Search

検索したいワードを入力してください

郵便局の仕事に応募する際の志望動機|アルバイト/正社員

Author nopic iconライム
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2017年12月26日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

郵便局の仕事に応募する際の志望動機|アルバイト/正社員

営業の場合

前の職場で営業の実績があればそのことを志望動機としましょう。郵便局の社員全員、常に営業活動をしていかなくてはならないことになっています。年賀状や郵便局が販売しているお歳暮、お中元の購入など一人一人にノルマがあり、それはアルバイト、契約社員にもノルマを科しています。

営業の場合、小包を集める契約社員をまとめる役割をすることがあるので、人をまとめることが得意な人が向いているので、前の会社で管理職に就いていればそのことも志望動機に書いてアピールしても構いません。

郵便局に提出する履歴書に書く志望動機の例文

志望動機の例文としては「以前いた職場での経験を貴社で活かして、郵便局での仕事をしていきたいです。また郵便局の新しい事業を考えて郵便局を利用する人に利用しやすい環境作りをしていきたいです。」と書き、それぞれの職種や雇用形態によって志望動機を変えていきます。

郵便局に勤める際受ける面接の際の志望動機の答え方

履歴書に書いた志望動機について聞かれたら、迷うことなくすらすらと、詳しく答えられる事が必要です。面接の際、面接官は相手がどのような人間なのかを見抜いてしまいます。

欠点を指摘されたり、短所を聞かれたら普段どのような対策しているのかを面接官に伝えましょう。

面接官の目を見て面接官の話を遮らないようにしましょう。郵便局の仕事を通じて将来してみたいことがあればそのことも話してみましょう。

郵便局の正式な職員の試験を受ける際の志望動機の答え方

面接ではアルバイトや契約社員のお手本となるような人物になりたいと答え、主任や課長代理になった際は、会社全体のことを考えられる人物になっていられるように努力すると答えましょう。

志望動機としては「今までしてきた仕事を活かして、郵便局の仕事をしていくことはもちろん、得意科目や学校でしてきた活動などの経験も活かして、いずれは郵便局をもっと大きな会社にして、郵便局を利用する人にもっと身近な存在であるためにより良いサービスを提供していきたい」と書きましょう。

郵便局は一般企業と同じ。向上心を持って努力しよう!

郵便局でも非正規雇用が増えて来ています。アルバイトや契約社員でも正社員並の仕事量と仕事のクオリティーが求められています。どの職業も同じですが、向上心を持って仕事をしていかなくては次の契約がなくなったり、正社員でも本人の評価が下がる事があります。常に向上心を持って仕事をしましょう。

志望動機を書く際は自己分析をしてみて何が得意なのか、売りは何があるのかを問いただしてみて、志望動機を書きましょう。郵便局での仕事で将来どういう人物になりたいのかも志望動機に書く事で、きちんと未来の事を考えていると見られ、相手に良い印象を与える事ができます。インパクトよりも説得力のある志望動機を書いて採用の道を拓きましょう。