Search

検索したいワードを入力してください

【業界別】SIerへの志望動機の例|文系/新卒/金融

Author nopic iconたつお
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2017年12月14日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【業界別】SIerへの志望動機の例|文系/新卒/金融

業界別SIerへの志望動機の例

まずは、業界別SIerへの志望動機の例についてご紹介していきます。一言でSIerと言っても、その業界によって働き方や考え方は大きく異なってくるので、ご自身が志望する業界に合わせて志望動機を構築していくことが大切です。

金融系、独立系、ユーザー系と分けてその志望動機の例を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

金融

まずは、金融系のSIerに就職する際の志望動機例をご紹介していきます。

「私は、ビットコインなど仮想通貨の開発に興味があり、今後仮想通貨はますます普及していくと考えています。もともと新しいものが好きな私にとって、仕事を通して新しいものにチャレンジしていけることは大きなやりがいにつながると考えており、それが御社への貢献につながっていくと感じています。仮想通貨というこれまでになかった新たな価値観を普及させることで、社会全体の仕組み作りに貢献してきたいと考えております。」

独立系

続いては、独立系SIerに就職を希望する際の志望動機の例についてご紹介していきます。

その例としては、「私はチャレンジ精神が旺盛で、独立系企業としての立ち位置を確立している御社で活躍していきたいと考え、志望させていただきました。親会社やグループ会社といったしがらみがない御社では、社内での意思疎通が活発で、年次に関係なく働きがいのある企業風土があるとお聞きしています。自由闊達に議論しながらより良いシステム開発を進めていきたい私にとって、そういった風土は大変魅力に感じております。良いものは良い、悪いものは悪いといった是々非々の判断で仕事を進めていくことで、御社ならびに社会に貢献できる人材になっていく所存です。」といった志望動機がです。

ユーザー系

続いては、ユーザー系SIerの選考を希望する場合の志望動機の例文についてご紹介していきます。

「私は、ユーザー系SIerとして安定した基盤を持つ御社で活躍していきたいと考えて志望いたしました。昨今の不安定な社会情勢において、御社の安定性は大変魅力に感じます。安定した環境の中で、お客様からの多種多様なニーズに応え続けることで、さらなる安定基盤を築いていくことができると考えております。さまざまな技術を習得しながら、地に足をつけて働いていきたいと考えている私にとって、御社はまさにベストな企業であり長年にわたって活躍していける土壌があること中で、存分に実力を発揮していきたいと考えています。」

学歴別SIerへの志望動機の例

ここからは、学歴別SIerへの志望動機の例についてご紹介していきます。SIerとして働く場合、学歴よりもスキルや経験が重視される傾向もあり、必ずしも学歴がものを言うわけではありません。

もちろん、学歴が高いに越したことはありませんが、高卒や文系出身者でも活躍している人は数多く存在するので、そういった人たちの背中を追いながら、ご自身が活躍するイメージを持っていくと良いでしょう。

高卒

まずは、高卒の場合にSIerへの就職を希望する際の志望動機例についてご紹介していきます。

「高卒ではありますが、高校ではプログラミングの授業を通年にわたって履修しており、基礎となる技術は習得してきました。もちろん仕事においてはさらなる自己研鑽が必要となりますが、御社における働き方として、上流工程から下流工程にいたるまであらゆる分野の仕事を任せていただけることは、大変魅力に感じております。将来的にはマネージャー職として上流工程を中心に携わっていきたいと考えている私にとって、御社の事業プランに共感を覚えつつ、自分でもこなしていけるように頑張っていく所存です。」

文系

続いては、文系出身者でSIerを希望する場合の志望動機の例についてご紹介いたします。

「大学は文系に進み、システムに関わる授業を受けることはありませんでしたが、独学でプログラミングを学び、その技術を活かして仕事を行っていきたいと考えたため御社を志望しました。とりわけ親会社との連携が盛んな御社では、銀行や商社、電力、交通と多くの分野のシステム開発に力を入れている点も魅力に感じております。将来的にも一つの分野に絞って働くよりも、多くの分野で専門性の高いスキルを身につけていくことが必要だと考えている私にとって、御社には最高の基盤が整っており、そこで存分に力を発揮していきたいと考えています。」

新卒のSIerへの志望動機の例

ここでは、新卒のSIerへの志望動機の例についてご紹介していきます。

「小さい頃からプログラミングに興味があり、将来的にはプログラミングを活かせる仕事に携わりたいと考えて御社を志望いたしました。プログラミングは独学で学んでおり、これまでも自分でアプリ開発を進めるなど、独自の手法でスキルを身につけていきました。そういった意味で、御社のこれまでの枠にとらわれない成長スピードは魅力的であり、新しいものにチャレンジしていく風土の中で、自身の実力を磨きながら御社に貢献していきたいと考えております。」

B to B系SIerへの志望動機の例

続いては、B to B系SIerへの志望動機の例についてご紹介していきます。SIerの中でも、B to CとB to Bに分類することができますが、ここでは特にB to BのSIerに焦点を当てて、その志望動機例を取り上げていきますので、どうぞ参考にしてください。

工数管理系サービス

まずは、工数管理系サービスシステム開発SIerへの志望動機例をご紹介いたします。

「私は、働き方改革に強い関心を持っており、その中でもいかに人々の生産性を高めて、より短時間で効率的な成果を上げられるかに関心があります。そういった意味で、御社が開発を手掛けている工数管理系サービスは、まさに働く人の生産性を可視化するという点で魅力的なシステムであり、私もそのシステム開発の一翼を担いたいと考え御社を志望いたしました。システムを通して、私自身もそうですが、社会で働く人々の生産性向上に貢献していきたいと考えております。」