している熱意を伝えるにはスペースが足りないことが多いです。自分の言葉で、その企業を志望した思いを伝える絶好の場になります。
 
自分の熱意を志望動機として自分の言葉で伝えるためには、志望動機に自分自身の思いが反映されていないとできません。

「なぜこの会社を選んだのか」
「この会社で何をしたいのか」

上記の2点を明確にした志望動機を考えてください。

職種別IT企業に志望動機

IT企業には主に、次の3つの職種があります。それぞれの職種やその職種に必要な資質についてご紹介します。この部分を参考に、前向きな姿勢と具体的な取り組みを考え、志望動機を組み立ててください。

SE・エンジニア

IT企業で働く人のほとんどが「SE・エンジニア」です。SE・エンジニアは、お客様の要求から仕様を決定し、お客様の要望を実現したシステム開発を行います。中には、予算や人員、進捗管理などのマネジメント業務を担当する人もいます。

SE・エンジニアに必要とされる資質は次のようなものがあります。
 
①IT企業への興味・関心が高い。
②コミュニケーション力が高い。
③論理的思考が得意。
④ものごとを整理する能力が高い。
⑤チームワークを大切にできる。

このような資質は文系・理系・未経験は関係がないものが多くあります。特にSEは、

・資料を読んだり話を聞いたりして、顧客の要望を正しく理解する
・どんな物を作ってほしいのか、プログラマ(PG)に分かりやすく伝えるための資料を作成する

といった仕事がメインです。技術力よりも必要な能力があると言えます。

事務

IT企業において、SEやエンジニアを支えているのが「事務」の方々です。総務や人事、経理といった事務職がどこの企業にも存在します。

事務職に求められる資質は次のとおりです。

①計画的である
②正確である
③コミュニケーション能力が高い

事務職においても、技術力より必要な能力が求められます。

営業など

【職種別】IT企業の志望動機の例文・書き方|未経験/新卒
※画像はイメージです
出典: mohamed hassan · Photography

SE・エンジニアを支えるもう一つの重要な職種が「営業」です。営業担当者は、営業活動を行い、顧客を獲得することでSE・エンジニアの仕事を見つけてきます。

営業職で必要とされる資質は次のとおりです。

①計画的であること
②コミュニケーション能力が高い
③タフな精神力
④コツコツ努力することができる
⑤交渉力があること

仕事を獲得するには、何度もお客さんのところに足を運ぶことがあります。費用やスケジュールの兼ね合いでお客さんとSEの板挟みになることもあります。

しかし、営業が顧客とSEの両者をWIN-WINの関係に築いていくことで、新しい仕事を作り上げることができます。

営業においても、技術的なスキルよりももっと必要とされるスキルがあると言えます。

文系・理系別IT企業に志望動機例文

IT企業の志望動機の書き方

IT企業における志望動機には次の4点を盛り込む必要があります。
 
①なぜこの業界を選んだのか。(業界に対する興味・関心の度合い)
②IT業界の中でも、なぜこの分野なのか。(さまざまな分野の中からの興味・関心の度合い)
③数多くあるIT企業の中で、なぜこの会社なのか。(企業に対する熱意)
④IT業界で何をしたいのか。(夢・目標)

特に③については力を入れて志望動機を考えなければなりません。なぜなら、IT企業は大きい会社から小さい会社まで数多く存在しており、各社が展開しているサービス内容が似ているところが少なからずあるからです。

志望動機は一番の差別化ポイントともいえます。どんな企業にも競合他社は必ず存在するため、志望動機を考える際には自分の志望する企業だけでなく競合他社についても調べ、自分がなぜその企業を志望するのかを明確にする必要があります。

文系の方向けIT企業に志望動機例文

文系の方は、ITについての知識・経験がないため、採用に不利になると考えがちですが、実はそうではありません。なぜならば、文系学科で学んだ知識は実際にIT企業でお客様を相手にして仕事をして行く上で役立つことが多いためです。

自分がこれまで学んできたことをIT企業で働くうえでどのように役立てていくかを志望動機に盛り込むことができれば問題ありません。次の項で志望動機の例文をご紹介します。

文系の方の志望動機例文

「私は法学部の国際政治学科に所属しており、世界の目まぐるしい変化について学び、物事を多角的に見る視点を身につけてきました。同じように目まぐるしい変化が起こるIT業界に興味を持ち、SEとしてITを用いてお客様の課題を多角的に見て解決につなげる仕事をしたいと考えるようになりました。」

理系の方向けIT企業に志望動機例文

理系出身の方でIT企業を志望する人は多くいます。(特に情報系の学部出身者)自分が学生時代に学んできたITに関する知識を充分に生かし、社会のために活躍できる場だからです。志望動機を考える上では、自分が習得しているスキルをどのように生かし、世の中の課題をどのように解決していきたいか、といった自分の夢を持っていることが重要です。

理系の方の志望動機例文