Search

検索したいワードを入力してください

接客業の履歴書の志望動機の例文と書き方|パート/新卒

Author nopic iconperidot8787
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2017年12月14日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

接客業の履歴書の志望動機の例文と書き方|パート/新卒

履歴書の中でも特に重要な項目が「志望動機」

履歴書の最後の方にある項目に「志望動機」があります。実は、履歴書の中で特に重要な項目なのが志望動機です。正社員として応募する場合やパート社員を雇う場合は、前職の職歴などもチェックされますが、職歴と同様に気になるのが志望動機です。

応募する人が、その会社に応募したいと考えた理由は、時給や給与面などの待遇や、家から近い、働きたい時間帯の募集が出ていたなどの理由が本音ではある場合が多いですが、採用する側が気になる点は、職歴や志望動機、また可能な勤務日や時間帯です。

特に志望動機は、募集をしているたくさんの会社の中から、なぜうちの会社を選び働きたいと思ったのかという理由が知りたいと考えています。そのため、履歴書の中で特に気を使って書かなければいけない項目が「志望動機」であるということが言えます。

パート・アルバイトの接客業の履歴書志望動機の例文・書き方

パートやアルバイトで接客業を希望したい場合、履歴書の志望動機にはどのようなことを書けば良いのでしょうか。

接客業に限らず、パートやアルバイトを募集する場合、採用側が気になる点は2つあります。1つ目は上の項目でも少しご紹介しましたが、なぜうちを選んで働きたいと思ったのかという点です。

2つ目は、勤務が可能な曜日や時間帯です。パートやアルバイトを募集する場合は、フルタイムでお願いをしたい人を募集するというよりも、忙しい曜日や時間帯に勤務可能な人を探していることが多いです。そのため、採用側が希望している曜日や時間帯の勤務が可能であるか、また急に休んでしまうことはないかなどが気になっています。

また、パートの場合は家事や子育てとの両立をしなければなりませんし、学生アルバイトの場合は学校とも両立しなければなりません。お互いに無理をせずに勤務可能ということが、必須条件になります。

パートの場合

パートの場合は、家庭と両立することが前提にありますので、家計のために働きたいということも理由のひとつになります。また、長く働きたいという点をアピールすることで採用の可能性が高くなる場合があります。

【志望動機例文】
子どもが小学校に入学し、時間にゆとりができたため、家計のためにパートで働きたいと思っていました。ハローワークでパートの求人を探していたところ、貴店の求人を拝見しました。貴店は、私もよく利用していますが、従業員の方の対応がいつもすばらしく気持ちよく買い物をしています。その姿を見て、私もお客様に喜んでいただけるような仕事がしたいと思いました。人と接することが好きなので、接客業には大変興味があります。自宅から貴店までは距離も近く通勤しやすいので、できるだけ長く勤めたいと思い、応募いたしました。

アルバイトの場合

【志望動機例文】
もともと人と接する仕事が好きで、以前は居酒屋でアルバイトをしていました。幅広い年齢層のお客様と接する中、お店に来られた人を笑顔にすることができる接客という仕事にやりがいを感じました。貴店でもこの経験が活かせると考え、応募しました。

接客業未経験と経験者の履歴書の志望動機の例文・フレーズ

接客業は、比較的募集が多いことから、応募している側が募集している曜日や時間帯に勤務が可能であれば未経験でも採用してもらえる可能性が高いです。また、同業種や他の接客業の経験がある場合は、同業のお店ではなくても、接客経験が優遇されることもあります。

接客業未経験者と接客業経験者別に志望動機に使えるフレーズをご紹介します。

接客業未経験の場合

接客業が未経験の場合でも、コンビニやファミレスなどでは募集していることが多くあります。また学生アルバイトを使っていることもあり、3月になると学校の卒業などで辞めてしまう人も多いので、採用される可能性が高い業種です。接客業未経験者の場合は、3月など学生の入れ替わりの時期に応募するのもです。

【接客業未経験者志望動機フレーズ例】
・もともと人と接することが好きなので、接客に携わる仕事をしたいと考えていました。
・よく貴店を利用するのですが、従業員の方の接客態度がすばらしくいつも気持ちよく買い物をしていました。その姿を拝見し、私もここで働いてみたいと思いました。
・雑貨を集めることが好きなので、雑貨を扱うお店で働きたいと思っていました。
・幅広い年代の方とコミュニケーションを取ることが得意です。

接客業の経験がある場合

接客業の経験がある場合は、同業のお店ではなくても優遇される可能性があります。具体的にどんな仕事をしていたのか、実際に行っていた業務内容も含めアピールしましょう。

【接客業経験者志望動機フレーズ例】
・以前、コンビニでアルバイトをしていました。商品の品出し、レジ対応、清掃などの経験があります。貴店でもその経験が活かすことができると考えています。
・接客業は、以前ファミリーレストランでの勤務経験があります。注文の取り方や会計などの経験がありますので、貴店でもその経験を活かすことができると思いました。
・私が貴店を志望した理由は、アパレル関係の接客を経験し、お客様に笑顔になっていただくことができる接客という仕事にやりがいを感じるためです。

就活での接客業への履歴書志望動機の例文

就活での接客の場合は、学生時代にどんな経験をし、それがどんな形で仕事に活かすことができるか、またアパレルや美容関係の場合はどんなことを学んできたかなどがアピールポイントになります。学生時代に自分が学んできたことや経験などを絡めた志望動機を書くようにすると良いでしょう。

転職の場合は、前職で接客業の経験があると優遇される可能性があります。実際にどんな業務を行ってきたか、どんな経験が志望している会社で活かすことができるかといった内容で志望動機を考えてみましょう。

新卒

【志望動機フレーズ例】
・大学時代は○○部に所属しており、その時にリーダー研修会に参加する機会がありました。他校の人達と1つの問題の解決策を考え、協力するという経験をした時に、たくさんの人と触れ合うことの楽しさを知りました。仕事を通じてたくさんの人と触れ合うことができる接客業という仕事に就いてみたいと考え、志望いたしました。

・学生時代に、ファミリーレストランでアルバイトをしていましたが、お客様を笑顔にすることができる接客業という仕事にやりがいを感じていました。卒業後も接客業に携わりたいと考え、志望いたしました。

転職

【志望動機フレーズ例】
・前職は、介護職をしておりましたが、利用者様からの「ありがとう」という言葉に喜びを感じていました。人と接することが好きなので、直接お客様と接することができる接客業をやってみたいと仕事を探していましたところ、貴店の求人を拝見し、応募いたしました。

・前職は、パソコン教室のインストラクターをしておりました。下は小学生から上は80代の方まで幅広い年齢の方と接してまいりました。今までできなかったことができるようになると、自分のことのようにうれしくやりがいを感じていました。ご高齢者の方を接する機会があったことで医療という現場に興味を持ち、医療事務の仕事がしたいと考えました。パソコン操作とご高齢者の接客経験の両方活かすことができる仕事だと思い、志望いたしました。

接客業の面接の志望動機の例文