Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】志望動機を箇条書きするときの書き方・例文|バイト

Small d94973c9 4e41 4f4e 81df 39aac9c97a7easka
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2018年01月11日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【状況別】志望動機を箇条書きするときの書き方・例文|バイト

履歴書作成のとき志望動機をきちんと伝えないといけない理由

履歴書作成は就活の第一歩です。きちんと作成しなければいけないのはわかっているけれど、書くことが決まっている職歴や資格などと比較して「志望動機」は志望先によって変わってくることがほどんどで、億劫に感じる人も多いでしょう。

ちょっと気が進まない志望動機の作成ですが、志望動機はきちんと記入することが必要です。志望動機の作成方法は文章で作成、箇条書きで作成などがありますが、度いずれにしても「伝わる」構成にすることが大切です。

採用担当者は応募者がこの仕事のどのような点に魅力や適性、興味を感じて応募してくれたのかを思いの外気にしています。また、そのような「志望動機」こそがたとえ未経験であっても長くいい形で仕事をしていく上では一番大切な要素だと考えている担当者も多いです。

従って、志望動機はおろそかにせず、きちんと応募先と自身のことを結び付けて作成することが大切です。

状況別志望動機を箇条書きするときの書き方

志望動機の書き方について、文章として書く方法が一般的ですが、箇条書きで書く方法も整理されていてポイントが理解しやすいこと、そして見やすくてです。

志望動機を箇条書きで書く際には、きちんと自身の志望動機を分析して、ポイントを3点から5点程度に絞り、きちんと意味のあるものとなるようにしましょう。箇条書きの志望動機だけでなく、志望動機のポイントの説明を補足のような形で加えとよいでしょう。

次からは実際の箇条書きの志望動機の書き方の例文をご紹介します。

バイト・アルバイト

志望動機

・店での接客を学びたい

将来もコーヒーに関わる接客の世界で仕事がしたいと考えています。貴店も客として長く通い温かい接客や空間、提供商品など、トータルで自身の大切な場所の一つとなっています。コーヒーの、そして接客のプロとなるために店の接客を学びたいと思っております。

・コーヒーについて学びたい

貴店のコーヒーの長年のファンです。また、趣味で自宅でも楽しんでいる大好きなコーヒーを専門的に学びたいと考えています。

・コーヒーが好きな方達とつながりたい

コーヒーが好きな方達がたくさんいる環境に身を置いてコーヒー好きの方とつながりたいと考えています。

新卒

・営業の世界で社会人としての接遇を現場で学びたい

ビジネスマンとして接遇や社会の仕組みについて現場で学びたいと思っております。

・結婚、出産などのライフイベントを経ながら長くキャリアを積んでいきたい

貴社の女性が素敵にキャリアを重ねている姿に感銘を受けました。

・稼げる社会人になりたい

営業職の経験を通じて、自身で利益を生み出せる社会人になりたいと考えています。

就職活動

・学生時代のNPO活動がきっかけ

学生時代に家庭環境が厳しい子供の場づくりとしてのフリースクールがあることを知り、ボランティアとして活動に関わり、この活動にずっとかかわっていきたいと考えるようになりました。

・インターンシップでの経験

インターンシップで記者にお世話になり、貴社にて活動を進めていきたいと感じるようになりました。

・子供が好き

子供たちと接することは楽しく、子供の成長を見守ることができるのでやりがいがあります。

教員

・教えるということに興味を持った

学生時代、塾講師のアルバイトであったり、ほかのアルバイトの中で同僚や後輩に仕事を教えるなど、教える機会が多くありました。教えるためにはまず自身がしっかり理解をしていることが大切であることを学ぶとともに、教えることの楽しさを知りました。

・子供が好き

塾講師のアルバイトを通して、子供と接することが多くありました。子供の成長を見ていることは楽しくやりがいがありました。今後も子供の成長を見守ることができる仕事に就きたいと感じています。

・自身の小学校の経験

小学5,6年生の時の担任の先生がとても印象深く、学校に行くのがとても楽しく感じました。とてもよくまとまっていていいクラスでした。このような大切な経験を自身もこどもたちと作っていきたいと考えています。

公務員

・自身のコツコツとした性質を活かしたい

細かい書類の作成やチェック、期日までの計画的な作業などが得意です。

・人に貢献できる仕事がしたい

公務員の仕事はかかわる人たちのための活動しているなくてはならない職務だと考えています。

・地域に貢献をしたい

生まれ育ったこの地域にこれからも暮らし、地域に貢献できるところに魅力を感じています。

志望動機を箇条書きする際の注意点

志望動機の箇条書きはポイントが伝えやすく、な記載方法ですが、箇条書きにするには「ポイントがきちんと整理されていること」が大前提です。

ポイントが整理されていないと、箇条書きにしても意味の伝わりやすいものとなってしまい、かえって内容の薄い志望動機になってしまいます。

志望動機が一つしか思いつかない場合は、無理に箇条書きにせず、エピソードを加えながら一つの文章として作成をした方が良いでしょう。

志望動機を箇条書きするときの例文

志望動機を箇条書きにする場合には、まず3点から5店程度に志望動機をポイントで挙げていきます。

例えば、

・憧れの職種だった

・今までの学びを活かしたい

・長く携われる職種だと思った

というポイントに絞ったとします。ポイントが搾れたら具体的な内容やエピソードを補足として簡単に書き添えててより採用担当者がイメージしやすくします。ポイントと補足を作成する際には、担当者が補足に目を通さなくても志望動機が最低限イメージできるようわかりやすることです。

補足の文章のボリュームは志望先によって調節をしましょう。

例文

箇条書きの志望動機の例です。

・憧れの職種だった

父親も士業として独立しており、自身も将来的には父のように独立できるくらいのスキルを身に着けたいと考えています。

・今までの学びを活かしたい

学生時代からの資格取得やアルバイトで学んだ経験を活かして仕事がしたいと考えています。

・長く携われる職種

携われば携わるほど経験値が増す、長く携われる職種だと考えています。一生涯関われる仕事として、貴社でしっかり基本を学びながら貢献をしていきたいと考えています。

履歴書で志望動機の箇条書きを効果的に使うポイント