Search

検索したいワードを入力してください

【業界別】生産管理におすすめの志望動機の書き方や例文|新卒

Author nopic iconメルロー
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2018年01月13日

更新日:2020年02月19日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【業界別】生産管理におすすめの志望動機の書き方や例文|新卒

食品業界の志望動機

次に、食品業界の生産管理を志望される方向けに志望動機の書き方を紹介します。

工場に比重が置かれた生産管理形態

食品関連の生産管理は、先に紹介したアパレル系の生産管理以上に、生産工場に張り付いて業務を遂行することが多くなります。そのため、人員配置や製造機械の稼働率などを常に把握していなければなりません。

もし学生時代にバイトリーダーのような人の動きを管理するポジションを経験していたのなら、志望動機にうまく織り交ぜて企業にアピールするのも良いでしょう。

また、食品に限った話ではありませんが、現在のメーカーはその生産拠点の多くが海外に存在します。工場で働く生産管理担当者はそれらの海外拠点とも密に連絡を取り合う必要がございますので、英語などの外国語が使える方はその実務スキルを志望動機に絡めるのも手です。

志望動機の書き方、その一例

「わたしが御社で働きたいと思ったのは、大学進学に伴って始めた自炊がきっかけです。自分の手で食品を選ぶようになって初めて、パッケージの表示から味付けなど、御社の健康に対する配慮を実感しました。」

「特に○○などは、栄養が偏りがちな学生やサラリーマンが手に取りやすい工夫を感じた最たる商品です。そしてこの度、御社で生産管理職のポジションを募集していると伺い、私のこれまでの資材調達経験および品質管理経験を御社のモノづくりの現場で発揮できると強く感じたため、応募に至りました。」

上記が志望動機の書き方の一例です。基本的には前述のアパレル業界の場合と同様、「なぜその食品(関連)メーカーで働きたいのか」がはっきり伝わる内容であれば文句なしと言えます。

その他、製造・工場などでイメージする「ザ・生産管理」とは業務の実態が異なる場合の志望動機

【業界別】生産管理におすすめの志望動機の書き方や例文|新卒
※画像はイメージです
出典: Schedule - Free pictures on Pixabay

最後に、一般的なイメージとは少し業務内容が異なる生産管理職を志望される方向けに、志望動機の書き方を紹介します。

志望する企業の募集要項をよく確認してみると、「生産管理」部門の表記ではありながらも、業務の実態は「製品管理」「資材調達」だったりする場合があります。また時には生産技術のような業務を遂行する職場も存在するでしょう。

先にも述べましたが、生産管理職は社内で常に板挟みになる位置づけであるが故に、担当に明確な線引きがされていない業務まで遂行することもままあります。

生産管理と一概に言っても、業務内容は業界や企業の規模によってさまざまです。自分が入社を希望する企業の生産管理職の内容をまずはよく研究してから、応募に臨みましょう。

結局のところ、最後は「なぜその企業で働きたいか」

これまで志望動機について書いてはきましたが、結局のところ志望動機や自己PRというものは人それぞれで、そう簡単に纏められるものではありません。

特に生産管理は、特別な資格が必要な職種ではありませんし、初めに述べたように文理問わず採用する職場も少なからず存在するため、専門的な職種と比べるとその分だけ生産管理への強いこだわりや明確なモチベーションを持っている人が少ないとも言えます。

採用する側もその点は心得ておりますので、志望動機に悩んだ場合は生産管理という職に拘り過ぎず、「なぜその企業で働きたいか」に重点を置いて話を進めましょう。

以上、この記事が皆さんの志望動機作成、ひいては就職活動全般のお役に立てれば幸いです。