Search

検索したいワードを入力してください

履歴書の志望動機の書き出し方・例文・注意点|転職/新卒

Small 1ccc79b0 24aa 48e6 af8e a075a75ab017つばめ
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2018年01月14日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年01月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

履歴書の志望動機の書き出し方・例文・注意点|転職/新卒

状況別志望動機の書き出し方

自分自身の現在の状況で志望動機の書き出し方は違ってくるので、充分に気を付ける方が良いです。その理由としては実際の書き出し方によって相手に与える印象が違ってきて、内定を貰えるかどうかに関わってくるためです。だから自分自身の状況をしっかりと把握して、相手に少しでも良い風に捉えられるようにしなければいけないです。

志望動機の書き出し方は決して一つだけではないので、本当の自分を上手く表現できる物を見つける事が大事になってきます。それが自分だけの志望動機になり、相手にちゃんと伝えられます。

転職

転職をする際の志望動機の書き出し方は以前どこで働いていて、そこで培った物をどういう風に新しい企業で活用できるかを言うと良いです。その理由としては前に働いた経験があるならば何をしてきたかを話す方が相手に対して、自分がどういう事をできるかを伝えられるからです。

一度でも他の企業で働いた事があるならば、その時の事をしっかりと書くべきです。それが自分の強みになってくる可能性が充分にあり、就職がより上手くいく場合も充分にあります。

新卒

新卒の際の志望動機の書き出し方は、大学で何を学んだかです。その理由としては大学の4年間では誰しもが何かしらの事を学んでいるので、最初にそれを書く方が大学でどういう事をしていたかがわかりやすくなるためです。自分の言いたい内容を先に書く事は非常に重要だから、積極的に行ってみると良いです。

特に新卒の人達は大学の勉強以外にもサークルやアルバイトなどもたくさんしているので、書く事はかなりたくさんあります。もし何を書いて良いかがわからない人がいれば、これまでの大学の生活を振り返ってみるべきです。そうすれば何を書けば良いかがしっかりと見えてきます。

中途

中途の人の志望動機の書き出し方は、その職場でどういう風に仕事をしていきたいかを明確にしておく事です。その理由としては書き出しの面でちゃんとやる気の部分を出す事ができれば、相手に対してもその気持ちや思いを伝えられるからです。このため中途の人は特に書き出しに注意して、どうやってやる気を出すかを工夫するべきです。

実際にどの人も履歴書の志望動機を見る時には最も注視している所は最初の文章なので、そこでどこまで伝えられるかが大事になっています。だから少しでも良い印象を受けてもらうためにも書き出しをちゃんとするべきです。

高卒

高卒の人の志望動機の書き出し方は、なぜその企業を志望したかの一番の理由を記入すると良いです。特に高卒の場合はどれだけ能力があるかと言うよりはどんな理由を持って、志望したかに重点を置かれる部分があるので可能な限り詳しく書くべきです。実際にそうしておけば、その企業に自分の気持ちや思いをしっかりと届けられます。

書き出し部分の一番の理由に何を持ってくるかで、相手からの印象もかなり変わってくるから入念に推敲する方が良いです。そこで内定に大きく関わってくる場合もあるから、意識的に考えていくべきです。

大学

大学に入るための志望動機の書き出し方は、その大学で何を学びたいかをしっかりと明記する事です。大学側としても目標を持っていない人を取ってもあまり良くないので、志望動機にどういう事を書いているかで判断している事が多いです。だから大学に入りたい人は特に学びたい所の部分に力を入れる方が良いです。

実際に学びたい事としては大学の講義だけではなく、サークルやアルバイトを通してでも良いためできる限り気楽に考える事も一つの方法です。気楽に考えれば今までに無かった学びたい事が生まれてくる可能性も充分にあるので、なるべく頭を柔らかくする事も適当です。

専門学校

専門学校に入るための志望動機の書き出し方は、専門学校を通してどういう職に就きたいかを明確にさせておく事です。専門学校は普通の大学とは違い、一つの事を専門的に行う所だから将来の事をなるべくはっきりとしている方が良いです。実際に決まっていない人よりも専門学校で学ぶ意識も違ってくるので、専門学校の先の事も考えておくべきです。

専門学校に入る事で良いのではなく、その先に繋げていかなければならないので目標をしっかりと持つ方が適切です。それが自分自身の原動力になってきて、専門学校で学ぶ意欲にも繋がるので非常に大事とされてきます。

就職

就職の時の志望動機の書き出し方は、自分がなぜその企業で働きたくなったかの理由を記入する事です。相手企業にとってどうして自社を選んだかは疑問に感じる部分だから、そこをしっかりと明記させておく必要性があります。このため理由の所は特に考えて、何度も推敲をし直して書くべきです。

実際に多くの企業は理由を重点的に見ているので、そこに可能な限り力を入れるべきです。そうすれば相手企業の目に留まりやすく、面接に行く事ができる可能性も充分に高まります。だから理由を決して甘く見ないようにして、自分がなぜ働きたいかをもう一度自分自身に問いかけると良いです。

職業別志望動機の書き出し方

職業別志望動機の書き出し方についてはその職業の企業がどういう人材を求めているかを把握して、自分自身がその人材のどういう所と同じかを見つけて記入する事です。その理由としては自分のどこがその職業の企業に合っているかをアピールできれば、少しでも相手に気に入られる可能性が高まるからです。

その職業の企業がどういう人材を求めているかの把握に関してはちゃんとサイトなどを見て、調べなければいけないです。自分の想像や周りの人からの聞いた話しだけはいけなく、しっかりと自分自身の手で情報を捕まえる事が大事になってきます。

看護師

看護師の志望動機の書き出し方は、自分がどれだけ人助けをしたいかを伝える事です。特に人助けにまつわるエピソードがあれば、ちゃんと書く方が良く、自分の描いた事の具体性がより高まってきます。だから書き出す際には人助けをしたい気持ちや思いを伝えて、それに伴う具体的な内容を付け加えるとなお良いです。

履歴書の志望動機を見る側としてはどこまで具体性があるかを入念に見ており、抽象的な表現をしている時には評価を低くしてあります。実際に自分の体験談を入れている人に対しては良い評価をしてあるので、具体性があるかどうかで非常に印象が違ってきます。

公務員

公務員の志望動機の書き出し方は、公務員になって何をしたいかをはっきりとさせておく事です。その理由としては実際に地域に貢献したいと書く人が多いけれど、それだと抽象的な表現になってしまい、履歴書を見ている人にも本当にしたい事が分からないので具体的な部分をしっかりと明記するべきです。

どこまで具体的に書けるかによって公務員をどれだけの思いや気持ちで志望しているかがわかってきて、自分を知る事にも成り得ます。だから志望動機で何を書くかを迷っている人がいたら、もう一度自分がなぜ公務員をしているかの理由を突き詰めてみると良いです。

介護職

介護職の志望動機の書き出し方は介護をする中で、自分がどういう風に成長していきたいかを言うべきです。その理由としては介護職は他の仕事に比べるとかなり大変な部分があるけれど、その環境で自分がどうやって適応しながら仕事をこなしていき、どういう理想の自分になりたいかを明記できれば履歴書を見た人の印象を高める事ができるからです。

どういう風に成長していきたいかや理想の自分を曖昧に書いている人は、どうしても印象が薄くなってしまう傾向があるので充分に気を付けなければいけないです。本当に介護職に就きたい人ならば自己分析をしっかりとして、そういう所をはっきりとさせておく方が良いです。

事務