Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】転職や新卒の施行管理の仕事の志望動機の書き方・例文

Author nopic iconライム
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2018年03月08日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年03月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【種類別】転職や新卒の施行管理の仕事の志望動機の書き方・例文

新卒で施工管理の仕事を応募する際の志望動機の書き方とは?

東京オリンピックに合わせて、本会場も合わせてこれからは必要になってくる施工という仕事があります。主に建築をしていきますが、建物は安全性を考えて電気や下水、や水道を造っていきます。施工管理は現場監督という立場であるので、チームワークや人をまとめあげていくスキルが必要です。

新卒や転職でも必要となる資格や能力はそんなに変わりません。戦後の高度経済成長の時期に建てられた建物やこれからのインフラの整備には施工管理という仕事は大切な仕事になってきます。

志望動機の書き方は資格や免許の有無を書き、学校でのスポーツやクラブ活動などで皆で何かを作り上げる事が得意なのかでも、採用されるかが変わってきます。志望動機には具体的な事柄を書くようにしましょう。

履歴書の作成の仕方は

パソコンでも手書きでも構いません。できるだけ職務経歴書を付けて提出しましょう。施工管理は資格や免許や履歴書に書いてある事を他の仕事よりも重視します。履歴書はなるべく分かりやすく書くようにしましょう。

施工管理を応募する際の志望動機の例文は「大学のクラブ活動でもチームワークで物を作り上げる事が好きでした。車の免許もとっており、必要ならば施工のための資格も取るつもりです。じぶんの子供に自慢できる仕事をしたいと思って志望しました。」と志望動機に書くようにしましょう。

施工管理は現場作業でありながら、一人一人の能力や仕事の早さなどを把握しておく事が必要です。また信頼関係を築く事も必要になります。コミュニケーション能力があることをアピールするように志望動機を書くようにしましょう。

面接で心がける事は

他の職種よりもフレンドリーな面接でも構わないでしょう。人を惹き付ける人柄でないと施工管理という仕事で成功する事はできません。面接ではチームワークを大切にしている事や、コミュニケーションを良く取るように心がけている事をアピールしましょう。

具体的なエピソードでチームワークの重要性やコミュニケーション能力があることのエピソードを面接で話しても良いでしょう。また危険が伴う仕事なので、安全を確認して仕事をする慎重さも表現できるような面接ならば、面接官は喜んで採用してくれるでしょう。

施工管理の志望動機は大勢で一つのものを作り上げることへの喜びなどを伝える方がよいです。例文としては「仕事は信頼でなりたっているので、一人一人の能力を把握して作業を進める事ができるように努めます。」など、どう仕事に取り組むのかを伝えるのが良いです。

転職で施工管理の仕事を応募する際の志望動機の書き方は?

新卒でも転職でも施工管理に必要な事はほとんど変わりません。新卒と転職で変わることは経験の豊富さや、資格の有無などです。

転職で施工管理を応募する際の志望動機は、前の職場で施工管理をしている場合はどのような仕事をしてきたのか、資格はどのような資格があるのかを上手く話せるかで採用も決まってきます。チームワークを大切にするのはもちろんですが、作業に安全を求めて納期までに仕事を完遂できるかも必要なので今までしてきた仕事があれば仕事の内容を話すのもよいです。

転職の際の志望動機の例文は「○○会社で施工管理を○○年してきました。納期を守りながら周囲の人の安全を考えて仕事をする事ができます。施工管理に必要なのはチームワークと思っています。御社であれば私の能力を活かす事が出来ると思い志望しました。」と志望動機に書きましょう。

未経験の場合

未経験の場合は前にしていた仕事との関連性が必要です。施工管理の仕事をしていなくても、未経験でも志望動機に面接官の心を掴む志望動機が書けます。

未経験だからできる仕事もあるので、未経験は弱点ではなく強みと捉えて面接に臨みましょう。志望動機は前の職場で経験したことを書いてもよいですが、施工管理に共通することを書くようにしましょう。施工管理に共通したことが書けなくても、未経験なので新鮮な気持ちで仕事に取り組む事ができるということを強調してもよいです。

例文としては「未経験でも前の仕事に共通する事を施工管理という仕事に感じています。未経験の視点で施工管理の仕事をしていくことで新しい取引先を得る事も考えています。」と志望動機に書くようにしましょう。

施工管理の経験がある場合は

転職先にまた施工管理を選ぶ場合は、経験を活かして仕事をしてみたいと素直に伝えるべきです。今まで施工管理として培った知識や経験、資格、免許など施工管理として仕事をしていくためにじぶんはどのような事ができるのかを面接官に伝えましょう。

志望動機は経験を活かした仕事が必ずできるといったことを履歴書の志望動機に明記する事や前の施工管理の仕事での大変だったことや、達成感のある実りのある仕事を成し遂げたことなどを志望動機に書き、面接でも伝える事をしていきましょう。

どんな仕事でもチームワークが必要です。転職する場合は即戦力を採用側は望んでいるので、施工管理を経験してしている場合は、具体的なエピソードを書く方が、会社側も応募する方の気持ちを汲み取ってくれるでしょう。

仕事別施工管理をする際の志望動機の書き方はどうするの?

仕事の内容が変わっても施工管理の仕事はそんなに変わる事はないですが、仕事について理解していないと現場との知識や感覚のずれが生じます。その場合、信頼できない責任者となってしまうので、なるべく専門の知識を学んでおきたいです。

電気や空調、住宅リフォームには専門の知識が必要になります。新卒のうちは知識が足りない部分もあるのであらかじめ大学などで資格をとっておくことが必要になります。

空調設備の施工管理を応募する時の志望動機は

空調設備は火事や災害の際に空調のダクトや空調をどのように取り付けるようにしたかでも、安全性は変わってきます。施工管理技士として活躍する際は職人や作った建物を利用する人の安全を考えなくてはいけないので、空調設備の安全の必要性を志望動機に書く事で採用されるかどうかも変わってくるでしょう。

主な例文としては「空調は春夏秋冬いつでも必要になるものなので、他の施工管理での仕事で空調を手がけて来たので、空調管理や取り付ける空調器具などの安全性を考えながら、仕事をすることができます。また施工管理技士の資格もあるので空調設備では力を発揮できると思い志望しました。」と書きましょう。

電気の施工管理の志望動機は何と書くのか?

大学や専門学校や職業訓練校で電気の技術を学んで来た場合は、電気の知識があることをアピールする方がよいです。

志望動機の例文としては「電気の資格を在学中に取得しました。その資格をぜひ御社での施工管理の仕事に活かしたいと思っています。また家電メーカーに入社するために学んで来た技術もあるので、お役に立てるとおもっております。」と書くようにしましょう。

電気の知識がなくて施工管理の仕事を受けようとする人はいます。もし未経験の場合は入社してから、電気の事を勉強しますと言って誠意を見せるようにしましょう。

住宅のリフォームの施工管理の志望動機は