Search

検索したいワードを入力してください

【立場別】短期バイトの履歴書の志望動機の例文・書き方|郵便局

Author nopic iconライム
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2017年12月19日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【立場別】短期バイトの履歴書の志望動機の例文・書き方|郵便局

立場別に見た短期バイトの履歴書に志望動機を書く場合の例文

非正規雇用が増えている昨今で失業中に短期バイトとして働く際に使ってもらえるように志望動機には説得力のある理由を述べないと使ってもらえません。学生や主婦はある意味、保障されている身分です。学業や家事をしながら短期バイトをするので、フリーターやニートのように採用基準が難しくなる事はないです。

短期バイトでも郵便局や工場の軽作業、スーパーの品出しやさまざまな仕事があり、家電量販店の閉店の際、人手不足で短期バイトを雇う例もあります。

短期バイトの場合、正社員の求人を受けるような堅苦しい志望動機はいらないですが、学生や主婦以外の人が短期バイトとして働く場合は履歴書に書く志望動機はそれなりに考えて書きましょう。

例文としては「御社の商品を普段から利用しており、初めてのアルバイトはぜひ御社の商品に関わる仕事をしてみたいと思いました。」と書けば受ける企業の商品を知る事で採用されやすくなります。

主婦の場合

主婦の場合は身分が保障されています。家事をして子育てをしていることで企業は信用して採用してくれる会社が多いです。主婦の人が短期バイトを受ける際は勤務時間や勤務内容を良く確認しておき、託児所が必要な場合は申し出ましょう。短期バイトをする際で学生の面倒をみることもあるので、短期バイトを受ける職業でつぶしが利くのが主婦という職業だと言えます。

志望動機の例文では人のためになることを書きましょう。最近は主婦の短期バイトでも採用が難しくなっています。

志望動機の例文としては「短期バイトで頑張らせていただきたいと存じていますが、子育てや家事が一段落しましたら御社で正社員として働く思いで働こうと思っています。」と志望動機を書きます。志望動機に受ける企業の商品などについて書く事も採用の道が拓きやすいでしょう。短期バイトでもいずれは正社員として働きたいと志望動機に書く事でやる気や誠実さが表現できます。

学生の場合

主婦と同じく学生も学校に行ってることで身分が保障されています。短期バイトで面接をしても雇ってくれやすいです。短期バイトで女性限定で年齢も指定してくる飲食店もあり、学生の短期バイトは企業にとっては需要があります。学生の場合、履歴書にフリーターやニートのように正社員を受けるつもりの志望動機を書かなくても採用してもらいやすいです。

学生や主婦の場合、勤務時間や勤務内容や勤務場所、待遇などを良く聞いておきましょう。面接で気になることは聞いておきます。

学生の場合の志望動機の例文としては「学業の合間の時間を無駄にしたくなく、前々から憧れていた仕事なので、この度御社に短期バイトとして応募しました。」と書きましょう。学生の場合の志望動機は主婦やフリーターのように書かないでも採用される可能性が多いです。また志望動機に特技や得意科目、学校での活動を活かしたいと書いても良いでしょう。

フリーターの場合

フリーターの場合は志望動機をきちんと書かないと採用の道は難しくなります。フリーターで他のアルバイトとの掛け持ちの場合、これから受ける仕事でも勤務時間や勤務内容は問題ないのかを面接の際、アピールしましょう。また今までしてきた仕事の成果を志望動機とすることも採用の道を拓く可能性が高くなります。

志望動機としては「以前していた仕事を今回受ける仕事でも活かす事ができると感じたので、前いた会社での仕事のノウハウを活かして仕事をしていきたいです。」と志望動機を書くのが良いでしょう。主婦や学生のように身分が保障されていないフリーターは今までして来た仕事の成果をアピールする事が必要です。

また志望動機に御社の商品に関わる仕事を前々からしてみたいと感じていたと書き、いずれは正社員として働きたいとアピールしたほうが仕事を頑張ってやってくれると採用側は感じるはずです。

ニートの場合

ニートの場合、高校や専門学校を中退している場合もあるので、どうして中退に至ったのかをきちんと面接官の目を見てなるべく笑顔で話しましょう。ニートの意味は学校もいっておらず、仕事もしていない状態を指します。普段している活動でアピールできることがあればアピールしましょう。

志望動機はフリーターのように職歴がないニートなので採用基準が厳しくなります。志望動機の例文としては「御社での仕事を通して働く意味を考え、これから御社で短期バイトとしてだけでなく人として成長をしたいと考えており、いずれは契約社員や派遣社員といった雇用枠があれば挑戦したみたいです。」と書きます。

ニートの志望動機は難しいです。志望動機を上手く書いても面接で面接官の話を遮ることをしないようにして、きちんと丁寧な言葉で会話をすることが大切です。

職種別に見た短期バイトで履歴書に志望動機を書く際の例文

短期バイトとなると職種が限られてきます。警備員やスーパーでのレジ、郵便局や工場での軽作業などがありますが、どれも最近は採用基準が高くなっています。定年後の人が短期バイトを探す際は今までの職歴を見て採用される場合が多いですが、フリーターや現役世代の人は短期バイトでも採用が難しくなります。

フリーターや社会人の人は今までしてきた仕事を短期バイトでどれだけ活かせるのかを履歴書に書くべきです。志望動機の例文としては「前いた会社での経験を御社での仕事に活かして短期バイトといえども御社を支える一人として自覚をして仕事をしていきたい。」と社会人やフリーターの人は書きましょう。

主婦や学生は身分が保障されているので、社会人やフリーターのように職歴を活かすとは書かずに、「御社の製品に関わる仕事をいずれはしてみたいと前々から望んでました」と書いた方が良いでしょう。

郵便局の場合

郵便局での短期バイトは年賀状の区分けや配達になります。また小包の区分けや配達や年賀状の販売を駅でする場合もあるので、郵便局のアルバイトは年々色々なことをしなくてはならないので気軽な気持ちではできない仕事になっています。

どのような仕事を望んでいるのかを面接官に伝えましょう。年賀状でも小包でもきちんと人の預かりものとして扱えるかを問われるので、志望動機を書く際は本人の性格を書きながら、どう仕事に活かせるのかを書きましょう。

季節別短期バイトの履歴書に書く際の志望動機の例文

季節別でするアルバイトというのはペンションのアルバイトだったり、スキー場のアルバイトだったり、海の家の店員などさまざまです。そのような職場ではチームワークが問われます。なるべく普段している趣味や学校や以前していた会社でアピールできる事があればアピールしましょう。リーダーや責任者をしていた場合はそのことを書きましょう。

年末に短期バイトとして働く際の志望動機など

年末の短期バイトは体力が必要な仕事が多く、体力があることもアピールしましょう。企業の商品に関わる仕事をしたいと書く事も大切ですが、体力があり健康であることをアピールする志望動機も必要な場合があります。例文としては「以前していた短期のアルバイトでも一日も休まず、勤務をしていて残業もしていました。短期バイトでも期間中は一生懸命働くつもりでいます。」と書きましょう。

夏休みに短期バイトとして働く際の志望動機など

学業に支障がないことを面接で伝えておきましょう。志望動機は勤務時間が長くても対応できることを書く方が短期として雇う場合、採用側は喜んで雇ってくれるはずです。今までしてきた仕事で活かせる事があればそのことを志望動機として書きましょう。短期バイトは契約期間が短いですが、人間性や誠実さが求められます。