Search

検索したいワードを入力してください

【職業別】新卒の履歴書の志望動機の書き方・例文|事務/SE

Author nopic iconlaisser_fairejp
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2017年12月24日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【職業別】新卒の履歴書の志望動機の書き方・例文|事務/SE

文章の流れ

次に文章にします。以下の順番に書くと分かりやすい流れに仕上がります。

1、志望動機を簡単に述べる
2、具体的に志望動機を説明する
3、自分の強みと仕事内容を結び付けた体験談などを盛り込む
4、将来どんな活躍がしたいのか述べる

【新卒】志望動機の書き方の例文を参考にしよう!

では、実際に志望動機の例文を見てみましょう。

Blockquote firstBlockquote second

それぞれの企業経営に即した問題解決の為のソリューションを
ITソリューション事業本部で提供しているとお伺いしております。
ネットワークの多機能化がさらに進み、この分野で同業他社よりも
実績ある御社でより高度なITソリューションを提供したいです。
通信キャリアに勤務していた経験から、これからのシステム構築は
ネットワーク分野も兼ねて行くような発展を確信しました。
お客様の希望の納期通りに回線開通が実現した時、
私を取り巻くお客様や社内の関係部署との一体感に
独りだけでは得られないような達成感を感じました。
この思いを糧に一流と認められるSEやSIを目指しています

Blockquote firstBlockquote second

接客の経験はありませんが、ファッションには特に興味があり、
雑誌もよくチェックします。
普段からいろいろなお店に足を運びながら、
常に流行をチェックしつつ日々研究しております。
御社のショップもよく利用させていただいており、
デザインやカラーバリエーションなどが
多く大変気に入っております。より多くの方に、
御社の商品の良さやアイテムの
着まわし術などを知ってファッションを楽しんでいただきたく、
ショップ店員として応募させて頂きました。

【新卒】志望動機の書き方に注意点はあるの?

よくある志望動機の書き方のNGパターンは志望動機が漠然としていることです。漠然とした志望動機は採用担当者に「この志望理由ではうちではなく他社でもいいのではないか?」と思われてしまいます。注意しなければならないのは「貴社の企業理念に共感しました」などの理由です。他社でも通じるような内容ではなく、希望する企業の具体的な仕事内容と結び付けた書き方にすることが大切です。

また「貴社での業務を通じて勉強し成長したいと考えております」など仕事を学びの場と勘違いした志望動機にも注意が必要です。新卒で業務経験がないとしても「分からないことは勉強します」のような自ら学ぶ姿勢をアピールする書き方にすると採用担当者に良い印象を与えられます。

一度あなた自身が採用担当者になったつもりで客観的に志望動機を見直してみましょう。あなたが書いた(もしくは書こうとしている)志望動機にどんな印象を持ちますか?あなたに興味を持って仲間として一緒に働きたいと考えてくれるでしょうか?「ありきたりだな」と感じたのであればより良い志望動機を書くことができるチャンスです。

【新卒】採用担当者が注目する志望動機のポイントは?

志望動機を見る採用担当者が注目するポイントは何でしょうか。代表的なものをご紹介しましょう。

・即戦力として活躍してくれそうか?
採用するからには即戦力として仕事をしてくれることを期待しています。新卒で業務経験がないとしても資格やスキルをアピールしましょう。

・あなたのやりたいことと自社の仕事内容がマッチしているか?
入社後に「やりたいことではなかった」と簡単に辞められてしまっては困りますので、採用担当者は仕事内容とあなたのやりたいことがミスマッチしていないかどうかを見ています。

・本当に入社したいという熱意が伝わるか?
本当に入社意思があるのか、やる気や熱意をチェックしています。

・積極的に学ぶ姿勢はあるか?
研修制度を設ける企業も多いですが、制度をあてにした受け身の姿勢では敬遠されてしまいます。

志望動機を武器に内定獲得を目指そう!

今回は新卒の志望動機の書き方を職業別にご紹介しました。どの職業でも具体的に「なぜ○○という業界を選んだのか?」「希望する企業でなければならない理由は何か?」「どのよように企業に貢献できるのか?」「将来どうなりたいか?」を説明することは同じです。

これから志望動機を書こうとしている新卒の皆さん、もう書いてしまった皆さんも、もう一度提出しようとしている志望動機の内容を見直してみましょう。もっと採用担当者にアピールできる書き方はありませんか。

就職活動は単に入社する会社を決める活動ではなく、あなたが今後成長する場を選ぶ活動でもあります。もし志望動機に妥協があったと思ったのなら今からでも遅くありません。せっかく新卒で社会に出るのですから希望する企業の内定獲得を目指して、志望動機欄を最大限活用し自分をアピールする場にしてゆきましょう。